すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 賢く生きる恋のレシピ / Smart People | main | 無料配信ミックステープ4月号(2012) >>
ヒットマン / Hitman

51点/100点満点中

同じ年に良作バイオレンスホラー『フロンティア』を発表しているフランス人監督グザヴィエ・ジャンの2007年のデビュー作。同名のガンアクションゲームの映画化。主演は2010年のリメイク版『クレイジーズ』や『パーフェクト・ゲッタウェイ』で主演していたティモシー・オリファント。スキンヘッドなのでずいぶんと印象が異なりパッと見分からない。共演には『007/慰めの報酬』でボンドガールとなるオルガ・キュリレンコ。製作費2400万ドル。

************************************
謎の組織により冷酷かつ優秀な暗殺者として育てられたエージェント47。新たなターゲットであるロシア大統領ミカイル・ベリコフを首尾よく狙撃するも、罠だったことを知る。事件の鍵を握る娼婦ニカと出会い、陰謀の首謀者を突き止めるべく、ニカを連れて復讐に乗り出すが・・・。
************************************

最近はハズレ映画に出会うことがなく、気を良くしていたのだけど、こういう駄作に出会うと本当にがっかりする。もちろん原作ゲームをしているわけではないが、映画であるからには映画単体でも楽しめる方が望ましい。大して複雑ではない物語を下手にこねくり回し、意図的に複雑なように見せようとするので、不満がたまるばかりだ。一方で売りのはずのアクションは、銃弾を使ったシーンはそれなりに見られる。ジョン・ウーばりの二丁拳銃でシンメトリーを意識している辺りからも影響を受けているのだろう。ただ、肉弾戦となると途端に素早いカット割りや近接でのカメラワークに切り替わり陳腐極まりない。

フロンティア』に続くグザヴィエ・ジャンの新作が6月に公開されるということで処女作となる本作を見てみたが、予告編で見た時の地雷との直感が的中してしまった。
2012.04.26 Thursday 23:58 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.05.21 Sunday 23:58 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/3816
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中