すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< nobodyknows+『best of nobodyknows+』 | main | JUSWANNA『BLACK BOX』 >>
エイジアエンジニア『シングル大全集 ~THE BEST OF AE~』

2009年3月25日リリースのベストアルバム。

YOPPY、KZ、ZRO、SHUHEIという4MCによるヒップホップグループ。名前は知っているけれど、じっくり聴くのは初めて。ベストアルバムは手に取りやすくありがたい。

基本的には歌ものフックで始まり、ヴァースでラップしてというケツメイシを筆頭にしたチャート狙いのスタイルを受け継ぐ。4人のラッパーは個性を重視するというよりもグループとしての和を大切にするタイプのようで、声だけでは判別がつかない。

シングルのA面のみを発売順に並べた作品のため、彼らのスタイルの一側面しか見ることができないのは承知の上で書く。M6「自由に歩いて愛して」までは比較的押韻を意識したラップを披露するが、その後のM7「純夏 ~Jun-natsu~」以降は歌に比重が置かれるようになり、最後の方では歌がラップをかなり浸食する。それに伴い、ポップスとしての完成度も上がっているので、ポップグループが味付けとしてラップを取り入れているといった方がいいかもしれない。M8「一人のメリークリスマス」やM11「Orion」、M14「何も言えずに ~最後の告白~」のメロディラインやらアレンジはポップスとしてかなり上等な部類だ。

ヒップホップとしては前半の何曲かは楽しめた。メジャーデビュー直後のRIP SLYMEを彷彿とさせるM3「Deluxe Encounter」では軽快なマイクリレーが聴ける。そのM3はリップスライムの後追いでしかないが、6曲目の「自由に歩いて愛して」はすごい。傑作アルバム『FUNFAIR』でリップスライムが生み出したハイブリッドなサウンドを先に完成させているのだ。すばらしい出来だと思う。


売れるためにシングル曲が、分かりやすいトラックに、歌いやすいラップやメロディを持った楽曲ばかりになってしまうのは仕方ないのかな。メジャーという土俵で戦うのも大変だ。Samurai Troopsでさえそうなのだから。


***************************
2004.12.22 1st mini AL『Groovin' Group』
2005.02.16 1st SG『スーパーヒーロー / 上のほうへ』
2005.05.11 2nd SG『Oh! Deluxe Maxi』
2005.07.27 3rd SG『エターナルポーズ』
2005.09.07 4th SG『Mo' One パンチ』
2005.09.28 1st AL『ぜひっ!!』
2006.04.05 5th SG『自由に歩いて愛して』
2006.07.19 2nd mini AL『純夏 ~Jun-natsu~』
2006.11.29 6th SG『一人のメリークリスマス』
2007.04.04 7th SG『君は君のままで』
2007.06.27 8th SG『ハレモヨウ 2007 / 海』
2007.07.11 2nd AL『あぁ 素晴ら四季日々』
2007.11.28 9th SG『Orion』
2008.02.27 remix AL『Remix & Live』
2008.04.30 10th SG『HAPPY』
2008.08.06 11th SG『絶対負けない!』
2008.12.10 3rd AL『Our time is coming』
2009.03.25 best AL『シングル大全集 ~THE BEST OF AE~』
***************************
2009.04.09 Thursday 23:59 | 音楽 | comments(6) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.07.31 Monday 23:59 | - | - | -
コメント
エイジアエンジニアというグループは聴いたことが無かったのですが、このレビューを読む限りなかなか面白そうなグループですね。まずレンタルで聴いてみようかと思います。前から気になっていたのですが、gogonyantaさんは歌うようなフロウのラッパーが好みなのでしょうか?
アカギンジ | 2009.04.12 Sun 10:47
アカギンジ様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

そうですね、レンタルで十分だと思います。しかも前半だけどうにか楽しめるかなという程度です。

> 歌うようなフロウのラッパーが好みなのでしょうか?

個性的なフロウが好きなだけで、とくにそういうことはないんですけど、降神のふたりは歌心のあるフロウですし、神門もその傾向がありますね。もしかしたら好きなのかもしれません。そういう視点でラッパーを見たことがなかったので、ちょっと新鮮でした。どうもありがとうございます。
gogonyanta | 2009.04.12 Sun 12:14
個人的な好みで、
前半だけどうにかとかよく言えたもんだね。
あなたの好きなものってその名前出てるやつ?しょうじき一部分も面白くはないが。
前半も後半もあったもんじゃないよ。
そういうの好きな人って…
自分の意見こそすべてって人が多くてね。
そういう押しつけがましいブログ書いてる人本当に多いね、ひっぷぽっぷって。
見てるとうんざりしますわ〜
じゃぱにーずひっぷほっぷなんか死んでしまえ。
らっぷとかほんといらないんで。
あなたみたいな人間が増えるから。
うざす | 2009.04.16 Thu 22:26
うざす様

こんばんは。

作品の好みなんて人それぞれですからね。うざすさんが好きな曲のたいていが私にとっては笑止ものでしょう。人の好みなんてそんなものです。

星の数ほどあるブログをわざわざのぞきに来て、押しつけがましいって発言もどうかと思います。自分の価値観を他人様のブログにコメントする押しつけがましさと厚かましさがあるならば、自分でブログを立ち上げるのがベストだと思います。
gogonyanta | 2009.04.17 Fri 00:57
gogonyanさんに失礼なコメントは控えましょう。うざすちゃんはしっかりこのブログをしっかり読んでからコメントしてみましょう。
| 2009.04.17 Fri 02:10
名無し(あるいは、BANDAL)様

冗談でもあなたが口にしていい言葉ではないね。
gogonyanta | 2009.04.18 Sat 04:09
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2740
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中