すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< ウォッチメン / Watchmen | main | エイジアエンジニア『シングル大全集 ~THE BEST OF AE~』 >>
nobodyknows+『best of nobodyknows+』

2009年3月11日リリースのベストアルバム。

同郷のHOME MADE 家族やSEAMOのようなヒップホップかと思い、これまで敬遠していたのだけど、まあベストアルバムだしと手に取ってみたら、これがまた勢いのあるパーティラップがたくさん詰まっていて、嬉しい驚きだった。

5MC(crystal boy、g-ton、HIDDEN FISH、ヤス一番?、ノリ・ダ・ファンキーシビレサス)にDJ MITSUを加えた5MC1DJスタイルから繰り出されるラップは勢いよく跳ね回り、リリックの意味よりもまずその陽気さに圧倒される。比較するのも恐れ多いが、Jurassic 5の持つ軽さや明るさに通じる。日本語ラップでここまでパーティパーティしているグループもいないのでは。

5人のMCのキャラ立ちにやや難があったり、ラップの技術そのものが一辺倒に陥りやすい点などを指摘することは簡単だが、スマートなファンクさと親しみやすさを同時に兼ね備えたトラックをデビュー以来一貫して作り出し続けているDJ MITSUにはもっと高い評価があってしかるべきなのかもしれない。ホーンの使い方もかっこいいし、ポップすぎる音でもビートとベースラインに黒さが宿り、これぞダンスミュージックという音がうねっている。特にベースはツボ。

聴いていて不快だったのは2点。どのような楽曲でも馬鹿のひとつ覚えのごとく痰が絡まったようなだみ声でラップする彼はすぐに分かる声質ではあるが、不愉快でしかない。もうひとつはTokyo No.1 Soul Setの「隠せない明日を連れて」の改悪リメイク。どのような経緯でこの曲をやることになったのか知らないが、不快を通り越して苦痛。

それ以外では、最近の曲は前半の瑞々しい勢いが失われている印象を抱くのだが、新曲の「Where are you from...?」はこれはこれでまた新しい路線のようにも思うし、例え今作でメジャーから離れるとしても、新しい音を聴ければいいなと(無責任に)思う。


1.家々 ~撰ばれてあることの恍惚と不安とふたつ我にあり~ -album mix- (1st AL)
2.以来絶頂 -album mix- (1st SG & 1st AL)
3.ススミダス→ (1st mini AL & 1st AL)
4.ポロン2 (2nd SG & 1st AL)
5.ココロオドル -original version- (3rd SG & 1st AL)
6.シアワセナラテヲタタコウ (4th SG & 2nd AL)
7.メバエ (5th SG & 2nd AL)
8.エル・ミラドール ~展望台の唄~ (6th SG & 2nd AL)
9.Sweet Soul Music (2nd AL)
10.Hero's Come Back!! (8th SG & 3rd AL)
11.好きだぜ、マリー。 (3rd AL)
12.隠せない明日を連れて (Milk Crown Bootleg Mix) feat. 倉橋ヨエコ (3rd AL)
13.アンダーレイン feat. プリメラ (9th SG)
14.イマイケサンバ (10th SG)
15.Fallin' feat. シゲルBROWN (11th SG)
16.Where are you from...? (新曲)


************************************
1999.10.01 DJ MITSU、g-ton、crystal boyで「nobody knows」結成。
2000.08.29 【nobody knows】1st mini AL『nobody knows』
2001.05.05 【nobody knows】2nd mini AL『nobody knows2』
2002.07.01 【わかば塾】1st mini AL『おまえは平田だろ?』
2003.02.19 【nobody knows】3rd mini AL『nobody knows3』
2003.06.01 DJ MITSUがプロデュースしていたわかば塾の3人(HIDDEN FISH、
         ヤス一番?、ノリ・ダ・ファンキーシビレサス)が加わり「nobodyknows+」と改称。
2003.08.27 1st SG『以来絶頂』 (2003.8.27)
2003.11.19 1st mini AL『ススミダス→』
2004.02.25 2nd SG『ポロン2』
2004.05.26 3rd SG『ココロオドル』
2004.06.03 1st AL『Do You Know?』
2005.01.13 4th SG『シアワセナラテヲタタコウ / T.R.U.E.』
2005.04.27 5th SG『メバエ』
2005.07.06 6th SG『エル・ミラドール ~展望台の唄~』
2005.10.19 7th SG『どうよ?』
2005.11.02 2nd AL『5MC & 1DJ』
2007.04.01 g-ton、脱退。
2007.04.25 8th SG『Hero's Come Back!!』
2007.08.22 3rd AL『vulgarhythm』
2008.04.09 9th SG『アンダーレイン feat. プリメラ』
2008.07.30 10th SG『Villain's Pain (Hero's Come Back!! ~Other Side~)
2009.02.11 11th SG『Fallin' feat. シゲルBROWN』          / イマイケサンバ』
2009.03.11 best AL『best of nobodyknows+』
************************************
2009.04.08 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.11.22 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
いつも見てます。

あたしもダミ声の彼はいらないよね、と常々思ってました。
あれはみんな思いますよね?
nana | 2009.04.10 Fri 12:35
ノーヴァはそのSoul Setのカバーの入ってる3rdが良いですよ。g-tonがいないのが寂しくもあるんですが、初期スチャにも通じる、皮肉を込めたオモローラップみたいな面もあったりして。

Mitsuは絶対ピアノの旋律入れるとか作家性が出てますね。ノリ・ダ・ファンキーシビレサスは生理的に無理ってのも分からなくもないですけど、あの声質なのにリリックはちゃんと聞き取れるし、ダミ声系ラッパーの中では上手い方なんじゃないかなと思います。
影月 | 2009.04.10 Fri 15:09
僕も今までノーバディーノーズを敬遠していたんですが、昨日たまたま聴く機会があって、聴かず嫌いはよくないな。と再確認しましたw
しずおか | 2009.04.10 Fri 17:23
nana様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

メロウな曲まで彼はだみ声をさらしますからね。かなり迷惑です。



影月様

こんにちは。
いつもどうもです。

サードですか。初期SDPに通じるオモロラップというのは気になります。あと3人体制だったころの彼らの音も聴いてみたいですね。DJ MITSUは他のグループに音を提供してもいいように思うんですけどね。あんなファンキーな音を出す人だとは思ってもいませんでした。舐めていただけに衝撃が大きかったです。

> ノリ・ダ・ファンキーシビレサス
声を聴いた瞬間にライブではきっと潰れるんだろうなと確信してしまったのですが、実際はどうなんでしょう。こういう人は音源ではしっかり録られてもライブでは・・・というパターンが多いから苦手です。



しずおか様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

一緒ですね。チャート系ラップグループを色眼鏡で見てしまう傾向にあるのは良くないことだと自分でも思いました。
gogonyanta | 2009.04.12 Sun 11:32
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2738
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中