すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 無料配信ミックステープ8月号(2012) | main | VA『かなへびコンピ』 >>
インシディアス / Insidious

34点/100点満点中

「ソウ」シリーズ1作目の監督ジェームズ・ワン(以後はシリーズの製作総指揮)と脚本を担当したリー・ワネル(以後3作目までは脚本を担い、現在も製作総指揮として参加。本作では霊媒師の助手スペックス役で出演も)が再び手を組み、さらに製作には『パラノーマル・アクティビティ』を監督脚本したオーレン・ペリが加わった2010年のサスペンスホラー映画。製作費1500万ドル。

************************************
3人の子供を育てるジョシュ・ランバートとその妻ルネ。新居に引っ越して早々に不気味な現象に悩まされ始める。ある日小学生の長男ダルトンが屋根裏部屋の梯子から落ちて昏睡状態に陥る。体のどこにも異常はなく、原因不明。家自体が呪われていると考えた夫婦はすぐに引っ越しをするが、そこでも同じように怪現象が続く。霊媒師に助けを求めるが・・・。
************************************

今どき珍しいまでのクラシカルな作品。憑りつく邪悪な何者かや降霊術といったホラー作品では前時代的といってもいいような要素に、「パラノーマル・アクティビティ」シリーズお得意の誰かが家の中を駆け回るという驚かし、「ソウ」シリーズ側からはもはやジェームズ・ワンの専売特許といってもいいような人形を使った恐怖描写を加え、これまた古典ホラー作品に則った極めて正統派な音楽で仕上げたホラー映画。

面白い面白くない以前に後半は画面がほとんど暗くて何が何やら分からないまま。映画館で見たならばもう少しマシだろうが、自宅のテレビではよく分からないままに物語が進み、よくあるオチで終わってしまう。ソリッドシチュエーションホラーという鉱脈を一気に興隆させた傑作映画『ソウ』を生み出した彼らが、『デッド・サイレンス』がそうだったように、基本ともいえる恐怖描写に向かうのも分からなくはないが、でもやるならばもっと怖い映画を作って欲しい。
2012.09.01 Saturday 23:58 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.07.31 Monday 23:58 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/3934
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中