すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< "E"qual『DOPE BOY』 | main | 望月ミネタロウ『東京怪童』第1巻 >>
荒木飛呂彦『Steel Ball Run』第18巻

2009年7月発売。

米国大統領ファニー・ヴァレンタインの能力は2度読み直してみて何とか理解できたけど、ジョニィ・ジョスターが撃たれた状況がさっぱりわからん。

結構長く続いているけれど、佳境に差しかかっているのかな。このまま突っ走って欲しい。
2009.07.11 Saturday 23:58 | 漫画 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:58 | - | - | -
コメント
ジョジョは好きだったんですけど
6部くらいから、能力の拡大解釈が増えてきて全く戦局が理解できなくなり、結局ドロップアウトしてしまいました
ちなみに5部が一番好きでしたね

ところでこのシリーズは「ジョジョ第7部」と見ていいんでしたっけ?
確かそんなようなことをどこかで読んだんですが
kk | 2009.07.14 Tue 10:08
kk様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 能力の拡大解釈が増えてきて全く戦局が理解できなくなり、

確かにスタンドの能力が複雑になりましたよね。今のシリーズも何回か読み直さないと頭に入ってこないことが多いです。連載誌で読んでいる人はついていけてるのか不思議なほどです。

> このシリーズは「ジョジョ第7部」と見ていいんでしたっけ?

この質問をされてようやく気づきましたけど、今回の大ボスの能力はパラレルワールドを行ったり来たりできる力でして、つまり第1~6部までの世界/歴史とこの第7部(でいいのだと思います)のそれとの関係が見事に説明できるわけです! kkさんは読まれていないので何のことやらと思われるかもしれませんが、私は作者にちょっと感動すら覚えました。

今シリーズは結構面白いですからもしお時間があるようでしたら、漫画喫茶ででも読まれることをお薦めします。
gogonyanta | 2009.07.15 Wed 00:48
確か連載開始時は「これは7部じゃありません。あくまでパラレルです。」と荒木さん自身が言っていました。

しかし3〜4巻のあたりでいつの間にか「7部」と表記されるようになっていたはずです。
名無しが名前 | 2009.07.19 Sun 15:33
名無しが名前様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

確認してみました。単行本第1巻と第2巻の袖で言及されていましたね。そのまま抜き書きします。

"実質的に「ジョジョの奇妙な冒険」PART7として描かれているものですが、初めてここから読み始める読者のために、あえてそのことを強調したくないと考えました"

"SRSには「ジョジョの奇妙な冒険」に登場したキャラクターに似た名前の人物が出て来ますが、彼らの先祖と考えるかあるいは、パラレル・ワールドと考えてください"

それと、「ジョジョの奇妙な冒険 Part 7」と表紙に入るようになったのは第5巻からでした。

長い話になると読み返すこともなくなって、こういった重要なことを忘れてしまったりします。こういう機会でもなければ見返すことはなかったでしょう。ありがとうございます。
gogonyanta | 2009.07.20 Mon 02:58
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2873
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中