すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< GAGLE『SLOW BUT STEADY』 | main | LGYankees『MADE IN LGYankees』 >>
末浦広海『訣別の森』

読了。
☆☆/5点中

第54回江戸川乱歩賞受賞作品。

************************************
ドクターヘリの機長・槇村博樹は、墜落した取材ヘリを救出。怪我人は、自衛隊時代の部下・武川一恵だった。その夜、武川は入院先から姿を消し、槇村の直属の上司・信田豊もまた連絡が取れなくなった・・・。
************************************

これが江戸川乱歩賞を取ったのかと首を捻りたくなる。文章力そのものがどうこうではなく、物語構築、あるいは人物描写があまりに稚拙で、ミステリー小説は文学ではないという渡辺淳一の言葉に頷くしかないではないか。読み始めてすぐに目に付いたので、書かざるを得ないのだが、ヘリコプターの飛行システムや主人公のストレッチについての無駄に詳細な記述は明らかに不要だろう。それよりも大事なのは人物をより立体的に切り出していく作業だ。それを疎かにするから、下手なアイドルが出てくるテレビドラマのように、登場人物たちが次々と心情を安易に語り始めてしまう。本作のゴチック体で書かれた箇所を全て省いた上で作品として成り立たせるぐらいでないと、とてもではないが小説と呼べない。これは映画やドラマの台本でしかない。



***********************
末浦広海(すえうら ひろみ)
1964年、兵庫県生まれ。関西学院大学経済学部卒業。
2008年、第54回江戸川乱歩賞受賞。

2008.08 『訣別の森』(講談社)
2009.09 『捜査官』(講談社)
***********************
2009.09.30 Wednesday 23:58 | | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:58 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/2977
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中