すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< RIP SLYME『JOURNEY』 | main | 森見登美彦『宵山万華鏡』 >>
DARTHREIDER『enter the GARAGE vol.1』

2009年6月17日リリースの5枚目のアルバム。

Da.Me.RecordsのCEO・DARTHREIDERの1年ぶりの新作。ダメレコ関連を聴き始めたのは、彼のサードアルバム『CHANGE YOUR WORLD』に強い衝撃を受けたからだ。音にロックを使いながらも声にファンク魂が宿り、グルーヴのあるフロウをきかすことで、完全にヒップホップとして成立させていた。当時の彼らの立ち位置が日本語ラップの中でどのようなものだったのか知らないが、少なくとも主流ではなかった。音質の悪い千円シリーズはかなり侮られていたと記憶している。

やがて彼が企画する日本語ラップ中心のイベントやMCバトルブームにうまく合わせたチーム制でのバトル大会の成功、またレーベル所属の若手ラッパーたちのメジャーへの浮上もあいまり、彼の発言力が強まり、同時に主流とまではいかないにしろ、一目置かれるようになる。

ダースレイダーのブログを読むと、東京だけではなく地方にもヒップホップの面白さを伝えようと懸命に取り組んでいるのが分かる。その頑張りは尊敬に値する。革命はひとりの先導者が唱えれば成し遂げられるものではなく、彼のように優秀で勤勉な人間がいてこそ成功するのだ。

それはともかく昨年の4枚目のアルバム『俺ガレージ・ORGANization』はひとりで孤軍奮闘していた3枚目とは違い、ダメレコメンバーが集結し、音的にはタイトル通りにオルガンに焦点が当てられ、ファンキーさの強化が図られたものだった。オルガンネタが成功だったのかは疑問だが、何曲かはすてきな曲もあった。

そして本作の話。今回は近しいラッパーはメテオやインダラ、カルデラビスタだけで、あとは主に関東で活躍し、ダースレイダーとはクラブで出会い、話を交わし、シノギを削りあってきたのだと思われる12人のラッパーが客演している。インストを抜いたラップ曲のうち、完全なるソロ曲はM1「WOOO!!!」だけだ。

さんピンCAMPの生き残りヨシピー・ダ・ガマ、吉祥寺のGOUKI、神奈川・相模原のSD JUNKSTAからはNORIKIYOとSITE、R-RATED RECORDSのCEO・RYUZO、AZUKI RECORDSからキリコ、横浜のSTERUSSのふたり、女性ヒップホップグループDERELLAのMACSSYとMIHO、そしてZEN-LA-ROCK。

これだけラッパーが集められれば、どうしてこの人がこの面子の中に選ばれるだろうというような素人臭いラップを聴かされることにもなる。サイトとミホにはげんなりさせられた。

総勢15人の客演を従え、日本語ラップ界で目立つ存在になった彼が表現するのは、以前のオルタナティブな立ち位置からのヒップホップではなく、ヒップホップという文化や歴史、はたまた日本語ラップのあり方について、かつてのYOU THE ROCK★のごとく、教育しようというものだ。

ヒップホップの一側面でもあるグラフィティアートのすごさを語り、レコード文化の衰退を嘆き、元ネタにある曲のオリジナル盤とリミックス盤を使うことで、ヒップホップの独特な面白さを伝えようとする。レコード屋やメディアに踊らされるなとの教えも忘れてはいない。神と称えられた男だって間違いを犯すことがあると警告する一方で、日本語ラップの歴史に多大な功績を残した先輩を逆フックアップ。親への感謝を捧げる曲は数多くあれど、視点をずらすだけで誰も想像し得なかった独自性を獲得できることや、KEN TEH 390が心して聴くよう、女性ボーカルにフックを歌わせても甘くなることなく、かっこいいヒップホップができることを身をもって証明してみせる。もちろん彼が主催するイベントがそうであるように、ヒップホップが最高のパーティミュージックであることを誇らしげにラップする。

今のダースレイダーのポジション的にも当然の内容だったり、客演陣の豪華さだったりするのだろう。脂の乗った音や言葉、ラップが味わえる。悪くはない。ヒップホップは楽しい音楽だと思うし、ロックやポップミュージックにはあまり見られない若者を教育する独特な色合いがよく出ている。ただ、サードアルバムを気に入り彼の音を聴き始めたせいか、ひとりの表現者として好き放題やったアルバムを聴きたくなるのも事実だった。



1曲だけ内容に強い不快感を覚える曲がある。5曲目のJAPANESE WILDSTYLE faet. SITE & NORIKIYO」である。まずダースレイダーがグラフィティアートのかっこよさを伝え、2ヴァース目でサイトが自身の体験を踏まえたラップを披露。最後のノリキヨはライター視点でその痛快さから逮捕までを赤裸々にラップする曲だ。

各ヴァースの前に3人での会話が挿入される。3ヴァース目の直前を引用。まずダースレイダーが話を振る。"あ、そういえばさ、このあいだの新幹線のやつ知ってる?"。おそらくサイトが答える。"あ、見た見た。****でしょ? ジンガイでしょ?"。ノリキヨが続ける。"外人がマジで俺たちのシマを荒らすんじゃねぇよ"。

この短いスキットの後、ノリキヨのラップが始まる。シャッターを始め、街中に落書きをしていく。夜中に電車の側面に描き込み、"始発のそれは俺のモンだぜ 朝一速攻でダイヤが乱れる"と誇るしまつ。最後には警察に捕まるところまで描写されるが、出られたらきっと"FUCK POLICE!"と描くさと息巻いて終わる。

もうねぇ、あきれるしかない。車窓から見える中野駅周辺の落書きの汚さや渋谷を歩けば嫌でも目に飛び込んでくる殴り書きされたタグの多さにはうんざりしているからだ。ダースレイダーがラップする"落書きってアートなんだぜ"に当てはまるグラフィティアートなんてものはほんの一握りしかない。街に殴り書きされているあれは落書きでしかない。存在を主張するためなのか、こんな高い位置に描けた自分が偉いと誇りたいのか、本当にいろんなところに点在するわけだが、まさに"オス猫がやるマーキングと同じ"。"猫が縄張りに尿を吹きかけるのも、スプレー行動"というらしい。笑える話だ。

サイトのヴァースに登場する桜木町の高架下は確かにすごかった。あれが見たくて、わざわざ横浜駅から桜木町駅まで歩くこともあった。ピンポン球を横並びにくわえた男のポスター(絵だったのかな)が全面に貼られたコラージュのような壁面は今でも鮮明覚えている。あれはアートだった。何より良かったのは横浜市以外には誰にも迷惑をかけていなかったことだ。

しかし、落書きは商店のシャッターや民家の壁に等しくぶちまけられ、見る者を不快にする。逮捕されたライターが親に"お前はカスだ"といわれたとノリキヨは続ける。本当にカスだと思う。反権力闘争としての反社会的行為であるならば、なにがしかの意味があるのかもしれない(監視カメラ付き自動販売機への落書き行為など)が、ただのマーキング行為で市井の人々の暮らしに混乱をきたすような表現が"芸術"などとは論外だ。

これを書いていて自分でも"平凡な理屈"だとは思うけれど、不快以外のなにものでもないので仕方ない。(なお、" "で囲った文章はラップからの引用以外は、伊坂幸太郎の『重力ピエロ』から。ライターの末路が笑える小説でもある)
2009.08.06 Thursday 23:59 | 音楽 | comments(10) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.11.16 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
ノリキヨは、あなたの言うただの落書きじゃなくて
一握りのHIPHOPなアートをラップしてるんだと思います。
D | 2009.08.16 Sun 06:15
D様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

商店のシャッターや電車に描かれた、ひと握りのヒップホップなアートについてラップしているのでしょうね。
gogonyanta | 2009.08.16 Sun 17:23
個人的に「日本語ラップ」という呼称は、トラックよりもラップ偏重の日本の現状を象徴しているようで、あまり好きではないのですが、みなさん日本語ラップ好きを自称してるだけあって、歌詞をよく聴いてらっしゃいますよね。
私も "JAPANESE WILDSTYLE" は SDP のミックスCDに入っていたのでけっこう聴いていたのですが、歌詞とか気にしたことなかったんで。

ということで、いきなり横道から入ってあれなんですが、 gogonyanta さんの記事を踏まえて歌詞を気にしてこの曲聴きなおしてみたんですが、この曲での NORIKIYO のラップは、自分らのシマを荒らす外人、もしくはグラフィティを落書きに貶めている奴を皮肉ったものなのではないかと。
まぁ SDP 好きの人間なんで贔屓目もあるでしょうし、特に gogonyanta さんの意見を否定する気もないんですが・・・。
shooter | 2009.08.16 Sun 21:40
私はgogonyanta氏がヒいた気持ちが分かる。
“始発のそれは俺のモンだぜ 朝一速攻でダイヤが乱れる”と誇るのは、正直「どうなの?」って思います。

まぁ、グラフィティ自体は一種の芸術なんだと言われれば そうなんですが、多大な人々に迷惑を掛けてまで行う事が芸術だとしたら理解できない。
状況は違えど、見ず知らずの奴に自分の家の前でそんな落書きされたら憤慨しますよ。
挙げ句の果てには電車にスプレー。
それで大事な仕事に行く人が遅れたら責任とれるのか?と。
芸術は道徳観を淘汰した表現の素晴らしさもありますが、実際に法に触れる事とは違う。
気が狂ってると謳われ、奇特な行動を起こしても法に触れないのなら芸術の許容でしょう。
例えば、映画の演出として人が殺されるシーンがある作品は(作品にもよります)芸術の一環だと思いますが、実際に人を殺めた殺人犯の行為を芸術だとは思いません。
芸術の明確な線引きが無い以上、根底的な思想や趣の違いなんでしょうが、私は理解できない。

コレに関しては「俺は万引きしたぜイエーアー」「人を殺したくらいで何だよポリス」くらいの馬鹿さ加減と理不尽さを感じます。

別にNORIKIYOは嫌いじゃないですが、この歌には私も嫌悪感を抱きました。
ダースレイダーの“落書きってアートなんだぜ”も絵画を嗜む身から共感はしますが、結局はgogonyanta氏の言う通りに一握りしかない。
グラフィティを望むなら自分の土地なり、描いていいと指定された箇所なり特定の場所のみでお願いしたい。
それが無理なら紙に描いてろしか言葉が見つからない。
俺は関西人 | 2009.08.17 Mon 23:04
shooter様

こんばんは。
どうもです。

"日本語ラップ"という言葉についての賛否両論は分からなくもないですね。私もトラックメイカーのインストアルバムには"日本のヒップホップ"というくくり方をするのに、ラップアルバムについては"日本語ラップ"としてしまうのも確かに変な話です。

まあ、それはともかく歌詞を意識して聴くのは、単純に言葉が好きだからなんでしょうね。自分語りになりますが、そもそも洋楽ロックを聴いていたのが、スピッツが大ヒットしたときにそこで日本語詩の美しさ、豊かさ、面白さに初めて気づき、邦楽を聴き始めたという経緯があり、日本語でラップされる日本語ラップを聴いたときにも音よりもフロウよりも歌詞に耳がいくのは自分の中では至極自然なことなんですよね。

> いきなり横道から入ってあれなんですが、

shooterさんのブログのスタイルをコメントでも取り入れてくださり、ちょっと嬉しかったです。

> NORIKIYOのラップは、自分らのシマを荒らす外人、もしくは
> グラフィティを落書きに貶めている奴を皮肉ったものなのではないかと。

ああ、全く考えなかったですねぇ、その可能性は。NORIKIYOの視点がわざわざ来日して電車に描いていく外国人だったり、ただの落書きにしか思えないレベルのものを描いてグラフィティライターと称している人間のものとするわけですね。

いわれてみると、確かに面白いです。ノリキヨのラップを熱心に聴いたことがないので、分からないのですが、他にもこの手の皮肉を利かせる曲があるなら、その可能性はより高まりますね。

"橋桁、シャッター、街中に着火 気をつけな young gun
 頭文字なら『S』Dさ キスしなケツに 電車にhit 真夜中の鉄人"

ヴァースの冒頭です。歌詞カードからそのまま抜き書きしました。私が肯定的な意味あいでラップされていると思ったのは、曲の方向性やノリキヨのラップ全体での印象から来るものでしたが、細かくいえば、"SD"とクルー名を出していることからそう思ったのです。クルーの中のライター視点なのかなと。

自分が考えもしなかった視点を得られるのはブログの面白さのひとつです。shooterさんにはいつもホントに感謝しています。



俺は関西人様

こんばんは。
連続でコメントをいただき、ありがとうございます。

グラフィティアート自体は数本のスプレー缶だけで見る間のうちに躍動感に溢れ、デフォルメ具合も大胆で非常にユニークな作品ができあがるという面白いさがあって嫌いではないんですけどね。先日行った渋谷ブロックパーティでも実演しているのを見ていたのですが、やっぱり面白かったです。

器物損壊や不法侵入など違法性を帯びる表現は難しい問題がありますよね。違法行為だからその表現形態が全て悪だとは思わないのですが、関係のない一般人に迷惑をかけていることは大問題だと思います。
gogonyanta | 2009.08.18 Tue 00:43
>gogonyanta様

私もグラフィティアートは嫌いじゃないですよ。
ただ、gogonyanta氏が出向いたブロックパーティーも個人の持参した紙(?)だったり、許可の下りた箇所だったり場所を弁えて各々で嗜んでいるのを見ると今作で聴いたNORIKIYOの行為は個人的には受け入れられませんでした。(特に電車の件)

少し話が極端になりましたが、「人に迷惑を掛ける行為を芸術と呼びたくない」というのが言葉そのままで私の意見です。
グロ描写でも性的描写でも暴力描写でも映画など創作を媒体にした中での表現に納まるなら むしろ歓迎です。
(代表的なのが「SO」シリーズやスタンリー・キューブリック監督の作品など。)

あと、今作の視点はNORIKIYOサイドのものだと思われます。
先日もNORIKIYOが地方ライブに来た際に新幹線に落書きをして警察に連れて行かれてライブ開始が遅れた事件があったので。
俺は関西人 | 2009.08.18 Tue 01:17
僕は音楽って映画やドラマと同じくエンターテイメントだと思ってるんですよね。
リアルやノンフィクションを求めるというよりフェイクやフィクションを混ぜながらかっこいい表現や面白い表現を楽しむものだと思っています。
ラップって映画でいうところのフェイクドキュメンタリーという側面が強いと思います。
そこでは人に迷惑をかけるような犯罪だったり青少年に悪影響を与えるような事を自慢しながら歌うって事も僕は気にならないし、
その歌い手の自称別人格が殺人をしてしまうというような内容でもエンタメとして捉えています。
NORIKIYOが所属するSDPにグラフィティライターがいるという事も知っていますし歌われている事が事実だとしても、
音楽というアートフォームに落とし込まれている限りその曲はアートでありエンターテイメントであると僕は考えます。
でもだからといってミュージシャンは犯罪を犯しても良いとは思っていませんよ。
罪は償うべきだし警察には捕まえてほしいと思っています。それが落書きであろうと大麻であろうと。
まぁ僕にもあらすじとは別の部分で不快に感じる映画やドラマそして音楽も沢山あるんですけどね(笑)

このダースのアルバムは買ってないんですがJAPANESE WILDSTYLE faet. SITE & NORIKIYOはMIXCDで聴いていました。
僕はダースのラップ特に声が苦手であまり好きではないんですがそれよりもSITEのラップは酷いですよね。。。
まぁヘタクソでも参加しちゃうのがSDのノリなんでしょうかね。

関係ないですがNORIKIYOの2ndは傑作ですよ。まだ未聴でしたらぜひ聴いてみて下さい。
人に迷惑をかけるような犯罪行為についてもラップしていますがその表現方法が面白いですしとても刺激的でスリリングな曲を楽しめます。
あと時々入る詩的な歌詞にグっときてしまうんですよね。
これはSEEDAの魅力に少し似ているかもしれません。
絢 | 2009.08.18 Tue 08:50
俺は関西人様

こんばんは。

> 先日もNORIKIYOが地方ライブに来た際に新幹線に落書きをして
> 警察に連れて行かれてライブ開始が遅れた事件があった

これってすごいですね。彼本人が描いたのか、クルーに所属するライターがなのかは分かりませんが、ラップそのままなんですね。いやいや驚きです。



絢様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 音楽というアートフォームに落とし込まれている限り
> その曲はアートでありエンターテイメントであると僕は考えます。

その通りですね。私が嫌悪感を覚えたのは、ノリキヨのラップがあまりに巧みだったためでしょう。実体験であれ、彼に近い仲間の体験であれ、グラフィティアートの実態を生々しくラップしたという意味では評価できます。

ただ、それ故に日々汚い落書きを見させられて憤っている身には反発しか覚えなかったのでしょうね。絢さんが書かれた、"別の部分で不快に感じる"ってやつだと思います。

> NORIKIYOの2ndは傑作ですよ。まだ未聴でしたらぜひ聴いてみて下さい。

結構薦められるんですよね。以前あった日本語ラップサイトCOMPASSではファースト、セカンド共に高評価でしたし、聴かなくてはと思うのですが、出会いが悪かった分ああだこうだいいわけをつけてここまでズルズル来てしまいました。"SEEDAの魅力に少し似ているかもしれません"と書かれるとさすがに気になりますし、頑張ってみます。
gogonyanta | 2009.08.20 Thu 00:59
ジャジーヒップホップのレビューもしているニャンタ氏としてjazzy hip hop is deadはどう思いました?
碧いうさぎさん | 2009.08.22 Sat 23:05
碧いうさぎさん様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

メディアが作り出したり、売り手が便宜上ひと括りにして、便利なレッテルを貼り付けたりといったことは昔からあります。イギリスでOASISが盛り上がったときはオアシスやBLURを中心にブリットポップと呼んだり、米国でNIRVANAが出てきたときはグランジなんて言葉が誕生しました。売る方も紹介する方も言葉があると楽なんでしょうね。

ミュージシャンにとっては不快なのでしょうが、受け手にとっては分かりやすい記号ですし、便利で良いのではないでしょうか。彼らがどう思おうと便利な言葉ならずっと残りますし、グランジのようにあるいはブリットポップのように駄目なら死語になると思います。

あと、ジャジーヒップホップといわれる音楽は私自身は嫌いではないです。きれいでオシャレで使える音楽です。
gogonyanta | 2009.08.25 Tue 03:11
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2917
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中