すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで / Revolutionary Road | main | サイプレス上野とロベルト吉野『WONDER WHEEL』 >>
Miss Monday『The Light feat. Kj, 森山直太朗 & PES』

2009年1月28日リリースのシングル。

Miss Mondayを聴くことになるとは夢にも思わなかったけれど、Dragon Ashの降谷建志(Kj)やRip SlymeのPES、森山直太朗が客演するとなれば興味も湧こうってものだ。

降谷お得意のアコギを基調とした隙間を活かしたトラックの上で、PESが「One」の頃のようなゆったり目のフロウでラップをしていて何だか嬉しい。またKjもリラックスした雰囲気でラップと歌の中間のようなフロウを聴かせる。この柔らかさは日本語ラップ村ではなかなか見られないスタイルで、また戻ってきて欲しいものだ。フック担当の森山直太朗の歌声が悪いわけないし、初めてまともに聴いたミスマンデーのラップも思った以上にしっかりしていて楽しめた。

チャートでの活躍も目覚ましい3人が揃ったからといって名曲が約束されているわけではないし、反対に周囲の熱い期待が煩わしいぐらいだろうが、少しも気負うことなく、ゆるい曲調に仕上げてきたのは成功だと思う。

カップリングの2曲──M2「純愛百景」とM3「シアワセの種 Nesian Mystik remix」はヒップホップというよりポップミュージックのごとくなのだけど、M2なんて愛について真っ向から描いていて、これはこれでいいと思えた。でもタイトルが酷い。
2009.02.08 Sunday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.04.19 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2625
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中