すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
04 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< REC/レック2 / [REC]2 | main | 童子-T『あの頃・・・ feat. CHEMISTRY』 >>
アルファ『STEREO LOVE』

2009年10月14日リリースの16枚目のシングル。

アルファの作品を聴くのは初めて。でもないのか。彼らがスチャダラパーと共演した「惚れたぜHarajuku」をSDPのコラボ集で聴いたことがある。特に印象に残るものではなかったが、この夏BBOY PARK2009で行われた3 on 3 MC BATTLEでのTSUBOIの強烈なフリースタイルは圧巻だった。脳裏に焼きついている。あの強面のMSCの漢に果敢に向かっていく姿勢には目を見張った。すばらしいキレと内容の的確さが備わっており、3人抜きの判定でもおかしくはなかったと今でも思っている。

しかし、その彼を頭の中に置いて本作を聴くと大失敗する。1曲目の表題曲はストリングスを導入した歌ものフックが曲の要となり、ラップは単なる添えもの程度の扱いでしかない。またM2「Moonlight NYC」では、大雑把に分ければgroup_inouやAstro路線の跳ねやすいビートにデジタル音のふりかけをまぶしたトラック。ラップも押韻を言葉遊びぐらいにしか考えていないお粗末なもの。これでは同じようにBボーイパークのMCバトルで大活躍を果たし、急降下中だった株を一時持ち直させたKEN THE 390とうりふたつではないか。フリースタイルの姿勢と作品とのギャップは広く深いようだ。

3曲目はM1のハウスリミックス。一昔前のカップリングにこういった安直なリミックスがよく収録されていたのを思い出した。とてつもなください。それを狙っているにしてもださい。



*****************************
2000.03.29 1st SG『ALIEN 21』
2000.07.05 1st mini AL『アルファ葉』
2001.06.20 2nd SG『サンオイル』
2002.04.17 【アルファ & DJ TASAKA】3rd SG『エクスタシー温泉』
2002.07.17 4rd SG『DO DIG DO!!』
2002.10.17 5th SG『アクティマン』
2002.11.13 1st AL『エンドルフィン』
2003.07.16 6th SG『ガンバリスギ DE ナイト』
         7th SG『アサガキタ』
2004.01.21 8th SG『SPEED STAR』
2004.02.18 2nd AL『SUSHI BOMBER』
2004.05.19 9th SG『不知火』
2004.08.04 10th SG『FREAK OUT』
2005.03.30 【アルファ & スチャダラパー】11th SG『惚れたぜHarajuku』
2005.07.13 12th SG『渚の投げKISS』
2005.10.13 13th SG『PASSION』
2005.11.23 3rd AL『ALIEN』
2006.04.12 【アルファ & DJ TASAKA】4th AL『ホットカプセル』
2007.02.21 2nd mini AL『Going! Going! Gone!』
2007.07.04 14th SG『宇宙ハワイ feat. ハナレグミ』
2008.02.20 15th SG『Life is once』
2008.07.02 best AL『パーティー野郎Aチーム』
2009.10.14 16th SG『STEREO LOVE』
*****************************
2009.10.24 Saturday 23:57 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.04.19 Wednesday 23:57 | - | - | -
コメント
少しクサしすぎでは?

アルファのリリース作品を聴いて私もコレと言って感じるモノはありませんが、韻は実にうまいです。
そもそもフリースタイルのバトルとリリース作品は別物でいいと思います。

こういう事もできるという武器はいくつあってもいいと思うんです。

フリースタイルとリリース作品を聴く順序が逆だったならまた別の印象を受けたかも知れませんね。
トルネード投下 | 2009.11.03 Tue 07:08
トルネード投下様

こんにちは。
コメントありがとうございます。

> フリースタイルのバトルとリリース作品は別物でいい

もちろんです。フリースタイルがうまくても作品がどうしようもないラッパーはたくさんいます。その点でいえば彼らはしっかり商品を作り出せているわけです。立派だと思います。

> フリースタイルとリリース作品を聴く順序が逆だったなら
> また別の印象を受けたかも知れませんね。

そういうことだと思います。あの日のツボイのラップは攻撃的なのに急所を理性的に突くというすばらしいものでした。出会い方が悪かったということですね。
gogonyanta | 2009.11.03 Tue 12:32
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/3015
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中