すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 青山テルマ『届けたい… feat. KEN THE 390 / このまま ずっと』 | main | 大石直紀『キッドナップ』 >>
Samurai Troops『Sa Yo Na Ra ~また、めぐり会えるから~』

2009年2月25日リリースの6枚目のシングル。

1曲目の表題曲を聴く。うすうすとというか、今さらという気もするけど、SMRYTRPSとSamurai Troopsというグループは異なるグループなんだとようやく理解した。声に出せば同じ。でも表記が全然違う。ずっと同じグループだと思っていたけど、やっぱり違うらしい。TM NETWORKとTMNぐらいの差なら同じグループと思えるのだけど、SMRYTRPSとSamurai Troopsは別グループだったのだ。ようやく悟ったよ。

前シングル『FUN! FUN! FUN!』からはもうジャケットのどこを見ても「SMRYTRPS」の表記はない。もちろん歌詞カードにもない。CDに辛うじて刻印されているが、多分誤植だ。本作もCDにだけ小さな文字で書かれている。が、おそらくこれはデザイナーが前作の図案をそのままコピペして消し忘れたものだ。そう思いたい。

彼らの公式ブログでZOMが書いている。メジャーに上がった際に、レコード会社に読みにくいから変えてくれといわれ、現在の表記になったのだという。同時にグループもそこから変質したのだ。

でも本当はサードアルバム『PALETTE』からもう別グループだったのかもしれない。というのもあのアルバムのジャケットには「SMRYTPRS」ではなく、でかでかと「SAMURAI TROOPS」とあるからだ。

そう考えると不思議と苛立ちが収まってくるから不思議なもので、Samurai TroopsならM1もありなのかもしれない。Y.O.Gのラップはいわゆるお経のようなそれとは異なり、メロディが付くことでとても取っつきやすく、曲を盛り上げる。ゾムの歌ものフックには味があり、いかにも日本語ラップ然としたZOEのヴァースや、タカツキの鼻声ラップはアクセントとなっている。

オートチューン使いのM2「Reach The Sky」は、ゾムとタカツキには不慣れなテーマだったのかややぎこちないリリックが味わえる。

M3「なんとなくさ」はライブでは、"君を連れ出しに来たんだミュージック"のところの"ミュージック"をレスポンスするよう求められる曲。彼らの前身グループの曲に雰囲気が似ている。3曲中唯一SEMMYが参加しているが、短いヴァースで悲しい。トラックはゾム主導のもの。いかにもPC上で作りましたって印象の曲が2曲も並んで飽き飽きしてきたところにまた同じようなトラックのためやや減点。

ここ最近のサムライトループスのシングルは3曲目に外しがなかっただけにちょっと残念。
2009.03.21 Saturday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.10.17 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
なんだか今日のSMRYのブログで、ZOEが凄まじいことを言ってますね…
いっちゃ | 2009.04.28 Tue 21:57
いっちゃ様

こんばんは。
2年前のタカツキ状態なのかと思い、慌てて見てきました。まあ、ZOEらしい素直な文章ですよね。TOYS FACTORY内のブログにも時々ああいった独特の臭いのある文章を書いていましたし、人間くさいアーティストの一面が垣間見られて面白いです。
gogonyanta | 2009.04.29 Wed 01:49
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2704
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中