すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 浅野いにお『おやすみプンプン』第4巻 | main | Michita『Three』 >>
Eccy『Narcotic Perfumer』

2009年1月21日リリースのミニアルバム。

収録曲はM1「Life feat. ACO」とM2「Forest feat. KAKATO」、M3「Out Of Blue feat. Predawn」という実質3曲なのだが、他にもEccyによるその3曲のデモトラック(M10~12)と、そのデモをtoeの柏倉隆史、kowloonの中村圭作、DRY & HEAVYのPATAらが演奏した"live session ver."が3曲分(M4~M6)、さらにはインスト(M7~9)といった具合に全部で12曲収録されている。

彼の音源には必ずインストが入っているが、インストで聴きたいと思うほどのトラックではないので、ただの水増しにしか思えない。また、今回のデモトラックにしても曲がどんな風に発展していったのか知る手がかりではあるものの、そこに資料的価値を見出すにはまだまだな完成度であり、トラックメイカーとしての下らないエゴでしかないと思う。その6曲がなければ、すごくすっきりとし、作品が際立つはず。

ACOが参加するということで期待していたM1は彼女のアルバムでいえば『material』以降のようで、少しがっかり。まあEccyがR&Bな音を作れるとは思わないので、仕方がないのだけど。ACOが元気に活動していることが分かっただけでも良しとしよう。

M2は環ROYと鎮座ドープネスによるユニットKAKATOがフィーチャーされている。音源では初めて聴く。環ROYはまともにラップをするが、一方の鎮座ドープネスが歌ともラップともつかない自由さでフロウしており、期待していたものとは違った。

3曲目は清水美和子という女性歌手のソロユニットPredawnが参加した楽曲で、浮遊感いっぱいで歌われる。

Eccyの音はまあ新たな引き出しを開けたかなという程度で、感銘を受けるほどではない。

それよりも聴いていて興奮するのはライブセッションバージョンだ。M2のセッションバージョンは後半でのドラムの乱れ打ちがかっこいいし、M3の場合は歌有りバージョンとはずいぶんと表情を変えている。ベースと小粋なピアノがたまらない。M1のセッション版にACOが参加したらもっと面白いことになったのかなと思うと少々残念。
2009.02.11 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.12.13 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
自分はKAKATOのやつしか聴いてないんですが、微妙でしたね。
Eccyのトラックと鎮座のゆるいフロウが、互いの良いところを相殺し合っているように感じました。鎮座にはfragmentやBLの作るタイトなトラックの方が合ってるのかな、と思います。

しっかしまあ話は変わりますが、Eccyのルックスもキリコのそれに負けず劣らず衝撃的でした。
容姿の事を言うのは反則ですけど。
wanyanaguda | 2009.02.14 Sat 19:58
wanyanaguda様

こんにちは。

> Eccyのトラックと鎮座のゆるいフロウが、互いの良いところを相殺し合っている

ホントそうですね。まさにその通りだと思います。タイトなトラックか、あるいはサンプリング感のあるオーソドックスなトラックでしょうか。奇才ともいわれるふたりなのだから、もっとすごい掛け合いを想像してたんですけどね。

> Eccyのルックス

見なかったことにしましょう。顔で音を作るわけでもないですし、そのコンプレックスが反対に素敵な音作りに発展するかも知れません。
gogonyanta | 2009.02.15 Sun 11:24
ども。
おひさしぶりです。

ボクはACOとの曲、かなり好きでしたよ。
ちなみに

>『material』以降のようで、少しがっかり。

そうなんですか?ボクはむしろmaterial以降のACOの方が
好き(正確にはabsolute ego以降)なのでなんでかな?って
思いまして・・・。

でもACOのライブはナメてます。
ピクニック | 2009.02.17 Tue 12:29
ピクニック様

こんばんは。
お久しぶりです。

> ボクはむしろmaterial以降のACOの方が好き
> (正確にはabsolute ego以降)なのでなんでかな?って思いまして・・・。

それはですね、『Lady Soul』が目茶苦茶好きだからです。あれは日本のR&Bの名盤の1枚だと思っています。その後のビョークを意識したような変遷も嫌いではないのですが、『Lady Soul』期の音に戻って欲しいという思いが今も捨てきれないのです。

タワレコのウェブ上でのサ上とのインタビューで、Eccyは"自分が聴きたかった感じのACOさん"と発言していたので、勝手に期待して盛り上げってしまったところがあり、がっかりと書いてしまったのです。

ACOのライブは見たことないですね。ナメてるんですか。怖いもの見たさで見てみたいなぁ。大昔にスペースシャワーTVにジャージ姿で出ていたときは驚きましたけれどね。
gogonyanta | 2009.02.19 Thu 01:43
はじめまして。ACOさんにはがっかりしましたね。。

鎮座ドープネス氏に関しては、ACOさんに対抗したのかなーと思ったり。笑
でも以前の遊びまわってるフローからちょっと本腰入った感じで僕は好きでした。

初めて拝見させてもらいましたが、このブログ凄い楽しいです。
また拝見させていただきますので、以後よろしくお願いします。
らおう | 2009.02.19 Thu 03:17
らおう様

こんばんは。
はじめまして。

ACOに関しては上でも少し書いたのですが、期待していたものと違って、まあ最近のACOらしいスタイルだったなという程度ですね。音源がしばらく出ていないので、声を聴けただけでもいいかなとも思います。

色々書き散らしているので、異論反論がありましたら昔の記事でも結構ですので、コメントをいただければ幸いです。よろしくお願いします。
gogonyanta | 2009.02.20 Fri 01:14
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2628
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中