すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< bonobos『オリハルコン日和』 | main | monobright『monobright two』 >>
志人『円都家族ポストカードレコード』

2009年4月20日発送のシングルレコード。

降神の志人による、失われゆくメディアに焦点を当てた「TempleATS企画」の第1弾"アナログレコードよ永遠に"。


TempleATSのホームページから3月初旬に予約し、先払いで振り込みをすませ、一度の発送延期のみで無事に本日郵便受けに到着。


早速開けてみると、ポストカードレコード1枚、200枚限定という"多羅葉"という葉っぱが1葉、メールで予告していたDVD1枚、納品書1枚、TempleATSからのお知らせ1枚、取扱説明書 English ver1枚が入っていた。


まずは、「円都家族 ポストカードレコード」から開けてみる。横70cm・縦57cmの長方形。ジップロックに入っている。
表面のイラストはいつもの戸田真樹。HPの説明によれば、ニュージーランドのたったひとりの職人が1枚1枚手作りで刷った、世界に1枚しかない特注サイズのポストカードレコードであり、デザイン部分の張り付けはアーティスト本人が1枚ずつ手作りしたもの、とのこと。
戸田の絵が印刷されたポストカードの上に透明のプラスチックが貼り付けられ、そこにレコードの溝が掘られている。ソノシートのようなものなのか。

    裏はちょっとポストカード風。 切手をこの位置に貼れと。  左下隅にはクレジットがある。


ポストカードレコードも奇異だけど、もっと変で、でも志人らしかったのがこの特典。葉っぱ。普通のビニール袋にくるまれていた。
「多羅葉」。ウィキペディアで調べてみたら、モチノキ科の常緑高木のタラヨウの葉。4~5月頃に淡黄緑色の花を咲かせ、秋には球形の赤い実がなる。
HPにも説明があるように、葉の裏に傷をつけると黒く変色するため、字を書くことができ、このことから「葉書」の語源になったとされる。


予約時にはこの特典DVDについて何も案内がされていなかったが、今月上旬に届いた発送延期通知メールで、オンライン特典として同封すると書かれていた。
内容は、高田馬場にあるBen's Cafeで毎月第4日曜日に開かれている「Open Mic Poetry Reading」に志人が参加したときのライブ映像。8分40秒。日時は不明。


「TempleATSからのお知らせ」と題されたA4サイズの紙にはポストカードレコードの注意点や取扱説明がバカ丁寧な文章で書かれている。右のは、「取扱説明書 English ver」。一瞬何かいたずら書きかと思った。



サムネイル化された写真を駆使してここまで事細かく商品について説明してきたのだけど、残念ながらレコードプレイヤーのない私には本作を聴くことができないのである。5月リリースのCD盤を待つしかないのだ。ならどうしてこのシングルレコードを買ったのだという声もあろうが、ただの勘違いである。CD盤もオンラインで買えるものと勘違いして、予約してしまったのだ。ちなみに我が家のDVDデッキはずっと故障中のままなので、DVDも見られないという二重苦を味わっている。

だから今、こんなのいらないよと思っていた多羅葉で、"世界で一つしかない"葉書をせっせと書いている。読まずに食べられる可能性が普通の葉書よりも大きいのに恐れながら・・・。あとはヤフオクか。
2009.04.22 Wednesday 23:13 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.07.21 Friday 23:13 | - | - | -
コメント
あっぱれです。

たぶん、GOGONYANTAさんのケースが
作者が意図した作品の落としどころではないかと考えます。

ジブンも購入しましたが、同様でした。

絵葉書としても
レコードとしても
物神性の無さが
何故か心地良かったです。

この作品の行く先としては、
ヤフオクよりも、近所の古本屋が似合う気がしました。


失礼致します。



唾液サイダー | 2009.05.11 Mon 12:05
唾液サイダー様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

志人の意図をくみ取れているのかよく分かりませんが、そっとしまっておくことしかできなさそうです。あ、ヤフオクに早速出されたみたいで、3100円で落とされていました。
gogonyanta | 2009.05.12 Tue 01:25
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2762
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中