すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< Superfly『恋する瞳は美しい / やさしい気持ちで』 | main | スピッツ『君は太陽』 >>
KEN THE 390『Hey Boy feat. 童子-T』

2009年8月12日リリースのセカンドシングル。

8月24日付オリコンシングルチャートで初登場145位。売上枚数460枚。

言葉もない。もちろん初週の動きしか分からないわけで、発売から1ヶ月が過ぎようとしている現在ではもう少し売れただろう。笑えない話ではあるけれど、KEN THE 390は、先日のBBOY PARKのMCバトルで軽く460人以上のヒップホップ好きを驚嘆させていた。ということは、ラップが商売にならないだけってことなのか。ああ、何のフォローにもなっていない。

冗談はともかく、Bボーイパークで彼を見直したという気持ちが芽生えたためか、発売直後に聴いたときはこりゃダメだと思った本作だったが、改めて聴いてみると意外に評価すべき真っ当な作品なのかもしれないと思い始めてしまった。本当はおまけ的にIT'S A DEMOシリーズの第4弾「The Choice Is Yours」も併せて腐してしまおうと思ったけれど、時期もずれたしあれは聴かなかったことにする。


表題作の1曲目はトラックがいい。鍵盤の旋律が麗しい。ラップに興味がない人でも取り込んでしまう親しみやすい上音にはメジャー感が溢れ、同時に無骨なヒップホップビートを忘れていない。BUZZER BEATSがよく頑張った。R&B関係からの依頼が多く舞い込みそうだ。

主役のラップはここ最近のスタイルのままで、だんだん耳に馴染んできたような気がする。一方の童子-Tも慣れてきたように思うのだけど、"行こうぜビッと いつかきっと"なんてぎこちなく踏まれると辛辣な言葉しか生まれない。もっと真面目にラップしようよ。"ジェラってグチっても何も変わらない"と強がるのではなく、"耳済ませ仲間達の言葉"と自分で至言をひねっているのだから、謙虚に仲間の助言を大切にした方がいいと思う。

M2「続・超・ラップへの道 feat. TARO SOUL & DEJI」と、M4「Supernova feat. TSUBOI & 千晴」は仲間をフックアップしつつ、十二分に自分の実力を出し切った曲なのだろうが、ライブで先に聴いているだけに、このスタジオ版では満足できない。もっと迫力があり、唾が飛び、汗が散っていた。そういった熱さがこの音盤から伝わってこない。MCバトルでのあの漢に向かっていく鼻っ柱の強さも含めてだけど、アーティストとしてとても大事な要素を作品に封じ込めていないのはかなり問題だと思う。渋谷の小バコでもあの広い代々木公園の野外音楽堂でも大勢の人を魅了した実力は確かにあるのだ。

聴きどころは、M3「ONE DAY」。STERUSSのKAZZ-Kが1ループのこれ以上ないっていうぐらいに叙情性に満ちたトラックを提供している。ステルスで使うには少し派手で、メジャーレーベルの彼にぴったり。その上に乗る彼のラップにも取り立てて不満はない。優男的な風貌の彼に似合いのやさしく前向きなリリックは好印象だ。この曲をA面にするべきだった。


どの曲も聴きやすいし、それぞれに違う趣向を取り揃えているわけで、頑張ったシングルだと思う。でも、もう少し売れないとアルバムが出せなさそう。アメリカでこの数字だと、アルバムは確実にお蔵入りだね。
2009.09.05 Saturday 23:58 | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.04.19 Wednesday 23:58 | - | - | -
コメント
始めまして。いつも更新を楽しみにしています。

>8月24日付オリコンシングルチャートで初登場145位。売上枚数460枚。

驚きました。
今、マジでCDが売れないんですね。
ラップっていう一般人にアピール力の乏しいジャンルという事を
差し引いても。
日本語ラップ聴きそうな若い子はダウンロードする世代でしょうし…

音楽一本でガッツリ稼いでるのがインディーだとblue herb、
メジャーだとkrevaしかいないというのがアレですね。
俺は2000年代初頭に10代だったんで
dragon ashとzeebraでがーっと日本語ラップが認知されて
ニトロやオジロザウルスや妄想族が注目されて…
って状況から考えると悲しいっすね


>MCバトルでのあの漢に向かっていく鼻っ柱の強さも含めてだけど、
>アーティストとしてとても大事な要素を作品に封じ込めていないのはかなり問題だと思う。
>渋谷の小バコでもあの広い代々木公園の野外音楽堂でも大勢の人を魅了した実力は確かにあるのだ。

彼のフリースタイルは本当に凄いんですよね。
4年前にMSCの漢主催のMCバトルで390を始めて観て、
コイツはすげえと思って音源を聴いてみたら…
gogonyantaさんと同じ感想を抱きました。
ササフラス | 2009.09.10 Thu 22:08
ササフラス様

こんばんは。
はじめまして。

> 今、マジでCDが売れないんですね。

ササフラスさんもお書きになったようにDLによる購入もあるのでしょうが、売れてるCDはしっかりと売れてるわけなんですよね。嵐とKEN THE 390を比較するのも問題ありですが、かたやベストアルバムの初動が75万枚だったりするわけです。みんな欲しいものだけを買って、どっちにしようか迷うような作品には財布の紐をシビアにしてるのかもしれませんね。

> 音楽一本でガッツリ稼いでるのがインディーだとblue herb、
> メジャーだとkrevaしかいないというのがアレですね。

インディーズかメジャーなのか分かりませんが、AK-69が意外に健闘してます。今週のアルバムチャートで初登場10位。売上枚数も1万5千枚です。ああいう音も売れるんですね。

ケンザ390は女性ボーカルを客演に呼ぶという搦め手も今回のような正攻法も通じなかったわけで、ここはもう評判の良かった先日のBBOY PARKをそのまま音源にしてシングル化すれば面白いのに。リリック起こしもちゃんとやって。これだけ売上が悪いと次がなさそうで、本人に問題ありとはいえ同情してしまいます。
gogonyanta | 2009.09.11 Fri 01:57
>>ここはもう評判の良かった先日のBBOY PARKをそのまま音源にしてシングル化すれば面白いのに

ちょっとそれいいなぁと思いました。
今回のシングルより売れそうですねぇ。
すいっこ | 2009.09.12 Sat 20:20
すいっこ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> 今回のシングルより売れそうですねぇ。
ですよね。彼は滑舌がいいのでだいたいは聴き取れるのですが、でもやっぱりリリック起こしがあると助かりますね。ところで、さっきふとTARO SOUL & KEN THE 390のセカンドアルバムに付いてきたタワレコ特典曲を聴いてたんですけど、ラップがフリースタイルの時みたいに尖っていてかっこいいんですよ。彼は路線を間違えているような気がしてなりません。
gogonyanta | 2009.09.15 Tue 00:51
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2949
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中