すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 無料配信ミックステープ9月号(2012) | main | ハンガー・ゲーム / The Hunger Games >>
ボーン・レガシー / The Bourne Legacy

70点/100点満点中

「ジェイソン・ボーン」シリーズ3部作の続編。サスペンスアクション。主演はジェレミー・レナー。共演にレイチェル・ワイズ、エドワード・ノートン。監督脚本は前3部作全てに脚本で参加していたトニー・ギルロイ。製作費1億2500万ドル。2012年公開作品。

************************************
記憶を失った最強の暗殺者ジェイソン・ボーンの存在が明るみとなり、CIAの極秘プログラム"トレッドストーン計画"が暴かれようとしているのと時を同じくして、同様の極秘計画のひとつ、"アウトカム計画"にもその余波が波及する。国家調査研究所のリック・バイヤーはCIAを守るために、全てのプログラムを闇に葬り去るべく動き出す。人体改造によって生み出された暗殺者たちが次々と抹殺されていく中、アラスカで訓練中のアウトカム計画のアーロン・クロスだけは間一髪で逃げ延びる。アーロンは命を狙われた研究者マルタ・シェアリング博士を救い出すと、体調の維持に必要な薬を求めてフィリピン・マニラへと向かうが・・・。
************************************

アクションの演出に新たな潮流を作ったともいえるジェイソン・ボーン3部作を見直し、トレッドストーンからブラックブライアー計画までの復習もしっかり果し、準備万端でいたのだけど、鑑賞できたのは結局公開から2週間も経ってからだった。しかも、期待していたほどの良さはなし。

どんなシリーズであっても、たいていは評判の良い1作目があるからこそ続編も作られるわけで、多かれ少なかれ1作目の演出が意識される。そのことが良いとか悪いとかではなく、ただ、「ボーン」シリーズは引用が特に多い。だからといって決してつまらないわけではなく、反対にその差異もまた楽しめる要素になっている。そして何より今までのアクション映画にはなかった臨場感ある肉弾戦や迫力のチェイスシーンといった演出、あるいはジェイソン・ボーンがただひとりで巨大組織CIAをきりきり舞いさせる痛快さなど魅力が多いのだ。しかも、続き物は1作目こそが一番面白いという通説を覆している珍しいシリーズでもある。

冒頭で訓練中のレナー扮する今シリーズの主人公アーロン・クロスが登場した後は、ボーンシリーズ3作目『ボーン・アルティメイタム』の序盤の舞台となるロンドンのウォータールー駅での出来事が再度描かれ、懐かしのサイモン・ロスが登場する。

本編そのものはジェイソン・ボーンの事件が顕在化するのと同時に、政府が極秘裏に動き、他の秘密作戦を強制終了する中で、偶然にも逃げ延びることができた工作員のひとりアーロン・クロスが結果的にボーンと同じくCIAが差し向ける追っ手を振り切る話となる。前シリーズでは詳しく説明されなかった人体改造についてもっともらしい解説がなされる。それというのも施術を受けた人間が定期的に服用しなければならない薬剤の入手についてが主人公アーロンを突き動かす源となるからだ。

そのためにレイチェル・ワイズ演じる女性科学者マルタ・シェアリングと行動を共にするバディ物となり、その展開は過去シリーズそのままだ。もはや狙っているのだろうが、恒例ともいえる安宿で鏡越しに会話する場面もある。いつ長い髪を自分で切り、黒く染めるのかと思ったほどだ。例によって住宅密集地の屋根の上での追いかけっこもある。クライマックスはもちろんチェイスシーン。今回は車ではなく、バイクを使った追走劇となり、毎回のことながら迫力のある映像を作り出している。本作の一番の見どころだ。

序盤の無人飛行機での爆撃にしても、新たなシリーズの立ち上げらしく製作側の力の入りようが見て取れるが、4話目ともなると過去作のオマージュが過ぎるといささか鼻につき始める。そろそろ新しい演出も見たい。そうはいいつつも、これまでにない展開といっても今回のように安直に主人公よりも高い能力を持った工作員(しかもありがちな東洋人)といった能力のインフレを引き起こさせてしまう演出は問題外だ。シリーズを続けつつ、過去作に負けない良質な作品を生み出していく難しさに立ち往生している印象は最後まで拭えない。
2012.10.14 Sunday 23:57 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.10.17 Tuesday 23:57 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/3969
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中