すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< CHEMISTRY『あの日・・・ feat. 童子-T / Once Again』 | main | 大橋トリオ『I Got Rhythm?』 >>
CHIHIRO『DRESS』

2009年11月11日リリースのセカンドアルバム。

高校生、あるいは年齢を上げても大学生ぐらいまでを対象にした分かりやすい歌詞に、重いビートは利いているもののストリングスが安直に重ねられたアレンジだったりと、彼女の音楽がR&Bの皮をかぶったポップスであることは明白だ。つまり、青山テルマのブレイク以降チャートでよく見かける音楽だ。西野カナだったり、BENIだったり、JUJU、YU-Aといった歌手と同じ部類に入れて差し支えない。それは歌唱力という意味においても、歌詞の表現力という意味においてもだ。

作曲を彼女自身が手掛けるという点で少し違うのかもしれないが、そのメロディを聴いていると、先日The-Dreamの新作を聴き、確認したことが思い出される。歌唱力がないなら、せめてメロでカバーしなければ聴けたものではないということだ。本作を聴いていて耳に留まったメロディはM7「Too Late」だけだった。無理にひとりで作曲するよりも職業作曲家に頼るべきなのではといらぬ心配をしてしまう。

ここぞというところで飛び出すのがファルセットだ。本人も自信があるのだろう。しかし、地声がもともと高いものだから歌に幅が生まれず、一本調子になってしまう。それが全篇となるといささか辛い。誉められる点としては、はやりのオートチューンを使わなかったことか。でも、これだけ同じ調子の歌い方が続くとなると、導入しても良かったのではと思ってしまうのが正直なところ。

ラッパーとしてただひとり参加しているのが新潟のUSU。パセリ程度の役割しか与えられておらず、特に思うところもないのだが、ここは客演ラッパーとして一押ししているGEEKのOKIならどうだったろう。ウスよりももっと内容に則したリリックで、短いながらも印象的なラップを披露しただろうなと想像する。


本作を聴いてよーく分かるのは、彼女がMariah Carey好きだってことだ。犬笛と同じ周波数を発するというマライアだって、その高音だけに頼っているわけではない。大事なのは表現力だ。とはいえ、まだ2枚目のアルバムなわけであり、これからの歌い手なのだろうとは思う。アルバムチャートで初登場65位、初動枚数1610枚という成績で次がもしあるなら、その成長ぶりを確かめるためにも聴いてみても良い。



********************************
2007.07.25 1st AL『Jewels』
2008.12.03 1st SG『Roller Coaster Love feat. HI-D』
2009.02.25 2nd SG『Last Kiss』
2009.10.07 3rd SG『Beautiful feat. Sweep / Bouquet ~ずっと二人で~』
2009.11.11 2nd AL『DRESS』
********************************
2009.11.16 Monday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.27 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/3049
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中