すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
07 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 天童荒太『悼む人』 | main | "E"qual『DOPE BOY』 >>
ALT『庭と景色』

2008年4月17日リリースのファーストアルバム。

2009年も半分を過ぎたということで、上半期ベスト10といった企画が各所で行われているが、自分の中では日本語ラップだけで10枚はないなと思うし、何より決定打がない。だから去年とは違い、今年は平年並みになるのかなと思っていたところに、登場したのが本作。いや、だいぶ前から発売はされていたし、視聴して良かったので手に入れてはいたのだけど、長いこと積みっ放しの1枚だったわけで、ずいぶんと不憫な扱いをしていた。でも聴いてみたら、ハイ決まり! 今年のナンバーワンは君で、といった内容だった。驚いた。とてもいい。年間を通してもぶっちぎりそうな予感がする。降神のまさかのサードアルバムやSUIKAのホントかよな5枚目が出なければ、2009年の1枚になりそう。


グループ名の「ALT」の読みは、パソコンのキーボードのALTキーと同じく、"オルト"でいいのかな。"Alternate Key"なわけだから、オルトキーになるのだろうけど、どうしても"アルトキー"と読んでしまう。まさか酵素の名前からということはないよね。

結成は2005年。音制作の中心はギター弾きで時にボーカルも担当するmunnrai。他にピアノのeskやもうひとりのギターリストQ-Loもトラックメイクに携わる。メインのラッパーはDONCHIとnagasakaのふたりだが、Q-Loも何曲かでラップし、ポエトリーリーディングや歌を担当するnonciもいる。他に、ラップトップを操るMOJAやmpcの鈴木携人、ベースの田中恭生らがいて、総勢9名となる大所帯グループだ。


コラージュの作品集といった様相のブックレットにスノッブ臭を嗅ぎ取り、やや警戒しながらスタートボタンを押す。地を打ちつける重い音が響き始め、やがて鳴り出すピアノの力強い主旋律が何度も繰り返されることで固くなっていた耳が静かに開かれていく。明確なビートが踊り始めるころには、頭と体はギターの音色にも押されながら静かな旅立ちを自覚する。

M1「始まり」が告げたスタートの合図は、次のM2「スズムシ」が始まった途端に、何だか終わった気にさせられる。というのもM2がアルバムの最後に置くのがふさわしいと思えるほどのすばらしさなのだ。降神でいうなら「帰り道」に近い。Sonic Youthがよくやるようなギターの単音弾きにそっと包まれた言葉は押韻よりも言葉の意味を大事にし、強い抒情性を帯びている。


彼らの音の特徴は押韻を第一義としないラップと、ロックやエレクトロニカといったジャンルに根ざしたトラック、はたまたポエトリーの積極的な導入などであり、ブラックミュージックが本来的に持っている肉体性は希薄である。その点からも彼らの音楽は人によってはヒップホップではないと感じるかもしれない。

ただ、DONCHIとnagasakaのふたりは日本語ラップからの影響が垣間見られる。言葉や音への自由さという点では降神から得るものが大きかったのかもしれないが、直接的にはDONCHIはSTERUSSのCrime6の匂いが嗅ぎ取れたり、nagasakaにはIll-Bosstinoの影を見ることができる。またQ-Loが自作自演したM4「引力」は、音的にもリリック、フロウの点からみても、Shing02の「星の王子さま」の続篇を狙っている。

しかし彼らが辿り着いた先はポエトリー要素を多分に取り入れたラップとなった。ひとつひとつの単語の意味は明瞭で実際に自分たちが見たこと感じたことしか歌われたおらず半径5メートル的な内容のものが多い。けれど、単語が連なったときに現れるリリックの抽象度が極めて高いために、聴き手の想像力を大いに刺激するのだ。


M1やM2の他に良かった曲を挙げれば、M10「ある劇」では突然SUIKAのtotoさん似の声に鼓膜を震わされ驚いた。スッと耳に染み込んでくるポエトリーリーディングで、出番は少ないのだけど印象に残る。M12「雨は朝まで降り続く」はそのnonciのソロ曲で、ここではポエトリーではなく、原田郁子を彷彿とさせる歌を歌う。M11「幻日」は、M1やM2で音制作に関わっていたeskが参加しており、親しみやすいピアノのフレーズが冴える。ふたりのラップに神門のような純粋性が備わっているのもいい。M13「cups of...」での放たれた言葉の強さも頼もしい。

2枚目は1枚目と同じく15曲収録されているが、そのうち5曲が1枚目に入っていた曲のリミックスとなる。M2「3mometer」以外はそれぞれ別の味わいが生まれてはいるものの原曲に軍配が上がる。munnariのギターの弾き語りがあったりして、歌ものが増えた印象でもある。M12「寂/錆」でのnagasakaのラップは良かった。


確固たる音と言葉の世界観に圧倒された。音の自由度が高く、端から日本語ラップの閉鎖性から逸脱しているところがひたすらかっこよい。あとは分かりやすさと自分たちの殻とのバランスがうまく取れさえすれば、もっと広い世界で羽ばたける才能だと思う。ライブでどのくらいこの世界観を再現できるのか見てみたい。
2009.07.09 Thursday 23:59 | 音楽 | comments(8) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.07.26 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
こんばんわ。お久しぶりです。
かなり良さそうな一枚ですね。チェックしてみます。
ところで8TH WONDERが遂にフルアルバムを出しますね。2枚組だそうです。
蒟蒻生活 | 2009.07.12 Sun 19:54
以前、中野heavysickzeroでライブを見た時は「アルト」で通ってましたよ。
アルバムの曲順ほぼそのままでやってました。
rb | 2009.07.12 Sun 20:25
こんばんわ、ALT良いですよね、僕も大好きです。ただ個人的にはちょっと捨て曲(というかわかりづらい曲)があった気がするので2009の10位以内に入るかどうか、ってかんじです。

僕のブログにも書いたんですけど、PVのほうの「ある劇」聞きましたか?? CDとバージョン違うんですけどあれが今年聞いた曲で一番好きです。
本当にgogonyantaさんの仰る通りわかりやすさと独自性のバランスが良ければもっとすごくなりそうな才能ですよね。
MCARD | 2009.07.12 Sun 20:25
蒟蒻生活様

こんばんは。
お久しぶりですね。

ALTはお薦めです。いまなら多分DVD付きの初回限定を買える(それでもなんと2100円)と思いますので、お早めに。

> 8TH WONDERが遂にフルアルバムを出しますね。2枚組だそうです。
らしいですね。楽しみです。年末にライブを見たときは2月に出すとか話してたんですけどね。ミュージシャンの予定は信用できません。でもリリースは素直に嬉しいです。



rb様

こんばんは。
「アルト」情報ありがとうございます。夏至フェスの後に行かれたって書かれてましたね。アルバムの順番通りということは、M1もやったんですか? 聴きたいなぁ。あれって4分そこらの曲なんですけど、グッと惹きつけられるんですよ。いいなぁ。



MCARD様

こんばんは。
いつもありがとうございます。

MCARDさんが記事にされているのは知ってたんですけど、読んでしまうとどうも感想が左右されそうで、ひとまずスルーしていました。書き終えたので読みに行こうと思います。

> PVのほうの「ある劇」聞きましたか??
> CDとバージョン違うんですけどあれが今年聞いた曲で一番好きです。

うちのDVDデッキはここ2年ずっと動かず仕様でして、見ていないのです。PVにしかない曲も入ってましたよね。YouTubeかニコニコ動画に流れていないか探してみます。ありがとうございます。
gogonyanta | 2009.07.13 Mon 01:13
intro→スズムシで入っていきましたよ。
ライブのほうがなんというか、感情をぶちまけるような歌い方でした。

demoバージョンも持っているのですが、そちらもなかなかよいです。
| 2009.07.14 Tue 00:56
rb様

こんばんは。

> demoバージョンも持っているのですが、

へー、すごいですね。聴いてみたいなぁ。でもひとまず生を体験しないことには。次こそは逃さないように気をつけます。
gogonyanta | 2009.07.14 Tue 03:12
8/29に幡ヶ谷heavysickでライブやるそうですよ。

TMC

[LIVE]SHIP YARDS/alt/malegoat/KMC/V/ACATION/PASTAFASTA/MA/Cockroacheee's
[DJ]OTUYUCHAN/カルシウム
[OPEN]23:00
[START]23:00
[ADV]1,000YEN
[DOOR]1,500YEN
rb | 2009.08.26 Wed 21:06
rb様

こんばんは。
お返事が遅れまして申し訳ないです。
いつも有益な情報をありがとうございます。

今日なんですね。行きたいなぁ。今年のBボーイパークで見られなかったKMCも出るんですね。でも多分というか絶対に夜遊び禁止令が出ると思うんですよ。残念です。せっかく教えてもらっておきながら、本当にすみません。
gogonyanta | 2009.08.29 Sat 03:35
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2867
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中