すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 第62回カンヌ国際映画祭 | main | 安藤裕子@代々木公園野外音楽堂 >>
inori『Blooming Jazz』

2009年3月11日リリースのファーストアルバム。

"美しいメロディにJazzの魅力を最大限に盛り込んだ確かなサンプリング・スキル。軽快なリズム上を泳ぐメロウでスムースなライムはポップな魅力をも併せ持つJazzy Hip Hopの枠を超えクロスオーヴァーな新たなシーンを切り拓く、2009年待望の新星"らしい。


宣伝文句はさておき、結論から書いてしまえば、やりたいことは分かるけどもうそれはヒップホップではないよねというもの。ヒップホップの枠を大きく捉えたい側に身を置いているつもりではあるけれど、本作の特に前半の曲はジャジーヒップホップというよりもジャズの音の上でラップをしているだけ。Guruと比較するのはかわいそうなので止めておくが、せめてビートだけは重くして欲しかった。

トラックの上音自体は悪くない。軽やかにサックスやトランペットが吹き鳴らされ、鍵盤が華麗に踊る。客演の女性ボーカルも爽やかさやらオシャレ感を助長させている。最初に挙げた不満はボトムの軽さだったが、もうひとついわせてもらえれば、ラップがトラックと合っていない。t-Aceを彷彿させるような男前の声質がオシャレトラックに乗せられるものだから、食い合わせが非常に悪い。さらに恋愛からオレオレ節までテーマは比較的広く取っているものの、切り口がありきたりで、その上フロウに幅がなく眠気を誘う。英詩ならBGMとして最適だったろうに。

耳に残ったリリックは、"俺がTOKYO SAMURAI勝負師 不安なら紹介するぜ行政書士"。しっかり踏まれているわけだけど、何とやら。


デビュー作を悪し様に書いても不毛なだけなのでこの辺で止めておく。何気なく手に取った1枚だったが、収穫があったとすれば本作について書いた記事を探していたら、日本語ラップに特化した上質なブログに出会えたことか。
2009.05.25 Monday 23:59 | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.29 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
そのブログとは…?
尻Ass | 2009.06.12 Fri 23:11
尻Ass

こんばんは。
おひさしぶりです。

Googleのブログ検索で「inori blooming jazz」を入れて調べればすぐに出てくると思います。コメント欄もトラックバックもメールもないので、ひっそり運営していきたいのだと思い、名前を出しませんでした。ごめんなさい。
gogonyanta | 2009.06.16 Tue 01:51
ありがとうございます!
検索してみます。
そしてひっそりとみます。
尻Ass | 2009.06.18 Thu 14:56
尻Ass様

ごめんなさい、上の返信が勝手に敬称略でした。申し訳ないです。
gogonyanta | 2009.06.20 Sat 11:37
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2814
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中