すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 中村航『僕の好きな人が、よく眠れますように』 | main | YU-A『You Are My Love』 >>
詩音『Truth』

2009年10月7日リリースのセカンドアルバム。

アルバムタイトルは"Truth"。勘違いでなければ、意味は"真実"。でもジャケットの写真は・・・。

さてさて、何だかんだいいながら聴き続けている"ウェッサイ"なラッパーたちの歌姫・詩音。彼女の声が苦手だ苦手だといいながらも今回も手に取ったということは、結構気に入っているのかしらと自分に問いつめたくもなるが、単に怖いもの見たさだと思う。

発情期の猫のような、浜崎あゆみをおもいっきりデフォルメしたような、ニャーニャーした歌声の彼女は英語の発音さえも自己流にアレンジするから恐れ入る。例えば、"knockin knockin UR heart"のところなどは"ニョッキン・ニョッキン"と聞こえる。そんな歌唱法をしっかりと文字にしているところがさらにすごいところだ。

"愛しても愛しても叶わなぃ恋もぁるって気づぃたの
 でもね、まだ君の事信じて待ってぃるよ...

 空は夕焼けで赤く染まり 懐かしぃ匂ぃがした。
 君も何処かで、この空を見上げてるのかな?
 ぃま、何を考ぇてますか?
 ぃま、誰を想ってますか?
 ぁたしは君の中にまだ居ますか?"
                     M3「Re: ナミダボシ feat. CLIFF EDGE」

"叶わない恋もある"と歌っては駄目なのだ。歌い方は"叶わなぃ恋もぁる"。彼女はちゃんとそう歌えているからすばらしい。話のネタに一聴する価値はある、と思う。

音としては、"ウェッサイ"感はそれほど感じられないが、トラックの聴きやすさという点では共通する。歌詞は全て恋愛もので、AK-69やDS455のKayzabro、YOUNG DAISといったラッパーが参加している。たいていが男っぷりの良さそうなラップをしていて面白い。神門のようなラッパーはひとりもいない。それもそうか。

喉の上で一度こねてから吐き出される歌い方は、見方を変えればかわいらしい声なのかもしれないが、その歌声がどろりと情念を伴う瞬間が何カ所かあり、少し怖い。あと、サビが80年代のアイドルソングそのままのM5「GIRLICIOUS」は歌い手の年や顔を想像すると辛い。



【追記】2009.12.11
「歌手の詩音容疑者を逮捕=麻薬ケタミン使用の疑い? 神奈川県警」
<12月10日17時55分配信 時事通信>

 麻薬のケタミンを所持、使用したとして、神奈川県警薬物銃器対策課などは10日、麻薬取締法違反容疑で、韓国籍の歌手の詩音(本名朴有香)容疑者(26)=横浜市中区本牧原=を逮捕した。県警は関連先としてCD製作会社も捜索。入手ルートなどを詳しく調べる。
 逮捕容疑は12月初旬、ケタミン若干量を鼻から吸引、9日午後0時半ごろ、自宅でケタミン粉末約0.003グラムを所持した疑い。
 同課によると、県警が別の事件の関連場所として自宅マンションを捜索したところ、ベッドの枕の下にケタミン、ごみ箱に吸引具とみられるストローが隠され、尿検査でも反応があった。
 同容疑者は「使用したのは間違いない」と認め、所持については「わたしの部屋にあったのだから、わたしの物と言われても仕方がない」と話しているという。
 見つかった量は1回の使用量に満たないといい、同課は吸い残しではないかとみている。



謎だった年齢がしっかりばれてしまった。26歳であの歌詞はないなぁ。
2009.10.14 Wednesday 23:59 | 音楽 | comments(8) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.08.23 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
ダメなんですよね。声が。
濃縮した人口甘味料のようなドロドロとした甘ったるい声と、
素肌に厚手のセーターを着たら裏地に満遍なくハチミツが塗りたくってあったかのようなベチョベチョな歌い方が・・・。

同じ「甘い」声なのにSUIKAのtotoさんとは大違い。

口が悪くて申し訳ないですが、
頭が弱い女子中学生が聴いてそうなイメージです。
rb | 2009.10.16 Fri 01:48
rb様

こんばんは。
いつもありがとうございます。

> 裏地に満遍なくハチミツが塗りたくってあったかのようなベチョベチョ

比喩が的確すぎて、笑っちゃいました。気持ち悪いです。でもそんな歌い方ですよね。それが彼女の個性であり、武器なんでしょうけど。

totoさんは凛としてますからね。大違いです。

> 頭が弱い女子中学生が聴いてそうなイメージです。

私はひょっとしたらもう少し上、20代前半ぐらいまでと射程距離が意外に長いのではと考えていました。どちらにせよ、"頭の弱い"という修飾語付きですが。。。
gogonyanta | 2009.10.16 Fri 02:35
初めまして

>発情期の猫のような、浜崎あゆみをおもいっきりデフォルメしたような
上手い例えですね。しっくりきます
rbさんの例えも上手いですね

しかし、甘ったるいと同時に何か悪い意味で黒いものを感じて怖いのですが(笑)
Esa | 2009.10.18 Sun 07:38
Esa様

こんばんは。
はじめまして。

> 甘ったるいと同時に何か悪い意味で黒いものを感じて怖いのですが

確かに感じますね。あのサッカリンのような甘さの上に、合成着色料を加えた歌声からは、黒くてよどんでてぬるっとした何かが時々漏れ出てくる感じがします。それが何なのか詳しく知りたいとも思いませんが。
gogonyanta | 2009.10.20 Tue 01:15
>黒くてよどんでてぬるっとした何かが時々漏れ出てくる感じがします。それが何なのか詳しく知りたいとも思いませんが

純愛を謳ったケータイ小説がその実、浮気や中絶など昼ドラ並みのチープな愛憎劇のオンパレードだったり、
かわいくもなんとも思っていない同姓や動物を「かわい〜」と言ってみたり、
プリクラに「ずっと一緒だょ☆」とか書いたカップルが1ヶ月後には別れていたり。
表面的に作り上げた言葉や態度の裏に、真逆の意図が見え隠れする。
「人工的」とか「内面のドス黒さ」を感じるのはそこなんだと思います。
一途な愛情を歌いつつも、ターゲット層は逆にそんな感情や貞操観念があまりないんですよね。ターゲット層が似ていると思われる倖田來未にも同じことが言えますが。

そういうドロドロした恋愛という現実があるからこそ、「一途な愛情」という虚像に惹かれるのかもしれません。
現実には地位も金もない若者がウエッサイラッパーのPVにありがちな「金・ジュエリー・高級車・ビッチ」という虚像に憧れるように。

なんだか根拠もなく偏見丸出しで書いてしまいました・・・。
これまたウエッサイへの偏見丸出しですが、所得・学歴にも負の相関性がありそうです。
rb | 2009.10.20 Tue 02:21
rb様

こんばんは。

> 表面的に作り上げた言葉や態度の裏に、真逆の意図が見え隠れする。
> 「人工的」とか「内面のドス黒さ」を感じるのはそこなんだと思います。
> 一途な愛情を歌いつつも、ターゲット層は逆にそんな感情や貞操観念があまりないんですよね。
> ドロドロした恋愛という現実があるからこそ、
> 「一途な愛情」という虚像に惹かれるのかもしれません。

ああ、なるほど。歌い手と聴き手の共犯関係から漏れてくるドス黒さという視点は考えていなかったですね。指摘され、初めてなるほどと気づきました。

私が思っていたのは、詩音自身から漏れ出てる闇(というほどのものかはわかりませんが)についてでした。年齢は知りませんけど、先日彼女が出演していたテレビをたまたま見る機会があり、動いている彼女を見たら結構年はいってようでした。なのに、あの舌足らずな歌い方と歌詞の表記、それとrbさんがおっしゃるような陳腐な恋愛模様。これまでの人生で何かが欠落しているのか、あるいはリスナーに合わせて作り込んでくるしたたかさなのか。いずれにしても、可愛らしく装った裏に怖さが隠されていると思った次第です。

ウェッサイに関してはリリックはただの飾りと考え、トラックのメロウさにひたっていれば、それはそれで楽しめるのかなと最近思い始めています。DS455の音がそうですね。

基本的には東海岸の音に重きを置いている日本語ラップはちょっと考えすぎな上にストイックでありすぎると思うのです。もうちょっと享楽的なヒップホップがあってもいいかなと思い始めると彼らの存在も許せてくるかと。
gogonyanta | 2009.10.21 Wed 02:11
逮捕ですね…いくらCD上では体裁を取り繕っていても所詮はこういう「人間」であったわけですね。

テレビや他媒体で目にした時の嫌悪感を信じていてよかった。

遅すぎ、かつ他愛ないコメント失礼いたしました。
尻Ass | 2009.12.10 Thu 20:38
尻Ass様

こちらにもありがとうございます。

まあ、麻薬に手を出したからといって、その人間の全てを否定する気にはなりませんが、残念な事件ではありますね。
gogonyanta | 2009.12.12 Sat 02:24
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/3001
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中