すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< ブルーバレンタイン / Blue Valentine | main | 悪魔を見た / 악마를 보았다 >>
フォロウィング / Following

65点/100点満点中

クリストファー・ノーラン監督が製作・監督・脚本・編集・撮影の5役をこなした1998年の長編デビュー作。白黒映画。サスペンス。製作費6000ドル。

************************************
作家志望のビルは、創作のヒントを得られればと通りすがりの人々の尾行を日課にしている。ある日、そのことがコッブと名乗る男にばれてしまう。一方でコッブもまた他人のアパートに不法侵入し、私生活を覗き見る行為に取りつかれていた。ビルはコッブと行動を共にすることに。数日後、ふたりで侵入したアパートで見た写真の女性にビルは興味を抱き、彼女の尾行を始めるが、その日を境に彼は思わぬ事件に巻き込まれていく。
************************************

数分前の記憶を忘れてしまうという記憶障害の男を主人公に、その最愛の妻を殺した犯人を追うサスペンス『メメント』のヒットを受けて、その翌月となる2001年12月にようやく日本でも公開された作品。時系列を逆向きにしたのが『メメント』ならば、本作は時系列をバラバラにし再構築される。

その緻密に組み上げられたパズルは複雑怪奇で、まさに主人公ビルが巧みに張られた罠に絡め取られるがごとくに、見ている側もノーランの仕掛けた迷宮をさまようことになる。が、種明かしをされても爽快感はなく、本作が『メメント』の原型であり、公開されている最新作『インセプション』にも通じる入り組んだプロットはもともと持っている彼の特性なんだと確認できる、という以上の感想は持てない。
2012.01.20 Friday 23:59 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/3724
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中