すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 小林大吾@千駄ヶ谷loop-line | main | スティーヴン・キング『夕暮れをすぎて』 >>
PSYCHEDELIC ORCHESTRA『SANG REAL』

2008年6月リリースのスプリットアルバム。

PSYCHEDELIC ORCHESTRAとは、2007年にL.D.Kとカタルシスというふたつのグループを中心に結成された名古屋のヒップホップクルーであり、他にトラックメイカーのmilk chocolate、ライブDJのdj ayeとdj swz、それにアートワークを担当するrisa ogawaらを擁する"奇才クリエイター集団"とのことだ。

最初に興味を持ったのがL.D.Kだった。Campanella、Giovanni、Ramuzaという3MCのグループで、Ramuzaはトラックメイクも担う。3年前にアマチュアの無料音源配信サイトで、彼らの「月光浴」に出会い、すごく気に入り、記事にもした。その後は曲をほとんどアップすることなく、アマチュアの常として解散でもしたのかなと半ば忘れかけていたのだが、同じ名古屋の呂布カルマのデビューアルバムが出たときに、告知されていたなのるなもないをゲストに呼んだライブの案内に、彼らの名前があったのだ。驚きと共に検索してみたら昨年クルー名義の本作を出していたことを知り、慌てて入手した。

本作はスプリットアルバムなのでL.D.Kの曲が5曲、カタルシスも同じく5曲が収録され、そのふたつが合わさったサイケデリック・オーケストラとしての曲も2曲収められている。

L.D.Kの音はそのMC名──カムパネルラとジョバンニ──からも想像できるように、幻想的な言葉と音を得意とする。Ramuzaの作る打ち込みメインのトラックは音が空間を自由に浮遊し、時にジャズに時にアブストラクトに表情を変えながら、詩世界を巧みに支える。milk chocolateが手掛けたトラックは明るいブレイクビーツが疾走し、また逆回転させたような音がゆったりまどろんだりとやや趣が変わる。

3人のラップは、歌詞カードも付いておらず、誰が誰なのかさっぱり分からないのだが、なのるなもないやtaoによく似た声質で歌うようにラップする人がかなりツボだ。リリックは難解というよりも、詩的すぎて耳にすんなりとは入ってこない。"街をラズベリーにそめるだけのペンキがあれば十分さ"といった具合だ。ただ、そんなリリックは好物なので、時折飛び込んでくる言葉の塊を吟味し、妄想を飛躍させ、ひとり楽しむことができる。

リリックの方向性は確立されているのだから、歌うフロウを強調させることで分かりやすいフックを作り、取っつきやすさを高めれば、面白いのにと思う。フックが全体的に弱い。それと、「月光浴」やその後の「demo2」と題された音源のような生々しいラップがあっても良かったのかも。

今回初めて聴いたカタルシスは、KokoroとZooの2MCのユニットであり、一方が鼻声ラップで、もう片方が低音と判別しやすい。ただ、どちらがどっちなのかは不明。L.D.KのRamuzaがトラックを提供する他、同郷のトラックメイカーからも供給されているようだ。ピアノ主体の明快なサンプリングによるトラックが多く、それを支えるビートも強固。時に早回しを使ってみたり、クラシック音楽から引っ張ってきたりとL.D.Kに比べ間口が広い。

ラップも同様で前向きなメッセージを伝えるものや日本語ラップのパンチラインを散りばめたリリックがあったりと、言葉遊びも十分にあり、ハーコー路線でもなく、ポエムにもならずでバランスがいい。鼻声の人の歌うような特徴的なフロウといい、低音の人のビートにきれいに乗せてくるラップといい、実力も伯仲していて、それぞれの味の違いを楽しめる。

L.D.Kとカタルシスの計5人のMCが参戦する2曲は、5人が次々と切り込んでくる様がかっこよく、音もそれぞれのグループの要素が盛り込まれ見事。


インディーズの青田買いを趣味にし、降神やEccy、MICHITA周辺が好きな人は絶対に気に入ると思う。彼らのブログによれば、今年中に両グループともアルバムをリリース予定らしい。まあ、予定は未定な世界なので、話半分に捉えているが、本作を聴く限りではかなり期待できそうだ。楽しみに待ちたい。


販売は、「OTAI RECORD」の通販ページ(http://www.otaiweb.com/shop-item-fid17103.html)からのみのよう。"500枚完全限定生産"とあるが、まだ在庫はあるようだ。
2009.09.28 Monday 23:59 | 音楽 | comments(8) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.22 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
うが。
売り切れてました。視聴できるやつを聞いただけでもやばそうなのに…もっと早く知ればよかった…
すいっこ | 2009.09.30 Wed 23:43
こんばんは。
はじめてコメントさせていただきます。

私も呂布カルマのアルバムの5曲目に客演しているカタルシスのZOO(低音の方)が気になり、
このアルバムを手にしましたが、間違いありませんでした。

聴いた感想はブログ主様とほとんど同じです。
カタルシスとL.D.K、それぞれの世界を十分に味わえる良盤でした。
本当に両グループともアルバムが期待できそうですね!

また他の記事でレスするかもしれませんので、よろしくお願いします。
では、失礼します。
yo君 | 2009.10.01 Thu 23:59
すいっこ様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

うわ。売り切れてますね。すみません。書く前に確認したんですけど、残り少なかったんでしょうね。なんだか申し訳ないです。それぞれのアルバムに期待しましょう。絶対いいものを作ると思います。



yo君様

こんばんは。
はじめまして。

あ、そうか、呂布カルマのに参加してたんですよね。何だかおとぼけしてました。そうか、低音はZooですよね。お恥ずかしい。でもひとつ疑問が解決されました。ありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。
gogonyanta | 2009.10.02 Fri 03:02
crossborn vanguardを聴くべし。

myspaceにもあるし。
名古屋の鬱病者 | 2009.10.02 Fri 13:27
気になって仕方ないので、直接メールしたところ、また入荷するみたいです。

オタイチェックする毎日になりそうです。

すいっこ | 2009.10.03 Sat 00:00
名古屋の鬱病者様

こんばんは。
お薦めありがとうございます。

CROSS BORN VANGUARD
http://www.myspace.com/crossbornvanguard

ここですね。呂布カルマやLDKが参加していると聴いていたので、興味はあったのですが、いまいちピンと来なかったですね。高い声の方はちょっとYASURIが入っていて面白いとは思いましたが。



すいっこ様

こんばんは。
ああ、購入できるんですね。良かったです。
gogonyanta | 2009.10.04 Sun 01:08
はじめまして、
ちょっと前KOKOROさんにデモいただいて聴いたらかなり良かったんで買おうと思います。
音源の存在を知れてよかったです。ありがとうございました。
にゃー | 2009.10.09 Fri 23:36
にゃー様

こんばんは。
はじめまして。
こんなブログですが、お役に立てて嬉しいです。今販売ページを見てきましたが、もう買えるようになったみたいですね。良かったです。
gogonyanta | 2009.10.09 Fri 23:56
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2972
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中