すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 平井堅『CANDY』&『僕は君に恋をする』 | main | スペル / Drag Me To Hell >>
JASMINE『NO MORE』

2009年10月28日リリースのセカンドシングル。

表題曲のM1は前作の「sad to cry」と同じくJeff Miyaharaが手掛け、印象的なピアノのフレーズが実に彼らしい。JASMINEはとりわけすごい声量があるわけではないのだが、聴く者の心の扉を性急にノックし続けるという切実さが特徴的で、直線的なメロディと相まることで、前向きに生きようとする彼女の懸命さが浮かび上がる。

M2「CLUBBIN'」は重いギターが暴れるトラックにラップ調の歌が乗る。意識しすぎた押韻がどうにもださいのだが、3ヴァース目が少し笑える。

前作の記事で、彼女の実力については、"判断保留というのが正直なところ"と書いたのだが、M3「what you want?」を聴き、認めるのもやぶさかではないかもしれないとなった。M3はR&B風のなんでもないトラックの上で、恋心を切々と歌い上げる曲なのだが、これまでのように分かりやすく声を張り上げるのではなく、曲調に合わせて押さえた歌い方をしている。それでも聴き手にしっかりと伝わるのは、彼女に実力があるからだろうと思うようになったわけだ。

願わくば宇多田のようにはならず、この路線で歌い続けて欲しいものだけど。
2009.11.08 Sunday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.12.14 Thursday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/3040
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中