すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< らっぷびと『All Day, All Night』 | main | ベンジャミン・バトン 数奇な人生 / The Curious Case Of Benjamin Button >>
JAY'ED『最後の優しさ / Sunlight』

2009年2月4日リリースの4枚目のシングル。

涙なしには聴けない。福原美穂のアルバムでもいい仕事をしていた2SOULプロデュース曲のM1「最後の優しさ」は泣かせるバラードだ。これが売れないなら、何でヒットすればいいのか分からなくなるほど、いい曲だと思う。


"なんでもない話して君が楽しそうにしてるけれど
 何かを隠そうとする仕草に 僕は気付かない振りして笑っているよ

 君を本気で愛してたから 気付いてても逢いたかった
 違う誰かの元へむかう前に抱きしめて I Don't Wanna Let You Go

(中略)

 僕では君を今みたいに輝かせられなかった / 受け止めるのが最後の優しさ"


簡単な言葉の連なりだけど、2SOULのメロディとJAY'EDの歌声に乗せられると切々と響くのだ。大事なところでどうして英詩になるのとは思うが、それを補ってあまりある切なさが広がる。

平井堅が歌ったなら大ヒット間違いなしなのだろうが、それをいっても仕方がないわけで、アーティスト側がこれだけ頑張ったのだから、メジャーの誇りにかけて売り込みに奔走する義務がある。タイアップがひとつもないなんて嘘だろ。

一方のA面扱いのM2「SUNLIGHT」はBACH LOGIC制作曲で、前作同様手抜き感いっぱいで残念。
2009.02.14 Saturday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
2017.07.31 Monday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2633
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2010.03.17 Wed 21:32
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中