すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 童子-T『ファースト ソング』 | main | DJ MITSU THE BEATS『A WORD TO THE WISE』 >>
更新再開

えっと、すみません、突然ブログの更新が滞ってしまいまして。それこれも全てTumblrの奴が悪いのです。あれは5月22日でしたか、ふと今さらながらやってみようと思い立ち、どれどれと軽い調子で始めてみたら、これがまた面白く、どつぼでした。急速にTumblr脳(写真脳)になったおかげで、文章なんて全く思い浮かばず、Twitterの簡単な文章がせいぜいといった状況でした。

でもまあ、それもいかんだろうということで再開です。たまっていた記事を何とか消化したいと思います。書けるものから書いていくつもりですので、日付が前後します。ですので、この記事をしばらくトップに置いておき、どの記事をアップしたのか追記の形で整理していくつもりです。

というわけですので、性根を入れ替え、頑張る所存です。
ではでは。


2009年6月10日丑三つ時



【追記】2009.06.09
06.01 【映画】チョコレート・ファイター / Chocolate
05.24 【小説】島本理生『大きな熊が来る前に、おやすみ。』

【追記】2009.06.10
05.25 【音楽】inori『Blooming Jazz』

【追記】2009.06.16
05.29 【小説】桐野夏生『東京島』
06.01 【漫画】井上雄彦『バガボンド』第30巻
06.03 【小説】小路幸也『東京バンドワゴン』
06.06 【漫画】古谷実『ヒメアノ~ル』第4巻
06.13 【映画】ターミネーター4 / Terminator Salvation

【追記】2009.06.18
05.30 【音楽】降神&COPPU@渋谷RUIDO K2

【追記】2009.06.21
06.18 【映画】ザ・スピリット / The Spirit

【追記】2009.06.22
05.29 【音楽】フジファブリック『CHRONICLE』
06.03 【音楽】SATOMI'『The Best』

【追記】2009.06.23
06.21 【音楽】降神&中ムラサトコ@代々木公園野外音楽堂

【追記】2009.06.24
06.04 【音楽】THE BOOM『89-09 THE BOOM COLLECTION 1989-2009』
06.21 【音楽】Shing02@wenod

【追記】2009.06.25
06.05 【音楽】WISE『LOVE QUEST』
06.10 【音楽】DJ MITSU THE BEATS『A WORD TO THE WISE』

【追記】2009.06.26
06.07 【小説】恩田陸『不安な童話』
06.08 【音楽】くるり『愉快なピーナッツ』
06.08 【音楽】S.R.S『Sometimes』
06.08 【音楽】椎名林檎『ありあまる富』
06.09 【音楽】新垣結衣『うつし絵』
06.09 【音楽】メレンゲ『うつし絵』
06.09 【音楽】ハナレグミ『光と影』
06.09 【音楽】童子-T『ファースト ソング』
06.13 【食】ANE CAFE / カフェ(新高円寺)
06.20 【食】カウボーイ 阿佐ヶ谷店 / ステーキ・ハンバーグ(阿佐ヶ谷)

【追記】2009.06.28
06.10 【音楽】オトナモード『Watercolor』
06.11 【音楽】アンダーグラフ『この場所に生まれた僕達はいつも何が出来るかを考えている』
06.27 【音楽】なのるなもない、toto、ATOM&Takatsuki@上野恩賜公園野外ステージ

【追記】2009.06.30
05.28 【音楽】SEEDA『SEEDA』
06.12 【音楽】平井堅『Ken's Bar II』
06.29 【音楽】木村カエラ『HOCUS POCUS』

【追記】2009.07.02
06.15 【音楽】たむらぱん『ノウニウノウン』
06.30 【音楽】椎名林檎『三文ゴシップ』
07.01 【音楽】ハナレグミ『あいのわ』

【追記】2009.07.03
06.28 【漫画】安彦良和『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』第19巻
07.01 【食】めん屋 いなば / ラーメン(四谷)
07.01 【映画】トランスフォーマー/リベンジ / Transformers: Revenge of the Fallen
07.01 【映画】それでも恋するバルセロナ / Vicky Cristina Barcelona

【追記】2009.07.04
06.16 【音楽】APOGEE『夢幻タワー』
06.17 【音楽】RINO & DJ YAS『LAMP EYE FLAVA』
07.02 【音楽】宏実『RAINBOW』

【追記】2007.07.06
07.03 【音楽】般若『HANNYA』

【追記】2009.07.07
07.04 【音楽】THE BOOM『夢から醒めて / All of Everything』
07.04 【音楽】JASMINE『sad to say』
07.04 【音楽】初音『恋に出逢った夏 feat. KEN THE 390』
07.05 【映画】レスラー / The Wrestler

この記事を元の位置(6月10日付)に戻します。
2009.06.10 Wednesday 00:00 | お知らせ | comments(33) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
どうも(^O^)
3月頃からずっと、見させてもらってました〜!!
このまま辞めちゃうのかなぁ〜と思ってたのですんごく嬉しいです(*^o^*)
ものすごく参考になるレビューなので、これからもぜひぜひ続けて下さい(o^∀^o)
毎日楽しみに待ってます!
くりいむぱすた | 2009.06.10 Wed 09:39
はじめまして。
ヴァンダル様に屈したかと思ってしまっていました(笑)
blackin | 2009.06.10 Wed 10:16
「ショーン・オブ・ザ・デッド」のリズ風に言うと
「復帰おめでとう」
ですね。
江戸 | 2009.06.10 Wed 18:46
「ニート」の俺風に言うと
「楽しみにしてます。引き続き更新がんばってください。」
だな。
ドム | 2009.06.10 Wed 22:51
くりいむぱすた様

こんばんは。
はじめまして。

いきなり滞ってしまいすみませんでした。これまではサクサク書けていたんですけど、まあ元々が怠け者なので、ペースダウンしろってことなのだと思います。ぼちぼちやっていきますので、これからもよろしくお願いします。



blackin様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

彼の名前を出しては・・・。またフラッとやって来てうんざりな事態になっちゃいますから。まあ、外野が原因でブログを止めることはないと思います。今回のように他に興味が湧いてきたときが一番怖いですね。まあ、頑張ります。



江戸様

こんばんは。

> 「ショーン・オブ・ザ・デッド」
数年前に見たんですけど、覚えてないなぁ。プリンスのLPを投げつけないというとても心温まるシーンは鮮明に焼きついてるですけどね。まあ、頑張ります。


ドム様

こんばんは。

まあ、そんなわけで元ネタを失念しているので、この流れは断ち切らせてください。ごめんなさい。ボチボチでやっていきますので、懲りずにまたコメントください。

ではでは。
gogonyanta | 2009.06.11 Thu 01:29
タンブラー、女と猫だけっすねw
見とれちゃう
50 | 2009.06.11 Thu 23:31
この一連の騒動はどう思われますか?。
http://m.youtube.com/watch?v=aYPoAQuM_5o&rl=yes&client=mv-google&gl=JP&guid=ON&hl=ja
http://seeda.syncl.jp/?p=diary&di=136901&synclsid=89k2apl8vghk5tdp1grpf8l1s3&guid=ON
舌 | 2009.06.12 Fri 23:09
50様

こんばんは。
お返事遅れましてすみません。

エロと猫ばかりですみません。欲望に忠実になってしまうんでしょうね。風船の写真と傘、ジェットコースターに異様に惹かれる自分に、今回やってみて気づきました。なかなか面白いです。



舌様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

格下がトップアーティストに挑むのはとても正しいし、最初のディスソングはユーモアがありました。が、SEEDAの強烈な返しを喰らって逆上したのか残念な方向に向かっていると思います。まあ、GUINNESSのラップがそもそもお粗末なので、どうしようもないのですが・・・。今回の件で役に立ったことといえば、ギネスの正しい綴りを覚えたことです。ビールは美味しいんですけどね
gogonyanta | 2009.06.16 Tue 01:44
はじめまして。たまに楽しく読ませていただいてます。
この本は読まれたでしょうか。
論文チックなおカタい文章で読むのに苦労しましたが、
著者が語る「外国人から見る日本語ラップ」という観点は重要な知見だと思います。

"日本のヒップホップ 文化グローバリゼーションの 現場"
http://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%83%E3%83%97%E3%83%9B%E3%83%83%E3%83%97%E2%80%95%E6%96%87%E5%8C%96%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%AA%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%80%88%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E3%80%89-%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%AA%E3%83%BC/dp/4757141718/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1245429669&sr=8-1
rb | 2009.06.20 Sat 01:48
rb様

こんにちは。
はじめまして。

高いですねぇ。2940円ですか。アルバム1枚買えそうです。図書館に入っているか確認してみます。あんまり、というか本でヒップホップを読むことはないんですよね。ネルソン・ジョージの『ヒップホップ・アメリカ』を連載中に読んでいたぐらいですね。でも、ご紹介ありがとうございます。
gogonyanta | 2009.06.20 Sat 11:56
よう 俺のこと呼んだか?
Bandal | 2009.06.22 Mon 02:22
おやぁ、何か声がしたような・・・。空耳か?
gogonyanta | 2009.06.24 Wed 00:21
お帰りなさい。
これからも頑張ってください。

ただ、もうちょっと心のあるレビューを書いてほしいです。

レビューってみんなの購買、鑑賞の参考になる重要な資料です。
率直な感想を述べる事がレビューの個性を出す上で大切だとは思いますが
ところどころ理解の無い評価、表現が多いと思います。

Blogとして閲覧可能なレビューとして
人の作品について語る状態にしてる以上
「いや、オレのやりたいようにやってるだけだから。」
ってのは通じません。
もしそう思うならBlog形式にしなくての良いのでは?

アルバムってのは作品です。
作品にはコンセプトがあります。
そのコンセプトに沿った制作背景があるわけで
そこを理解できていない人が
無情にも言葉で斬るのは滑稽過ぎます。

もし日本語ラップを愛し、広めて行きたいと思っているならば
そのアルバムの長所をもっと評価すべきです。
「このアルバムの良いところはココ。」
「こういうふうに聴けば楽しめるよ。」
そう言ってあげる気持ちが必要だと思います。

「面白く無い」
そんな感想誰も期待してないです。

ここで書いてる事
作者本人に面と向かって話せますか?


か | 2009.06.24 Wed 15:47
か様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> お帰りなさい。これからも頑張ってください。

ただいまです。ありがとうございます。これからも忌憚のない記事をガンガン書ければいいなと思っています。

> ただ、もうちょっと心のあるレビューを書いてほしいです。

いやぁもう全ての記事は時間をかけて書いてますし、誠心誠意をモットーに一記入魂ですよ。

> レビューってみんなの購買、鑑賞の参考になる重要な資料です。
> 率直な感想を述べる事がレビューの個性を出す上で大切だとは思いますが
> ところどころ理解の無い評価、表現が多いと思います。

私の趣味嗜好と合致する人は参考にすればいいし、そうでない人にとっては私がけなすものがその人にとっての良い作品かもしれません。レビュー・批評・感想文。なんでもいいのですが、これだけ多種多様な意見が誰でも簡単に公にできるようになった状況ですから、ひとつの意見だけを参考にする人はいません。例えそんな人がいたとして、自分が実際に聴きもしないのに人の意見を信用して、思いこむなら、それはただのアホです。そんな純粋な人が見ないように、警告文でも貼り付けておけばいいのかな。

ただし、"理解の無い評価、表現が多い"のは問題です。そういうときこそかさんの出番です。
浅はかな書き手をこてんぱんに叩きのめしてやればいいだけの話です。

> Blogとして閲覧可能なレビューとして人の作品について語る状態にしてる以上
> 「いや、オレのやりたいようにやってるだけだから。」ってのは通じません。
> もしそう思うならBlog形式にしなくての良いのでは?

だれでも閲覧可能ですが、見なくてもいいわけです。仮に間違った見解で書かれていたら、コメントすればいいのです。そのためにコメント欄は開放してあるわけです。私のやりたいようにやっているわけではなく、私が思ったこと、感じたことを"率直"に書いているだけです。嫌なら見なければいいだけの話です。

> アルバムってのは作品です。作品にはコンセプトがあります。
> そのコンセプトに沿った制作背景があるわけで
> そこを理解できていない人が無情にも言葉で斬るのは滑稽過ぎます。

アルバムは表現者の魂の結晶である。もちろんです。それはコンセプトも強い想いも長い制作期間もあるでしょう。それを前提で全ての記事は書かれています。ダメな作品は肉なんです。しかもダメすぎて腐っているようなのもちらほらあるわけで、そんな作品にコンセプトも思想も時間もへったくれもないわけです。一切を棚に上げますが、理解できないような作品を作る方がダメなんですよ。

> もし日本語ラップを愛し、広めて行きたいと思っているならばそのアルバムの長所をもっと評価すべきです。
> 「このアルバムの良いところはココ。」「こういうふうに聴けば楽しめるよ。」
> そう言ってあげる気持ちが必要だと思います。

そういったことはyahooの掲示板やmixi、あるいは道徳の授業にでも任せます。日本語ラップだけが好きなわけでもないですし、広めたいなんて恐れ多いことを考えたこともありません。その音楽が面白ければ、ジャンルを超えて自然と支持を得るはずです。

> 「面白く無い」そんな感想誰も期待してないです。

期待されなくて結構です。何度も書いてきたことですが、このブログを始めた動機は、作品を読んだり見たり聴いたりしてもすぐに内容を忘れてしまうノータリンな頭の外部記憶装置として活用するためです。毎回読んでくださる方に失礼を承知で書けば、読み手のことを考慮することはほとんどないです。

> ここで書いてる事作者本人に面と向かって話せますか?

話しませんよ。親しくもない人にあんたの作品は面白くないねといきなり話しかけたりする人がいますか。そんな礼儀知らずの人がいるなら見てみたいです。

ではでは。
gogonyanta | 2009.06.25 Thu 03:00
はっきり言ってこのブログ、2chと一緒ですね。
ネットでしか発言権を獲得できないかわいそうな人。

見て欲しいんでしょ?
自分の記憶装置とか言っておきながら
ネットでは強気な自分を。


悪いものを良く言えとは言いません。
ただ、開き直りしてる人がアーティストを評価するのは
もう可哀想なひねくれオナニー。
あなたのような人は5万といるし、支持する人も5万といるでしょう。

自分勝手な発言、行動や開き直ることでしか
自分をアピール出来ない奴に人の作品や熱意を
捌く資格はない。
例えこんなこじんまりとしたはしくれのブログであったとしても。

お前には人の熱意や精魂は理解できるはずない。
命を欠けた作品の良さなんかわかるはずない。
ま、音楽やってない人でしょうし仕方ありませんねwww
パソコンが友達なら人の気持ちも理解できないか。。。

まあせいぜい
ネット上での温かみの無い形だけのファンに対して
公開オナニーがんばってくださいね。
寂しがりやさん♪

応援してますよ〜☆


か | 2009.06.25 Thu 09:25
か様

こんばんは。
お返事ありがとうございます。

文章からは人柄がにじみ出るとはよくいったもので、公の文章ではなく私的な文章にはそれが如実に表れます。ブログを3年続けてみて、私もそのことがようやく分かってきました。隠しようがないのです。

かさんがここをご覧になることはないでしょうし、書いても無駄かもしれませんが、ご自分がお書きになったコメントを一度読まれることをお薦めします。とびきり素敵な文章をお書かきになっていますよ。
gogonyanta | 2009.06.26 Fri 00:10
なんか俺を呼ぶ声がしたな

気のせいか?
BANDAL | 2009.06.26 Fri 01:44
gogonyanta様

でしょ?

実際に自分も標的にされてこういった文章を書かれると
よく理解して頂けると思います。

気付いてもらえたならボクも思い切った文章を書いて良かったと
少しは安心できます。

“好き勝手やってるだけなんだから
嫌なら見ないでください。”
アナタのレビューで作者やファンが傷付いてるかもしれない。
ネットでのいじめと似たようなものを感じますね。
“むかついたから殺した”も同然。

>話しませんよ。
親しくもない人にあんたの作品は面白くないねといきなり話しかけたりする人がいますか。
そんな礼儀知らずの人がいるなら見てみたいです。

開き直って正当化。
よくあるネット住人の傾向ですね。
ウケルwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

>ダメな作品は肉なんです。
しかもダメすぎて腐っているようなのもちらほらあるわけで、そんな作品にコンセプトも思想も時間もへったくれもないわけです。
一切を棚に上げますが、理解できないような作品を作る方がダメなんですよ。

オッケーオッケー、わかったわかった。
肉だとしても食い物には変わりないでしょ。
むやみにNIPPSのパンチラインを引用してたら笑われますよ。
あれは食われるしかないって意味ですからね。
あ、弱肉強食って事です。

長所の欠点、短所の美点も見いだす感性を磨くべきですよ。
わかりますか?
善し悪しだけで芸術語るなって話です。

伝わるかな〜。






か | 2009.06.26 Fri 10:25
マイケルジャクソン氏のご冥福お祈りします
彼は私のスターでした

R.I.P
BANDAL | 2009.06.26 Fri 12:56
か さんへ

「長所の欠点、短所の美点」というのは不思議な言葉です。
レビュー・感想の対象となるものは音楽だけでなく映画・本・絵画などいくつも挙げられますが、例えば映画において、演技が明らかに下手である俳優が居て、その俳優のせいで映画の世界観がぶち壊されているとします。
この時、演技べたであることは当然短所です。ここに美点もクソもないのです。
「下手だがそこが良い」と思う人がいるならそう書けばいいし、レビュアーがそう思わなければそれはやはり短所でしかないのです。
「性格の短所な部分も見方を変えれば長所」とは言ったものですが、その例に収まらない場合はいくらでもあります。
例えば短気ですぐ人の顔面を殴る事が欠点の人が居たとして、その人を「それも活発という美点だ」などと考える人がいたらその人はアホだと思います。

履歴書に自分の長所を記入する時、よく遅刻してしまう人が「おおらか」と記入する。おおらかさが「短所の美点」だと考えるから。
アルバムを作った本人や身内がそれを探す分には全く構いませんが、それをアカの他人(しかもお金を払って作品を購入し、尚且つ不満に思っている人)に探してもらおうなんて、馬鹿げていると思いませんか。

また、誰一人として傷つく事のない表現なんて存在するのでしょうか?かさんは批判的レビューで人が傷つく可能性があるということを「“むかついたから殺した”も同然」とまで飛躍させていますが、それならラップの歌詞で人が傷つく可能性があるということは“ラップしたいから殺した”も同然ですよね。私には訳が分かりませんが、かさんなら理解できるはずです。
文脈がどうであれビッチという言葉に傷つく人はいるだろうし、ゲイ批判に傷つく人もいるでしょう。警察批判にだって、警察官の子どもは傷つくはずです。
この世に溢れる「傷つく人々がいる可能性」を秘めたヒップホップ歌詞の量ときたら、このブログの文章量の比ではありません。これはネットでのいじめならぬ、ラップでのいじめですか。
アノニマン | 2009.06.27 Sat 04:36
か様

おはようございます。
今日も暑いですね。

私のいやらしい性格についてはご心配無用です。30数年もこの性格と付き合っているわけで、完全に把握しているつもりです。ご自分のコメントを一度読み返されてみてはと書いたのは、短い文章の中なのに、冒頭と終わりでは筆致が完全に変わっています。そこに映し出されているかさんの内面にちょっと心配してしまったからなのですが。

小学校の朝礼で、校長先生は毎回長い長い訓諭をたれるわけですが、その中で唯一覚えているのが、もし激しい怒りに駆られた場合に、その衝動のままに感情を露わにするのではなく、まずゆっくり10数えなさいというものでした。"釣り"という言葉がスラングとしてあるそうですが、まず10、そしてひと晩おいてみることも肝要かと。



アノニマン様

おはようございます。
なんだかすみません。ありがとうございます。

ラップの歌詞の量についてですが、あれだけ文字数を使いながらどうにも物足りないのが多いのはどうしてなのか不思議に思う今日この頃です。最近、集中的に忌野清志郎やTHE BOOMの歌を聴いていたせいかもしれませんが。

言葉量の増加は内容を薄める方向に向かっているラップは、ヒップホップを言葉の音楽と捉えている身にはいささか残念です。

ではでは。




あっ、ヤブ蚊が飛んでる! 夏も近いなぁ。血を吸われる前に叩き潰したい。マイケル・ジャクソンは才能は枯渇していたのかもしれないけれど、でも偉大なポップアイコンだっただけに早すぎる死は残念。仮にプリンスが死んだときに、小倉がまた調子に乗ってたらテレビを壊しそうな自分がいる・・・。
gogonyanta | 2009.06.27 Sat 09:06
アノニマン様

>「長所の欠点、短所の美点」というのは不思議な言葉です。
レビュー・感想の対象となるものは音楽だけでなく映画・本・絵画などいくつも挙げられますが、例えば映画において、演技が明らかに下手である俳優が居て、その俳優のせいで映画の世界観がぶち壊されているとします。

そんな人、監督がキャスティングに入れないでしょ。
映画にマッチしない俳優なんて誰が選ぶのでしょうか。


>この時、演技べたであることは当然短所です。ここに美点もクソもないのです。
「下手だがそこが良い」と思う人がいるならそう書けばいいし、レビュアーがそう思わなければそれはやはり短所でしかないのです。
「性格の短所な部分も見方を変えれば長所」とは言ったものですが、その例に収まらない場合はいくらでもあります。
例えば短気ですぐ人の顔面を殴る事が欠点の人が居たとして、その人を「それも活発という美点だ」などと考える人がいたらその人はアホだと思います。

私が言いたいのは良いものを良く見る、悪いものを悪く見るだけではなく
もっと柔軟な見方をすれば良いのではないかという事です。
短所を良く書けなんて一言も書いてないです。
もっといろんな見方があるのではないかという事が言いたかっただけ。


>履歴書に自分の長所を記入する時、よく遅刻してしまう人が「おおらか」と記入する。おおらかさが「短所の美点」だと考えるから。
アルバムを作った本人や身内がそれを探す分には全く構いませんが、それをアカの他人(しかもお金を払って作品を購入し、尚且つ不満に思っている人)に探してもらおうなんて、馬鹿げていると思いませんか。

今時、視聴もしないでジャケとクレジットだけでCD買う人も少ないでしょう。
もしその方法で買って不満があるなら内容を把握せず買った自分にも
責任があるでしょうし。
まあそこにも気付けないならおっしゃる通り馬鹿げていますね。


>また、誰一人として傷つく事のない表現なんて存在するのでしょうか?かさんは批判的レビューで人が傷つく可能性があるということを「“むかついたから殺した”も同然」とまで飛躍させていますが、それならラップの歌詞で人が傷つく可能性があるということは“ラップしたいから殺した”も同然ですよね。私には訳が分かりませんが、かさんなら理解できるはずです。

“むかついたから殺した”から“ラップしたいから殺した”にもっていくのも
だいぶ飛躍的ですね。
ボクはここでのレビューの内容が好き勝手やってるってのに対し
このような比喩表現を用いただけで
傷つける=殺すとも言ってませんよ。

>文脈がどうであれビッチという言葉に傷つく人はいるだろうし、

ビッチじゃない人がビッチといわれれば傷つくでしょうし、
自分の事をビッチって思ってない人は
ビッチって言われてもなんとも思わないでしょう。
だからアーティストが良いと思って出した作品を
悪いといわれれば傷つくのではないかと。

>警察批判にだって、警察官の子どもは傷つくはずです。

最近の警察の不祥事の数々はご存知ですよね?
警察一人が罪を犯したからからって全ての警察がそうだとは言いませんが
組織に所属した以上、一人一人が代表者として責任を持つべきでしょうし
これは警察に悪いイメージがついた結果。
そんな警察を良く思う人はどうかと思うし、少なくとも
警察全てに良いイメージを持ってる人もこの時代いないでしょう。
その子供にとって警察である前に親ですし。
警察の子供が“FUCK THE POLIS”って言葉に過剰反応しめすでしょうか?

>この世に溢れる「傷つく人々がいる可能性」を秘めたヒップホップ歌詞の量ときたら、このブログの文章量の比ではありません。これはネットでのいじめならぬ、ラップでのいじめですか。

不特定多数をターゲットとしてみればHIPHOPの歌詞は人々を
おおいに傷つけるでしょう。
ただ、このblogはまずアーティスト一点集中になってます。
そしてそのアーティストのイメージを崩すような言動も
相当含まれていますし。
わかりやすく言うと傷つける可能性ではなく、傷つける100%の原因が
明確に存在しています。
それをどう受け取るかはアーティスト次第ですが。


gogonyanta様

>おはようございます。
今日も暑いですね。

夏ですからね。

>私のいやらしい性格についてはご心配無用です。30数年もこの性格と付き合っているわけで、完全に把握しているつもりです。

心配はしてませんよ。
大丈夫です。

>ご自分のコメントを一度読み返されてみてはと書いたのは
か | 2009.06.27 Sat 15:55
アノニマン様

こんにちは。

申し訳ないのですが、ここは堪えていただけると幸いです。普通に対応していたのですが、かさんはどうやらとてもまじめな方のようで、ちょっと柔軟性に欠けるようですし、引きどころも多分分からなくなっているのだと思います。

ですので、大変失礼だと承知していますが、ここはひとつよろしくお願いします。これからも他の記事にコメントをいただければ嬉しいです。



か様

こんにちは。
今日は過ごしやすくていいですね。

このブログのコメント欄は文字数に制限があるようです。何文字なのかははっきりしないのですが。申し訳ありません。
gogonyanta | 2009.06.28 Sun 12:25
BANDAL IS BACK!


to か

おいよく聴け このトウシロウ
G.N(ゴゴニャンチュウ)はちゃんと金出して作品を買ってんだ、2ちゃんのワックと一緒にすんじゃねえぞ? てめえチンポついてんのか?
BRIGHT B.D | 2009.06.28 Sun 22:36
gogonyanta様

すいません、文字数制限には気付きませんでした。
まああの後に続く文章は当たり障りのない事なので
再度書くつもりもないです。
心配もしてないですし、ボクの事に関しても
ご心配無用ですよ。

ただ変な人が割り込んできたのが心配です。。。


BRIGHT B.D様(BANDAL様?????)

>おいよく聴け このトウシロウ
すいません、トウシロウで。


>G.N(ゴゴニャンチュウ)はちゃんと金出して作品を買ってんだ

http://gogonyanta.jugem.jp/?eid=1727
↑ここには数合わせでレンタルしたって。
別に買うのもレンタルするのも関係ないですけど。


>2ちゃんのワックと一緒にすんじゃねえぞ?
てめえチンポついてんのか?

チンポついてます。別にびびってなんかないですよ。
ただ上記のように適当な事言ってふっかけるのは
2ちゃんのワック以下じゃないですか?

か | 2009.06.29 Mon 05:34
蚊さ〜ん。
人のブログのコメント欄で自分の考えを押し付けるという公開オナニーはやめてくださ〜い。
| 2009.06.29 Mon 16:05
か様

こんばんは。
その"変な人"はここのマスコットみたいなものでして、楽天ゴールデンイーグルスでいうところの"Mr.カラスコ"みたいなものです。無視するのが吉かと。



名無し様

こんばんは。
みんなでする公開自慰は得もいわれぬ開放感があっていいものですよ。
gogonyanta | 2009.06.30 Tue 00:12
gogonyanta様

そうですか。
なんかどっちがトウシロウかわからない感じなんで
まあ一応お返事しましたがろくにBlogも読めない人が
噛み付いて来て変な感じですね。
そういう人が集まる場なんですかね?


名無し様

どうせ書き込むならボクの意見に対しての
お返事を頂けたら幸いかなと。
しゃべるな〜ってだけのコメントならいちいち書かず
黙って見といてくださいね。
どっちがオナニーだかわかんないです。

か | 2009.06.30 Tue 09:01
か さんの文体がgogonyantaさんに似てきた……気がします
生史 | 2009.06.30 Tue 12:53
生史様

もしかしてラッパーの方ですか?

か | 2009.06.30 Tue 16:59
こんにちは。8月にyasuriがアルバム出すみたいです。1STのナイトケア入手できなかったんで、今回は入手したいです。ちなみにゲストはミンちゃん、神門、神戸薔薇尻らが参加するみたいなので、そっちも楽しみです。
銀二 | 2009.06.30 Tue 22:19
か さん

そうですよー
よくご存知ですね
| 2009.06.30 Tue 23:54
か様

こんばんは。
ここは、"そういう人が集まる場"なんです。残念ながら、かさんも同じように類友というやつですね。ご愁傷様です。LUNAの件ですが、あれで良かったでしょうか。



生史様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

生史さんって、ダメレコの月刊ラップに「SEISHI」名義で収録されていた方ってことなんですか? もしそうであるならば、あんな酷い感想を書いておきながら、ここを見て下さり、ありがたいことです。

かさんは、別名義でコメント書かれるときはまた文体が変わる、とてもユニークな方なんです。

何にせよ、これからもよろしくお願いします。



銀二様

あ、あなたもですか。
yasuri情報ありがとうございます。関西ですもんね。情報が早い。ちょっと気になったのですが、『ナイトケア』ってもう廃盤なんですか? 何だかもったいない話ですね。神門と神戸薔薇尻が楽しみです。
gogonyanta | 2009.07.01 Wed 01:47
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2813
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中