すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
03 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< SEAMO『messanger』 | main | ブロークン・フラワーズ / Broken Flowers >>
VA『Fat Bob's ORDER vol.1』

2010年8月リリースのコンピレーションミニアルバム。
/5点中

名古屋のソロラッパー呂布カルマとトラックメイカー/プロデューサーの鷹の目のふたりが立ち上げたレーベルJET CITY PEOPLE(以下、JCP)のコンピ第1弾。OTAIRECORDという名古屋のレコード屋の通販サイトで購入できたが、現在は売り切れ中。


名古屋は興味深い。愛知県やその近隣まで含めての大雑把なくくりになるが、様々なスタイルのヒップホップが共存している。ヒップホップの本場アメリカに比べれば日本ははるかに狭いし、業界も小さい。しかし、福岡の天神親不孝を始め、神戸や大阪、横浜、常磐線周辺、仙台、北海道などその土地独特の色が開花されつつあり、東京の一極集中化なんて言葉はとんと聞かれなくなった。そもそも渋谷宇田川周辺が没落して久しい。とはいえ、色の濃淡の差こそあれ、その土地を牽引する実力者が放つスタイルに周りが影響され、それが独自色になっている感は否めない。もちろん、実際にその地に行けば、もっと多種多様なスタイルがひしめき合っていることに気づくだろう。あくまで印象レベルの話だ。

ただ、名古屋は外から見ても様相が異なる。90年代のアメリカ西海岸の音を日本で独自に進化/継承させてきた"ウエッサイ"、今の米国の音を随時取り入れつつ、TOKONA-Xの遺産を引き継ぎ、強面スタイルでラップする"E"qualが束ねる一派。そしてポップな音でチャートに食い込んでいるSEAMOたちだ。ポップなスタイルは当然東京にもあるが、ランキングに顔を出す人たちで名古屋のように郷土愛を前面に出すことはまれだ。それと、忘れてはいけないのがAK-69だ。インディーズながら、今ではKREVAとほとんど変わらない売り上げを記録している。東京と比較すれば、そのパイはさらに小さくなるだろうに、硬軟織り交ぜたスタイルが同じ地で活躍しているのだ。面白い土地だなと思う。

名古屋で派手に活躍するアーティストと比べると、JCPの知名度はかなり低い。しかし、伝統芸たるヒップホップではなく、また粗野な言葉で悪者ぶるラップでもなく、フックで歌うだけのお子様向けでもない、音を磨き言葉を尖らせ常にフロウを研究し、硬派なアンダーグラウンドヒップホップを体現すると共に、確固たる日本語ラップが名古屋にもしっかり根付いているのだと広く知らしめているのが彼らJCPだ。名古屋の偉大な先達ともいうべき刃頭とも繋がりがあるのも頷ける。

すでに解散したロックバンドBLANKEY JET CITY(もちろん名古屋出身)をレーベル名の由来とし、その姿勢をもヒップホップというジャンルで正しく復活させている彼らが発表した初のレーベルコンピが本作となるわけだが、題名の"Fat Bob"は"ウエイトレスに首ったけ"のファットボブであり、ブランキーの「PUNKY BAD HIP」から来ている。帯の文句は当然、"新しい国が出来た"だ。レーベルに15人いるのかどうかは知らないが、整理する意味も兼ねて箇条書きしてみた。しかし、今どきまともな公式ホームページがないのは、硬派といえば硬派だが、こういう時に不便だ。

・呂布カルマ aka ヤカマシワ
・鷹の目
・TOSHI aka 美濃の蝮 from 現場叩き上げ(岐阜東濃の6MCのグループ)
・ROO-TIGER from APP(KILL手順BEATS、 DJコーちゃんの3人組)
・Campanella from L.D.K / Psychedelic Orchestra
・ばんり
・B-drunky
・BASE from MIDLAND BRIDGE HOUSE(4MCのグループ)
・JEVA from SEXY MOUNTAIN BLOW(2MC1DJのグループ)
・LUCY from CROSS BORN VANGUARD(2MC1DJのグループ)
・Loki from CROSS BORN VANGUARD
・B-eat from BB9(K.Leeを擁する4MC+1DJのグループ)
・BRAVOO from BB9

普段のレコーディングの主要メンバーを参考に、呂布カルマが先日準優勝を果たしたUMB名古屋予選の出演MC一覧も考慮して挙げてみた。だから、BB9など明らかに所属ではない人たちも入っている。

JCPはSoundCloudに曲を随時アップしている。その大半を占めるのは、"ニューハーフレコーディング"と称する短時間で録音した楽曲だ。その場のノリとわずかな時間でリリックを書き上げ、録ってしまう。曲にしっかり落とし込むという意味では、フリースタイルよりも実用的なラップ鍛錬法だろう。粗削りではあるものの、出来立てほやほやがすぐさまアップされるため、時事ネタなど鮮度が大事なテーマもすぐさま楽しむことができる。余計な手が入らない産地直送なので他とは風味が違う。他にもリミックスやデモ、エクスクルーシヴ曲が挙げられていて、現在までに70曲となる。当然のように全てフリーダウンロードだ。


本題になかなか入らないのは、正直いえば本作がたった千円とはいえ、サウンドクラウドで無料で手に入る曲たちと比べると微妙だからだ。呂布カルマはしっかり仕事をしている。ファーストアルバム『13 Shit』からのリミックスとなるM5「なんのこっちゃねん (長髪REMIX)」には、彼の魅力が十二分に詰め込まれ、同時にリミックスした鷹の目の狂暴性も確認できる。終始鎌首をもたげ、襲い掛かる隙をうかがう凶悪なブレイクビーツを堪能できる同曲は、サウンドクラウドで落とせてしまうからなんとも嬉しい話だ。呂布カルマのM1「コンクリートGスポット」は今のところ本作でしか聴けない。

それ以外で楽しめたのはJEVAのM3「毒」。彼はニューハーフレコーディングにあまり参加していないので馴染みの薄いラッパーだが、音の間を生かした鷹の目トラックの上で気持ちよく頭が振れるグルーヴを生み出すラップを披露している。


1.コンクリートGスポット / 呂布カルマ  [track by 鷹の目]
2.I JUST PLAY / TOSHI  [track by C.O.S.A]
3.毒 / JEVA  [track by 鷹の目]
4.ONE SHOT KEY / ROO-TIGER  [track by KILL手順BEATS]
5.なんのこっちゃねん (長髪REMIX) / 呂布カルマ  [remixed by 鷹の目]
6.WEDNESDAY / Campanella  [track by Ramuza]
7.PARM / ばんり  [track by 鷹の目]


最後にJCP周辺の無料配信ミックステープの紹介。
ROO-TIGER『HARAMASERO』
2011年10月4日アップの無料配信ミックステープ。→DL先

APPとしても活動しているルー・タイガーのソロ音源。意味不明なパンチラインを連発する序盤はNIPPSを連想させる怪人ぶりを発揮するが、後半に向かうにつれ、表情が変わっていき、最後には結構まじめになり、リリックの内容そのものを楽しめるようになる。

Campanella『DETOX』
2011年7月17日アップの無料配信ミックステープ。→DL先

3人組グループL.D.Kでも活動するラッパーのソロ音源。Tyler, the Creatorの「Yonkers」リミックスや「Gucci Gucci」リミックスなど収録されていて、その解釈の仕方が面白い。しかし、L.D.Kの時のラップからは想像できないところまで来ている。

RAMZA『GERALD』
2011年10月4日アップの無料配信ミックステープ。→DL先

カンパネルラと同じL.D.K所属のトラックメイカー兼ラッパーのインスト集。

C.O.S.A.『sham! sham! sham!』
2011年5月17日アップの無料配信ミックステープ。→DL先

カンパネルラとCOSAPANELLA名義のユニットを組み、4月にアルバムを出したばかりのトラックメイカーのインスト集。M2「WHAT (C.O.S.A. Remix) feat. CAMPANELLA」は必聴。

C.O.S.A.『C-City Instrumentals Vol.1』
2011年8月13日アップの無料配信ミックステープ。→DL先

上と同じくC.O.S.A.のインスト集。彼とカンパネルラの対談はこちら。影響を受けたラッパーやトラックメイカーの話、技術的な話など興味深い。

Mimosa PudiKA『Sync』
2011年2月22日アップの無料配信ミックステープ。→DL先

L.D.Kではラッパーとして活動していたGiovanniが"Mimosa PudiKA"名義で発表したインスト集。ヒップホップとはずいぶん離れた地点に立っている。



【追記】2011.12.07
カンパネルラのインタビュー →T.R.E.A.M.
2011.10.07 Friday 23:59 | 音楽 | comments(4) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.03.22 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
>90年代のアメリカ西海岸の音〜継承したウェッサイ
評論するなら、根っこの部分を掘り下げたほうがいいですよ。じゃないと説得力が全く無くなるから。
ネタ? | 2011.10.19 Wed 20:51
ネタ?様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

そうですか。ご丁寧なアドバイス感謝です。
gogonyanta | 2011.10.20 Thu 03:14
別にアドバイスじゃないですよ。単なる感想です。
本当にRAPMUSICに興味ない人なんだな〜って思いまして。
種。 | 2011.10.21 Fri 23:36
種。様

こんばんは。
大丈夫ですよ。本当にアドバイスなんて思ってるわけではないですから。わざわざ返信ありがとうございます。
gogonyanta | 2011.10.22 Sat 02:38
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/3606
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中