すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 更新再開 | main | アンダーグラフ『この場所に生まれた僕達はいつも何が出来るかを考えている』 >>
DJ MITSU THE BEATS『A WORD TO THE WISE』

2009年5月27日リリースのセカンドアルバム。

ファーストアルバム『NEW AWAKENINIG』が2003年8月発表だから、約6年ぶりのソロ音源となる本作。前作はHungerが参加していたことで日本語のラップを聴けたが、今回の客演は全て海外勢で占められている。音の方も前作ほどジャジーヒップホップへのこだわりがなくなり、音に華やかさが増し、幾分聴きやすくなった。

軽やかに、だけどしっかり刻まれたビートはヒップホップのそれであるし、何より日本人を入れなかったことでかっこつけ度がさらに強まった。最後の最後までだささを配した音の作りには隙がなく、6年もかかるのは仕方ないのだろうか。

全曲良いのだけど、中でも気に入ったのはDilla直系(まあ、ほとんどがそうなのだけど)のM3「Ridin' Around」やM12「Tokyo Girls」、またM4「Big Supply」のビートもかっこよかった。それと韓国のグループDynamic Duoを招いたM17「Ex Lovers」も魅力的だ。歌もののフックが特にいい。韓国のヒップホップって初めて聴いたなぁと思っていたら、このグループ2年前のBBOY PARKでライブを見ていたみたい。自分で書いてた。

ラップ曲ではなく歌手を呼び寄せたM6「Promise In Love」やM8「The Way」、M18「Playin' Again」といった曲ですごく心地良いグルーヴを堪能できる。思えばファーストでも「Away」や「Music Mate」、Dweleとの「Right Here」、「Do Right」といったR&B曲があったわけで、この路線でアルバム1枚作ってみたら、絶対にすてきなものができると思うのだけど。音数が少ないけど華やかに、かつ色気も十分にあるトラックは秀逸。苦戦している日本のR&Bにももっと供給したらいいのにと夢想してみる。
2009.06.10 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.12.19 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
いつも楽しく見てます。

MITSUさんの今回のはボクも好きです。
キャリアのあるアーティストってのは常に変化ではなく進化を
求められると思うし、その点では進化はしてると思います。

あとは“ピアノだけじゃないぜ、オレのHIPHOPは!!!”
ってのも感じました。

日本のR&Bにもグイグイ行ってほしいですが
もう日本のR&Bは死んでますね。

死んでるって言うかもう“R&B”って言葉は
日本の音楽業界では死語です。
歌モノでちょっとクラブ寄りだったり
すぐバラードだったらすぐにR&Bって言ってたれこむ。
うんざりというかあきれる。

やってる本人がR&Bって胸張ってるなら
まだ許せますけど、どう考えてもR&Bとは受け入れがたい作品が
巷に溢れかえって残念ですね。

ちょっと脱線しましたが
おっしゃる通りMITSUさんしかり
BLACK MUSICの血が流れてる人の腕で作られたトラックが
もっと世にでればR&Bの見られ方も少しは変わるかなって思います。

ちょっと歌モノでも恥ずかしくてR&Bなんて言えない状況
そんな時が早く来てほしいです。

あと下請けの器用なだけな
カスビートメーカーは死ねばいいと思います。



柳生 | 2009.06.29 Mon 05:53
柳生様

こんばんは。
このアルバムはかっこいいですね。男前すぎてちょっと構えてしまうところもあるのですが、BGMとしても機能するし、とても優秀な作品だと思います。

> もう“R&B”って言葉は日本の音楽業界では死語です。

ヒットチャートでR&Bと呼ばれる音楽は、私の知っているR&Bとは全くの別物である場合が残念ながら多いのが現状ですね。ですので、"死語"といいきってしまうお気持ちも分かります。ただ、チャートに入らないインディーズ作品にはこれぞR&Bというものも少なからずあって、日本も捨てたものではないなと思うことがあります。

まあともかく、MITSU THE BEATSには期待したいです。
gogonyanta | 2009.06.30 Tue 00:21
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2828
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中