すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< THIS IS PANIC『THIS IS PANIC 01』 | main | 8th Wonder『ヴァルハラ』 >>
AK-69『THE CARTEL FROM STREETS』

2009年9月2日リリースのサードアルバム。

オリコンの2009年9月7日付アルバムチャートが発表されたとき、日本語ラップファンなら誰もが目を疑ったと思う。第10位にランクインされていたのが本作だったからだ。ZEEBRAやKREVAなら分かるが、"どりゃ"だとか"~だて"とラップしている名古屋人ラッパーが前作よりもさらにその数字を伸ばし、10位以内に食い込んだのだ。快挙とはまさにこのこと。春先に、インストジャムバンドSPECIAL OTHERSが『PB』で同じく10位になったときよりも驚きは大きかった。

というわけで、AK-69はすごい。リリックでも、"テメーを信じた俺が勝者"と自画自賛しているように、どれだけ中身がなく通り一遍のラップであっても、CDの売上が軒並み減少している中での初動1万5千枚は立派。立派すぎる。このアルバムを買った人たちが1万5千人もいたという事実が本当に衝撃。実に夢がある話だと思う。

1万5千枚という数字がどれほどすごいのか他のラッパーの売上と比較してみれば一目瞭然だと思い立ち、ネット上に転がるデータを参考に、2007年から今年にかけて発表された主要なアルバムの初動枚数を調べてみた。あくまでもオリコンが集計している、発売週の売上枚数であり、累計枚数とは異なる。また、日本語ラップの場合は宣伝等がしっかりなされていない場合がほとんどで、発売されてからしばらく経って購入することの方が多いと思う。よって最終的な売上は実際の数字とは異なるだろう。というか、異なって欲しい。

なお、思ったよりもリストが長くなってしまったので、俗にラップはするけれどもヒップホップではないとされるポップグループはこの記事の最後にまとめた。日本語ラップ村の売上とは数字が違いすぎて悲しくなるほどだ。


63,414枚 / 童子-T12 Love Stories』(3位) 08.10.06付
  cf. 『ONE MIC』 4,951枚 (33位) 07.09.10付
48,464枚 / RIP SLYMEJOURNEY』(4位) 09.06.22付
  cf. 『FUNFAIR』 69,484枚 (2位) 07.12.10付
     『EPOCH』 78,012枚 (5位) 06.12.11付
     『MASTERPIECE』 162,726枚 (2位) 04.11.15付
46,896枚 / KREVA心臓』(4位) 09.09.21付
  cf. 『クレバのベスト盤』(best AL) 58,226枚 (4位) 08.03.31付
     『よろしくお願いします』 77,061枚 (6位) 07.09.17付
     『愛・自分博』 97,461枚 (1位) 06.02.13付
     『新人クレバ』 62,017枚 (4位) 04.11.15付
44,207枚 / DJ KAORIDJ KAORI'S JMIX II』(邦楽) (5位) 08.11.10付
  cf. 『DJ KAORI'S INMIX IV』(洋楽) 18,045枚 (9位) 08.12.15付
     『DJ KAORI'S PARTY MIX』(洋楽) 18,583枚 (8位) 09.06.08付
26,300枚 / TERIYAKI BOYZSERIOUS JAPANESE』(3位) 09.02.09付
  cf. 『BEEF or CHICKEN』 54,171枚 (4位) 05.11.28付
22,262枚 / SEAMOSCRAP & BUILD』(10位) 08.12.08付
  cf. 『Stock Delivery』 10,241枚 (20位) 08.06.30付
     『Round About』 56,109枚 (2位) 07.11.12付
20,963枚 / RHYMESTERメイドインジャパン』(best AL) (6位) 07.02.12付
  cf. 『HEAT ISLAND』 13,832枚 (21位) 06.03.20付
15,319枚 / AK-69THE CARTEL FROM STREETS』(10位) 09.09.14付
  cf. 『TRIUMPHANT RETURN』 3,813枚 (34位) 08.02.04付
14,753枚 / LGYankeesNO DOUBT!!! -NO LIMIT-』(8位) 08.09.29付
14,062枚 / ZEEBRAThe Anthology』(best AL) (9位) 08.09.29付
  cf. 『World Of Music』 11,747枚 (11位) 07.10.29付
     『The New Beginning』 36,956枚 (6位) 06.02.27付
12,859枚 / THA BLUE HERBLIFE STORY』(15位) 07.06.04付
  cf. 『STRAIGHT YEARS』(SG) 3,426枚 (35位) 09.06.01付
     『PHASE 3』(SG) 4,383枚 (31位) 07.04.02付
     『SELL OUR SOUL』 10,090枚 (29位) 02.06.03付
9,784枚 / DJ PMXTHE ORIGINAL』(23位) 08.07.07付
  cf. 『ロコハマ・クルージング 002 mixed by DJ PMX』 6,245枚 (22位) 09.03.30付
8,198枚 / N.M.U.NITRO X 99-09』(best AL) (11位) 09.08.17付
  cf. 『BACK AGAIN』(miniAL) 9,612枚(2週分) (46位) 08.12
     『SPECIAL FORCE』 14,642枚 (10位) 07.11.19付
     『STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND』 50,141枚 (4位) 04.09.06付
7,046枚 / DS455CHECK THA NUMBER』(18位) 09.08.10付
  cf. 『Risin'To Tha Sun』 7,418枚 (25位) 07.07.16付
6,527枚 / マボロシマボロシのシ』(25位) 09.04.06付
  cf. 『ラブシック』 5,531枚 (37位) 07.11.26付
5,994枚 / MicroSPACE RHYTHM 1』(miniAL)(16位) 09.05.18付
  cf. 『「青い糸 / カモミールの糸」SPACE RHYTHM 1.5』 3,929枚 (29位) 09.07.13付
5,876枚 / 般若HANNYA』(23位) 09.07.06付
  cf. 『ドクタートーキョー』 5,533枚 (34位) 08.08.04付
4,215枚 / COMA-CHIRED NAKED』(34位) 09.02.16付
  cf. 『LOVE ME PLEASE!』 4,022枚 (35位) 09.06.22付
4,207枚 / Shing02歪曲』(42位) 08.06.30付
3,681枚 / スチャダラパー11』(47位) 09.04.06付
  cf. 『CON10PO』 3,925枚 (34位) 06.11.13付
3,650枚 / DABOI'M THE BEST』(bestAL) (44位) 09.02.09付
3,470枚 / MICROPHONE PAGER王道楽土』(39位) 09.02.02付
3,382枚 / Miss Monday 『Love & The Light(w/a white lie)』(23位) 09.04.20付
  cf. 『KISS THE SKY』 1,066枚 (197位) 07.12付
3.277枚 / DJ BAKUTHE 12JAPS』(44位) 09.08.03付
3,134枚 / SEEDASEEDA』(33位) 09.06.01付
  cf. 『HEAVEN』 2,825枚 (66位) 08.02.11付
3,105枚 / WISELOVE QUEST』(40位) 09.06.08付
  cf. 『太陽の子供』 3,231枚 (56位) 07.10.22付
2,826枚 / ANARCHYDream and Drama』(59位) 08.09.22付
2,803枚 / LITTLE"Yes"rhyme-dentity』(44位) 08.05.19付
  cf. 『LIFE』 5,683枚 (45位) 05.07.04付
2,750枚 / MCUSHU・HA・RI ~STILL LOVE~』(59位) 09.03.23付
  cf. 『A.K.A.』 10,112枚 (15位) 07.07.02付
2,427枚 / らっぷびとRAP MUSIC』(68位) 09.03.23付
  cf. 『RAP BEAT』(miniAL) 3,746枚 (37位) 08.08.18付
2,172枚 / "E"qualTV Crushman & Radio Jacker』(91位) 08.12.08付
1,634枚 / NORIKIYOOUTLET BLUES』(87位) 08.09.01付


リストを作ってみて、色々思うところはあるけれど、気づいたことを簡単に。童子-Tの『12 Love Stories』は6万からスタートして結局20万枚突破したわけで、ロングで売れたということは日本語ラップ村の住人がいくら批判しても、世間からは支持された格好だ。リップスライムの落ち込みようは酷いが、稼ぎ頭のクレバやシーモも売上を落としているわけで、音楽業界全体の低迷と同期しているのだろう。

ライムスターの2万枚はベストアルバムだからこその数字であり、オリジナル作品だと1万枚レベル。ザ・ブルーハーブやジブラのオリジナルも現在はこの辺りと考えると、日本語ラップは売れても初動1万枚台と考えた方がいいのかな。今回の主役AK-69もこの域に達したわけで、1流の仲間入りだ。

選曲内容までは知らないが、邦楽をミックスさせたDJ KAORIのミックスCDの売上は驚異的。洋楽のミックスにしても数字を伸ばしているわけで、人気DJのようだ。一度も聴いたことないけれど。ここには書かなかったが、DJ Lily名義で同じようにミックスを出しているDOUBLEもそれなりの数字を上げている。コンピ物は以前から売り上げがいいわけで、その層がついているのだろうか。

いわゆる"ウエッサイ"と呼ばれる人たちは結構売り上げていると聞いたことがあるが、初動枚数だけ見れば、それほど際立っているわけではない。DJ PMXのファーストソロアルバムが本隊DS455よりも売上が良いのはKayzabroの心境やいかにといったところだが、それでも1万枚には到達しなかった。

メジャーであれインディーズであれ、日本語ラップ村出身という出自のしっかりしたラッパーたちにとって、このリストを見る限りでは、"売れた"とする水準は3000枚レベルだろうか。ダボ、スチャダラパー、シーダ、DJバクといった名前が並んでいる。そんな中で5千枚後半を叩き出した般若はひとり飛び抜けている。シンゴ2よりも売上の良かったコマチはこうして見てみるとよく健闘している。

しかし、3000枚前後の売上では、諸々のマージンがさっ引かれるメジャーにいるのと、インディーズのままでいて売上即収入になるのとどちらがいいのだろう。

リトルのアルバムは良盤だったが、数字は良くない。それもよりも下のMCUは前作との差が激しすぎる。AK-69と同郷のイコールはずいぶんと水をあけられたものだ。最新作の『DOPE BOY』は順位が低すぎて調べられなかった。



さて、AK-69のアルバム。とはいえ、ここまででかなり長い記事になってしまっているので簡潔にいきたい。

全18曲収録されて約70分。数字を見れば長いように感じるが、3分前後の曲が多いためにサクサクと進んでいく、またトラックが総じて華やかで、かつフックではラップでのだみ声とは違い、甘い歌声を披露してくれるため、スムースに聴ける。よってアルバムは思ったよりもすぐに終わってしまう印象だ。

内容は、前作の成功に裏付けされた成り上がり節全開で相変わらずオレがオレがである。ジブラでも最近は描かなくなった豪勢に浮かれ騒ぐ曲もあり、アナーキーの成り上がり妄想曲とは異なり、実績がある分説得力がある。貯蓄しておけよとは思うけど。ARIAを招いたM17「The Last Song」ではそんな柄かよとは思うものの、ドンファンを気取ってみせて、微笑ましい。

定番の地元讃歌では名古屋のヒップホップ的名所を案内してくれているらしい。ヒップホップとは関係ない「矢場とん」しか分からなかった。AK-69を腐す"ヘイター"もののM8「They Don't Know」は、そのヘイター視点で描かれているのがユニーク。もう少しストーリーテリングの実力があれば、AK-69本人とヘイターとの違いがくっきりと分かれて面白かっただろう。

パーティでのひと目惚れを描いたM6「WAYA」は、KREVAの「瞬間speechless」と比べれば、その品の違いがはっきりする。ひょっとしたら売上の差はそこにあるのかもしれない。ただ、彼の場合は下世話さが売りだろうから、そこを変えるのは難しいだろう。品の悪さを生かしたM3「FXXk Off」やM11「C・H・A・B・A・N」はノリが良く、楽しめた。特にM3のフックは一緒に歌ってみたいほど。"Fuck off!"

派手な毎日を送ってるぜと演出する一方で、M12「ダッチ」では地に足をつけた生活を推奨している。続くM13「Skit ~追憶の夜~」では赤ん坊の元気な泣き声がかぶせられ、M12の主人公ダッチが結局彼女と結婚し所帯をもったかのように思わせる。そのままM14「And I Love You So」では、AK-69の一人称視点で描かれるも、若いときはむちゃもしたけれど、今はまともになって最愛の彼女と暮らし、"二人でおりゃあ そこは雨のち晴れ"などとお寒い言葉をひねり出す、どこにでもいるようなヤンキーカップルの幸せが歌われる。

EXILEがどうしてあれだけ売れるのか実際に聴いてみてもさっぱり分からなかったのだけど、AK-69のアルバムも全く同じだ。1万5千人もの人が手に取ったわけで、何かしらの魅力があるのだろう。童子-Tのように甘いだけではなく、威勢のいい曲もある。ただ、M14を聴いていると、これで感動したり、共感できる人間が聴いているんだろうなとは思う。


何にせよ、武器である柔らかい歌声を効果的に使い、時には歌謡曲かと聴き間違うような旋律も大胆に取り入れ、またオートチューンでコミカルさを生み出したり、曲のメリハリ、アルバムの構成の良さも相まって、聴きやすいことは事実だ。



【参照】
452,258枚 / GReeeeN塩、コショウ』(1位) 09.06.22付
  cf. 『あっ、ども。おひさしぶりです。』 377,070枚 (1位) 08.07.07付
     『あっ、ども。はじめまして。』 130,361枚 (2位) 07.07.09付
432,841枚 / ケツメイシケツノポリス5』(1位) 07.09.10付
  cf. 『ケツノポリス6』 261,510枚 (3位) 08.07.07付
85,927枚 / m-floAward SuperNova -Loves Best-』(best AL) (1位) 08.02.25付
  cf. 『m-flo inside -WORKS BEST III-』 9,170枚 (19位) 09.03.30付
84,234枚 / 湘南乃風湘南乃風 ~JOKER~』(1位) 09.04.20付
  cf. 『湘南乃風 ~Riders High~』 219,602枚 (1位) 06.09.11付
80,302枚 / FUNKY MONKEY BABYSファンキーモンキーベイビーズ3』(1位) 09.03.16
  cf. 『ファンキーモンキーベイビーズ2』 59,429枚 (5位) 07.12.24付           付
73,880枚 / BENNIE KBEST OF THE BESTEST』(best AL) (2位) 08.05.05付
  cf. 『THE WORLD』 46,381枚 (3位) 07.06.04付
40,398枚 / Lil'B今、キミへ…』(2位) 09.02.23付
25,107枚 / HOME MADE 家族"Thank You!!"』(best AL) (5位) 08.02.18付
  cf. 『FAMILIA』 30,473枚 (?位) 07.03.14付
23,749枚 / SOUL'd OUTATTITUDE』(7位) 08年2月4日付
  cf. SOUL'd OUT 『ALIVE』 58,002枚 (3位) 06.03.20付
     SOUL'd OUT 『To All Tha Dreamers』 122,126枚 (2位) 05.02.14付
     Diggy-MO' 『Diggyism』 7,929枚 (21位) 09.04.06付
12,135枚 / twenty4-7PROGRESS』(11位) 09.03.02付
9,165枚 / CLIFF EDGEto You』(14位) 08.05.26付
  cf. 『VOYAGE』(miniAL) 3,092枚 (42位) 09.06.22付
3,373枚 / nobodyknows+best of nobodyknows+』(best AL) (48位) 09.03.23
  cf. 『vulgarhythm』 6,706枚 (32位) 07.09.03付                   付
     『5MC & 1DJ』 37,975枚 (8位) 05.11.14付
2009.09.14 Monday 23:59 | 音楽 | comments(7) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.12.19 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
こんにちわ
よく調べましたね(^ ^;)

びっくりするくらい売上に差ある人いますね!nobodyknowsなんかたまげました。。。発売週の売上のようですからなんともいえませんが、人気が安定するっていうのはすごいことなんだと思いましたよ
何より有名なラッパーさんでもこれくらいの数字なんだ!?って驚きましたけど。。。
あまり聴きませんがグリンなんかとんでもないんですね!そこらでよく耳にすると思ったら桁が違うわ。。。
しかし好きなアーティストってそんなころころ変わるもんなんですかね?
そういうことじゃないか(^ ^;)

AK関係ないコメントですいません

もっと活気づくといいですね!
失礼しました。
arma | 2009.09.17 Thu 23:17
「ラップはするけれどもヒップホップではないとされるポップグループ」の中に自分達をそう思っていないグループがいることにちょっとうけましたw
DJ KAORIやSEAMOは微妙な気もしますが。

逆にブルーハーブやDJ BAKU、SHING02辺りは、それとは違う意味でファン層がヒップホッププロパーじゃないように思います。
ccc | 2009.09.18 Fri 07:54
arma様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

> よく調べましたね(^ ^;)

オリコンチャートについては詳しく統計をとっているサイトがいくつかあって、参考にさせてもらいました。そういう方たちにこそ感謝ですね。ありがたいです。

> 発売週の売上のようですからなんともいえませんが、

これは本当にそう思います。はやりの音楽というわけではないですし、結構だらだらと売られていくんでしょうね。あと、GReeeeNは80万枚を突破しました。CDの売れないこの時代にすごい数字ですよ。意味もなくポジティブなところがカラオケで受けるんですかねぇ。さっぱり分からないのですが。。。

> もっと活気づくといいですね!

そういうことですね。みんなが売れて、新作をバンバン出すような状況が来ると嬉しいです。



ccc様

こちらにもありがとうございます。

> 「ラップはするけれどもヒップホップではないとされるポップグループ」の中に
> 自分達をそう思っていないグループがいることにちょっとうけましたw

まあ、私からすれば、ラップをしているグループは全部ヒップホップなんですけどね。グループ分けをしたのは、あまりに数字が違いすぎて白けてしまうと思ったからです。
gogonyanta | 2009.09.19 Sat 13:50
(・ω・)ノ久しぶりにコメします。
アルバムの売り上げ表見てて楽しかったです。
それにしても、nobody knowsの売りあげの凋落は凄まじい・・
GREEEENのばか売れは始めて知りました。そこそこの
売れ行きのグループかと思ってた。。。。。(汗
オレンジレンジが売れてたころは「なんであんなのが?!」
ってかんじがしましたが、
ただの懐古なのか自分の感性の変化があったのか
わかりませんが、今聞くと「花」とか結構いいと
思いました。「アスタリスク」も。
GREEEENやファンキーモンキーに関しては売れてる人という実感がないです。ラップがリアルじゃないから、クラブラッパー出身じゃないからという理由ではなく、音楽としてパフォーマーとしての良さがわかりません。
何年か経てば、GREEEENの良さがわかるのかなとも
思いましたが、このグループに限ってはそれは
ないんじゃないかと思うくらい自分にとっては
存在自体がなぞのグループです・
ぱーまん | 2009.09.26 Sat 20:27
ぱーまん様

こんばんは。
お久しぶりです。

> アルバムの売り上げ表見てて楽しかったです。

ありがとうございます。色々見えてくるものがあり、面白いですよね。まあ、オリコンと契約している店舗のみの数字であり、ヒップホップの場合はwenodのような小さな店で買われることも多いわけで、実際の数字とは異なるのでしょう。それでもGReeeeNの売上は恐ろしい数字です。初動の数字は、Jay-Zの新譜とほぼ同じですからね。

オレンジレンジのメロディセンスはすごいと思います。売れてた時期も勢いがあり、悪くないのですが、今も売上は落ちたものの毎回何かしらの挑戦があり、良作を出し続けています。彼らは面白いですよ。
gogonyanta | 2009.09.28 Mon 01:08
>gogonyanta氏

返事どうもですm(__)m

僕がオレンジレンジに関して、妙に気になったというのは、
今年の夏にラジオに、オレンジレンジが新作アルバムの宣伝でゲストとして出てたときなんですよ。
何気無くラジオを聴いてたんですが、そのときに流れてた新曲とか面白くて。
トラックがいいんですよね。これはばか売れしてたときからですが。
ダブに傾倒したトラック作りをしたとか言ってて、最近のレゲエには興味ないのに
ダブだけは好きな僕としてはアンテナにかかっちゃいまして(;´д`)

あと、最近のオレンジレンジのクールダウンしたメディア露出がいい。
ジャンルは違いますが、ポップス畑におけるアティチュードが似たリップスライムがブレイクした次の年にオレンジレンジがブレイクして
リップの影が消されかけたのに、今になってオレンジレンジが影をひそめてリップが
全盛期よりメディアに出てるのがなんとも・・・

ちなみに、オレンジレンジの一番好きな曲は、映画の電車男の主題歌です。
あれは当時から好きでした。
ぱーまん | 2009.09.28 Mon 01:49
ぱーまん様

こんばんは。
お返事遅れまして申し訳ないです。

彼らのトラックのアイデアは面白いですよね。「上海ハニー」は当時叩かれまくりでしたが、あれは生音での一種のサンプリングと考えると俄然ヒップホップ的になりユニークです。ダブに関しては、いまだに理解していないのですが、新作では白血球と赤血球の歌にダブミックスとありました。

リップスライムと彼らのメディア露出についての相関関係は考えたこともなかったですけど、その指摘は面白いですね。確かにリップは最近頑張っているなと思います。曲も当時より良くなっていますし。オレンジレンジはサブカル的な位置が本来の居場所なのかなとぱーまんさんのコメントを読んでいてちょっと思いました。
gogonyanta | 2009.10.02 Fri 02:59
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2956
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中