すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< キャデラック・レコード ~音楽でアメリカを変えた人々の物語~ / Cadillac Records | main | 蘇部健一『六枚のとんかつ』 >>
YA-KYIM『HAPPY! ENJOY! FRESH!』

2009年8月19日リリースのサードアルバム。

ビクターエンタテインメントからワーナーミュージック・ジャパン内レーベル・Real Noteへ移籍後、初となるアルバム。YA-KYIMは、ALISA、MIKU、YURIEの女性3人組グループで、幼友達だった彼女たちは、12歳(1999年)のときにBBOY PARKにダンサーとして参加したことをきっかけに活動を始めた。YA-KYIMと名乗り始めたのは2002年から。(ウィキペディア参照)

結成のきっかけがBボーイパークということもあるのだろうが、あのイベントに行けば必ず見られるグループなのだけど、音源を聴くのは初めて。ライブで見ていたので、どういう音楽性かは分かっていたわけだが、想像していたものよりはずっと聴きやすい音だった。

彼女たち、というよりも周りの大人たちが指向する音はアメリカの最新の音を取り入れたポップミュージックであり、自然とブラックミュージックが引用されるわけで、それを日本人の耳に馴染みやすいよう巧みに翻訳されて、届けられている。

3rd productionsやJeff Miyahara、カミカオルといったこの手の音の裏方として名を馳せている人たちから、RIP SLYUMEのPES、千晴らがプロダクションに携わり、また客演としてSEAMO、Spontania、童子-T、HI-Dといったチャートで勝負している面々が顔を揃えている。"six minutes of funk"との副題が付けられたM14「縁+JOY」では、CHANNELで始まり、Full Of Harmony・YUTAKA、MELLOW YELLOWのK.I.N、CUE ZEROと続くマイクリレーもある。

先にも書いたように、音やメロディはポップなものが多く、気軽に楽しむことができる。M3「たぶんきっと」では切ない恋心が歌われ、M4「キミがくれたもの」では別離を嘆く。どちらもメロディがいい。PESが提供し、ラップもしているM7「セイルアウェイ」はちょうどアルバムの真ん中に置かれ、雰囲気を変える。リップスライムでもやっていないタイプの曲調は凪いだ海のようで、ラップパートを組み込む必要があったのかは疑問だ。

その後もJeff MiyaharaとSpontaniaが手を組んだM8「ト・モ・ダ・チ」も嫌みのないラップと親しみやすいメロディで好感触。M9「コイノヨロコビ」は完全なポップソングで少し異様だが、この先こっちの路線もあるということなのかもしれない。最も良かったと思えたが、M11「"新"呼吸」。MIKUのラップから始まる曲で、Dragon AshのKjがメロウな曲でやるような自然体のラップに似ていて、これも悪くない。

ライブを先に見ていることもあって、彼女たちの歌声はどうみても加工処理が施されていることは明らかなわけだけど、まあそこは実際の歌唱力で歌われても聴く側としては聴き苦しくて仕方がないわけだから、修正も致し方ないのだろう。ただ、MIKUラップについては歌唱力よりは期待できるのかなと思う箇所がいくつかある。まあこれはダメでしょ的なところも同じぐらいあるわけだけど。

今回は移籍第一弾アルバムということでかなり強力なバックアップ体制が敷かれたわけで、だからこそ聴ける作品にもなっている。今後この恩寵をいつまで受けられるかでグループの存続までが決定されそうであり、よくある話ではあるのだけど、何だか不幸だなと同情してしまう。


しかし、ジャケットの右端の人ってライブだとロングの黒髪を振り乱して踊っている人だよね。歌唱力とは反対で、顔は実際の方がいいね。


***************************
2005.04.20 1st SG『Clap 'n Clap』
2005.08.03 2nd SG『Happy the globe』
2005.12.07 3rd SG『Elec-Trick』
2006.03.08 1st AL『STILL ONLY ONE』
2006.08.02 1st mini AL『Keep YA Style』
2006.11.01 4th SG『BEAUTY×BEAUTY』
2007.02.07 5th SG『Superstar』
2007.03.07 2nd AL『Can YA Feel?』
2008.05.28 6th SG『Super☆Looper』
2008.12.03 7th SG『"RESPECT" 4 tracks E.P.』
2009.07.08 8th SG『たぶんきっと / HAPPY FACE (love ver.)』
2009.08.19 3rd AL『HAPPY! ENJOY! FRESH!』
***************************
2009.08.31 Monday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.08.23 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2942
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中