すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< サイプレス上野とロベルト吉野『WONDER WHEEL』 | main | 浅野いにお『おやすみプンプン』第4巻 >>
Microphone Pager『王道楽土』

2009年1月21日リリースのセカンドアルバム。

「王道楽土」とは、"王道によって治められる、平和な楽しい土地"のことらしい。1993年発表の「改正開始」でラップされているように、お笑いラップでもなければ、コマーシャルラップでもない、彼らのいう"本当のラップ"が王道であり、彼らのお眼鏡にかなった30組のアーティストが客演した、大変豪華なアルバムだ。

日本語ラップは一音楽ジャンルとして見ればとても小さいものだけど、東京・宇田川界隈のラッパーだけではなく関西からも呼び寄せ、また下は十代から上は四十間際まで、まるっきりの新人からMUROやTWIGYと肩を並べるベテランまで揃えて、層の厚さを演出している。

本作を批判しているブログやアマゾンのコメントをいくつか読んだのだけど、私は結構楽しんで聴けた。そもそもマイクロフォンペイジャーが現役だった頃を知らないし、"ペイジャーチルドレン"のNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDに首根っこを掴まれ、日本語ラップを聴き始めたので、彼らに多くを望むこともない。ムロもツィギーも共にソロ活動は続けているわけだけど、それでも14年ぶりに組んだふたりに傑作アルバムを期待する方が間違っている。それにいまだに現役であるという自負があるからこそ、"伝説のグループ"として封印しておけば良かったものを復活させたのだろうし、その姿勢を讃えてしかるべきものだとも思う。

そんなわけで、幕の内弁当を楽しむがごとく色々なスタイルに目移りしながら楽しんで聴けたわけだ。サンプリング重視の年季の入ったトラックは当時よりも洗練され、さすがムロといえるクオリィティを誇る。また、ムロをラッパーとしても評価している身には以前のような切れが戻ってきたことが嬉しい。ツィギーも同じで、ソロアルバムでは平熱のラップをすることが多かったが、今作では攻めたラップを多く聴ける。

客演が多いだけに各ラッパーはほぼ1ヴァースのみの見せ場しかないわけだけど、それぞれ持ち味をいかんなく発揮している。

"今日を無事に迎えられ"なかったD.Oについては笑うしかないが、THE LEGEND$のようなラップがそれほど得意ではない人たちも頑張っているし、"ドープでファンクでフランクにダイブ"のパンチラインが炸裂したG.K.MARYANは自分のアルバム以上に健闘を見せる。ZEEBRAのタイトなラップも良かった。嫌いなBOY-KENだって、変わり映えのしないラップではあるが、同窓会には欠かせない。

関西勢が元気なかったのは残念。妄走族枠は剣桃太郎ではなく般若が出て欲しかったところではある。SUIKEN、DABOがいるのだから、RYUZOではなく、MACKA-CHINがいいなとは思うのだけど、そこは"正しい"日本語ラップを盛り上げるべく東京と関西で共闘しようということなのだろう。

SEEDAはどんどん変わっていく。ここまで来ると誰も追いつけないし、真似したいとも思わないだろう。D.Lが最後で恐ろしく気を吐いていたのもこの盤の評価を上げた要因のひとつだ。


1993年に改正を始めてから16年の月日が流れ、スタイルがどんどん生まれ、でもそれぞれが"正しい"日本語ラップを継承しているわけで、そういった幕の内弁当を美味美味とほおばっていれば、このアルバムは何ら問題なく楽しむことができる。

そして、大事なことは、ここに選ばれなかったラッパーたちだ。"正しい"日本語ラップの担い手ではないのかもしれないけれど、彼らこそがこれからの日本語ラップをより面白くしていくのだと思う。
2009.02.10 Tuesday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
2017.12.13 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
今更コメントすいません!
先ほどSEEDA&OKIの記事にコメントさせてもらいました。

正直、買おうか買うまいか迷ってたPAGERのアルバムだったんですけど、HipHop作品に対して概ね批判的gogonyantaさん(俺の恣意的主観です;読み流してください)のレビューが珍しく好意的この上なかったので・・・買おうかな〜

重ね重ね遅いコメント失礼しました。
尻Ass | 2009.02.20 Fri 18:11
尻Ass様

こんばんは。

> HipHop作品に対して概ね批判的gogonyantaさん

いや、読み飛ばせなかったです。。。結構好意的な記事の方が多いつもりなんですが・・・。2008年のベストアルバムもヒップホップアルバムが上位を占めているぐらいでして・・・。

Pagerはハードルを上げなければ、楽しめると思いますよ。
gogonyanta | 2009.02.22 Sun 00:56
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2627
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2010.01.06 Wed 02:12
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中