すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< YAKKLE『YAKKLE』 | main | 環ROY『あっちとこっち』 >>
呂布カルマ『STRONG』

2011年8月17日リリースのサードアルバム。
/5点中

名古屋のインディーズレーベルJET CITY PEOPLEを率いるソロラッパー・呂布カルマの3枚目。2009年のデビュー作からセカンドアルバム『四次元HIP-HOP』までが1年と半年、そして本作は2枚目からわずか1年での発表となった。その間には2枚のレーベルコンピをリリースし、無料配信の楽曲も随時出していた。さらに昨年復活したBBOY PARK MCバトルの東海地区予選で優勝し、今年1月に東京で行われた決勝に駒を進めるという快挙も成し遂げている

1枚目で13曲、2枚目では15曲収録されていたが、本作では全10曲。うち、3曲が相棒の鷹の目のトラックであり、他7曲を岐阜の7人組ヒップホップグループFree Dial Foundationのラッパー兼トラックメイカーの蓮臥が担当している。このグループに所属しているNAGIONは今年のULTIMATE MC BATTLE名古屋予選の決勝で呂布カルマを破り二連覇を果たした(上位2名が東京での本戦に出場できるので、今年は呂布カルマがいよいよ参戦することになる)。

Mr.蓮(クレジットでは"蓮臥"ではなく、"Mr.蓮")のトラックは、きれい目のストリングスをかぶせたりもするが、しっかり黒味を帯びた音があり、ただ美麗なだけではないループミュージックとなる。呂布カルマの下世話なリリックが乗せられることで生まれるギャップはなかなか面白く、良い組み合わせだ。獰猛な鷹の目ビートを最初と真ん中と終わりに挟むことでアルバム全体が締まる仕上がりにもなっている。

3枚目のアルバムは難しいといわれている。ファーストアルバムはそれまでライブで披露してきた人気曲を盛り込めるし、なにより初々しいまでの初期衝動がある。作品を出し、広くライブをこなす中で学んだことや刺激を作品に繋げ、あるいはまだ音源にしていない蔵出し曲を入れたりと勢いで2枚目も出せる。しかし、3枚目も同じ方法を取ってしまうと聴き手はまたかとなる。それまでの2枚で獲得したファンを納得させたうえでの新しい局面を見せる必要が出てくる。

この話はおそらくインディーズアーティストについてではなく、メジャーの土俵でしかも1枚目からそこそこ結果を出した人たちにいえることだろうし、そもそもアーティストそれぞれで抱える事情は異なるとは思う。

で、何を書きたいかといえば、本作での呂布カルマは階段でいえば前作と同じ段に留まっていると思うのだ。これまでも四方八方に悪態をついてきた。鋭利に尖らせた言葉の切っ先の美しさは最近のはやりのラッパーにはない魅力ではある。ただ、本作はそれだけになっていて、今までと変わり映えしないのだ。"クソガキのメンタル"は今までも十分聴いてきた。それと、そこら中に噛みついている姿からは彼が現状にかなり倦んでいるように見える。

本作で聴ける呂布カルマのラップそのものは押韻にしろフロウにしろ語彙にしろ、もちろん表現力も高いレベルにある。特に押韻はそんなに踏みますかというぐらいに丹念に踏み抜いていく。また、フックで歌メロを取り入れないという頑なな姿勢にも好感が持てる。そして常に前傾姿勢を忘れない。それだけの実力がありながら正当な評価を与えられていないという忸怩たる思いがリリックから伝わる。問題はその負の部分がわめくという表現に向かうのみで、今の逆境を吹き飛ばすほどの新しい境地に辿り着いていないということだ。

呂布カルマというラッパーについては、これまでのリリックやTwitterでのやりとりを通して知るのみで、その人柄を深く理解できようはずもない。アルバムケースからCDを取り出した時にその下からのぞくのは赤と白のベニテングタケの写真だ。外見の毒々しさとは裏腹に実は毒性が低いのだという。毒成分のひとつはグルタミン酸ソーダよりも強力なうまみ成分でもあり、長野では塩漬けにして食する地域があるそうだ。呂布カルマがそうだというわけではないし、なにも物分かりの良い大人になることだけが成長ではないとも思う。あえて階段を昇ず、"下世話でナンボでしょ"とこれまでの"クソガキ"なスタンスを崩さず、突き進むのも面白かもしれない。ただ、それはさんピンCAMP世代がことごとく失敗してきたいばら道でもあるわけだ。唐突に愛だ恋だと呂布カルマがラップし始めても戸惑うが、何か新しい地点に立つ彼を見たかった。
2011.11.15 Tuesday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.09.09 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中