すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< Dragon Ash@代々木公園野外音楽堂 | main | 54-71『I'm not fine, thank you. And you?』 >>
S-WORD『KING OF ZIPANG』

2008年壱11月5日リリースのサードアルバム。

だみ声で一本調子のオレオレラップ。そんなひと言で片付けてしまってはいけないのだろうけど、それ以外に言葉が浮かばない。アルバムタイトルからもリリックからもキングになりたいという思いがひしひしと伝わってはくるものの、家来がひとりもいない裸の王様なことは歴然としていて何だかかわいそう。それなのに"分かる奴ONLY"と聴き手をも選り好みする始末で、ますます懐の狭さを露呈させる。こんな狭量な王に誰がついていくのだろう。

冒頭でも一本調子と書いたが、アルバムはインストも含め19曲も収録されていて、全部が全部そんな調子のため、後半の中だるみは相当酷いことになっている。8人の内のひとりという位置がベストではないだろうか。

良かった曲を強いて上げるとするならば、"アジアの外交ドッキドキ"と、"ググってみたのは皇居と実家"というあるある度が高く笑ってしまったラインのあるM7「TOP SECRET!!」ぐらいか。何が最高機密なのかさっぱり分からなかったけれど。


*****************************
2000.06.24 1st SG『"NeoPhyte"one da ho!!』
2002.03.27 2nd SG『KROSS OVA'「斬」-swisherz deftime fliez-』
2002.05.22 3rd SG『THE ANSWER』
2002.06.05 1st AL『ONE PIECE』
2002.12.18 1st mini AL『FORTUNE』
2003.04.02 4th SG『FIGHT FOR YOUR RIGHT』
2003.06.11 5th SG『WRAP MUZIK』
2003.07.16 2nd AL『STAR ILL WARZ』
2005.07.02 6th SG『マダマダ -最善を尽くせ-』(limited vinyl SG)
2005.07.20 【SUIKEN×S-WORD】ALHYBRID LINK
2008.11.05 3rd AL『KING OF ZIPANG』
*****************************
2009.03.04 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.11.22 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
はじめまして

毎回gogonyantaさんのレビュー楽しく読ませてもらってます

自分は元々s-wordは特別好きじゃなかったのですが今回大袈裟なアルバムタイトルにつられて買ってしまいました。
ラップの前に無駄にヘイヘイ言ったり妙にかっこつけた語りをいれたりして聴いてるこっちが恥ずかしくなってきます。
大気 | 2009.03.07 Sat 11:02
大気様

こんにちは。
はじめまして。

> 無駄にヘイヘイ言ったり妙にかっこつけた語りをいれたりして
> 聴いてるこっちが恥ずかしくなってきます。

分かります。ニトロで出てきたときはかっこいいラップをしていたのですが、今は何だか古くさいスタイルでですよね。その変わらなさ、時流に流されない感じは男らしくもあるのですが、でもやっぱり聴いてて古いなぁと思うことがたびたびで、ソロよりも本隊でやって欲しいですね。

コメント、ありがとうござい巻いた。
これからもよろしくお願いします。
gogonyanta | 2009.03.08 Sun 14:59
僕はNITROでS-WORDが一番好きで、今回のわざとらしいスタイルもニヤニヤしながら聴いていました。

確かに今作はくどい印象がぬぐえませんね。

なんだか2006年ぐらいに作った曲が多いみたいですから古臭く感じるのでしょうかね。

個人的にはアナーキーのアルバムと同じ匂いがしますね。
繰り返し聞くと慣れてくる感じとかが。
いっちゃ | 2009.03.09 Mon 18:19
いっちゃ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 2006年ぐらいに作った曲が多いみたいですから古臭く感じるのでしょうかね。

2006年当時に発表されていても古く感じるような気がしたりしなかったり。どうなんでしょうね。ただ、古いからといって今はやりのスタイルに合わせるのもおかしな話で、彼は彼のスタイルでやるべきなわけで、今作は単にラップに魅力がなかったということだと思います。
gogonyanta | 2009.03.11 Wed 01:36
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2660
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中