すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< スティーヴン・キングの"ハズレなしの定番映画"ベスト20 | main | 神門『栞』 >>
誉田龍一『消えずの行灯 本所七不思議捕物帖』

読了。
☆☆☆/5点中

第28回小説推理新人賞を受賞した「消えずの行灯」を含む、時代ミステリー短篇集。

************************************
黒船来航で江戸中が騒然とするなか、本所の七不思議を思わせる怪死事件が続く。若き武家の潤之助が頭脳明晰の親友・釜次郎、噺家の次郎吉、剣の達人・今井と共に奔走する。
************************************

3話目まで雑誌掲載時に読んでいたが、他4篇もミステリー部分での出来不出来はあるものの、キャラ立ちがしっかりしているために次第に親しみも芽生え、それなりに楽しんで読めた。掲載時にも書いたことだけど、もう少し状況の描写が分かりやすいともっといいのにと思いながら今回も読んでいた。でも、新しく伝わった文明の機器などを踏まえて、ちゃんと7つ分の謎解きを創作したわけで、それだけですごいと思ってしまう。
2009.09.25 Friday 23:58 | | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.09.09 Wednesday 23:58 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中