すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
12 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< フライペーパー! 史上最低の銀行強盗 / Flypaper | main | 無料配信ミックステープ11月号(2012) >>
伝説のロックスター再生計画! / Get Him to the Greek

74点/100点満点中

ジャド・アパトー製作、ニコラス・ストーラー監督脚本による2010年のコメディ。ストーラーが2008年に監督した『寝取られ男のラブ♂バカンス』でラッセル・ブランドが演じていた奇天烈なロックスター、アルダス・スノーのドタバタを描くスピンオフ作。ブランドと同じくジョナ・ヒルも再出演しているが新キャラで登場。製作費4000万ドル。DVDスルー作。

************************************
ロサンゼルスにあるピナクル・レコーズで働くアーロン・グリーンは、業績悪化に歯止めを掛けるべくアイディアを求める社長のセルジオに、かつてのロックスター、アルダス・スノーが10年前に行った伝説のグリーク・シアターでのライブから10周年となるわけで、それに合わせて隠遁する彼の復活ライブはどうかと提案する。アーロンはアルダスが暮らすロンドンに飛び、72時間以内に彼をLAに呼び寄せる大役を務めることに。
************************************

2010年6月7日付のアメリカでの興行収益ランキングで初登場第2位となった本作は良質おバカコメディ『寝取られ男のラブ♂バカンス』のスピンオフであり、ずっと見たいと思っていたのに、日本ではケーブルテレビで放映されるだけで(その時の題名は『寝取り男はロック★スター』)、なかなかソフト化されず、やきもきさせられた作品なわけだけど、ようやく鑑賞できる運びとなり本当に嬉しい。

前半では、アフリカの子供たちを救え的な真摯なメッセージを込めた渾身の新曲「African Child」が差別的だと総スカンを食らい、落ち目となり、ポップスターで恋人のジャッキーQにも振られ、薬と酒で分かりやすいほどダメになっているアルダス・スノーをコンサートのためにアメリカに連れて行こうとするジョナ・ヒル扮するアーロンのドタバタが描かれる。

よくあるアメリカの笑いであり、スピンオフだしこんなものかと思いつつ見ているわけだけど、カメオ出演が微妙に豪華だ。序盤にはP!NKがアルダスとキスしてたり、メタリカのドラム、ラーズ・ウルリッヒの見せ場が意外に多かったり、アーロンの上司セルジオ役でショーン・コムズが出演している関係か、ネプチューンズのファレルがヌメッとした顔を見せ(セリフとコミカルな演技あり)、『寝取られ男のラブ♂バカンス』ではアルダスの恋人でサラ・マーシャルという女優を演じたクリスティン・ベルもまた新作ドラマシリーズのCMの中に登場する(彼女の喘ぐ演技を聞き、アルダスが思い出すのは笑える)。

しかし、後半のラスベガスのホテルの乱痴気騒ぎの中、毛皮の張られた壁をさすって気持ちを落ち着かせようとするシーン辺りから、こちらは別にドラッグを服用して見ているわけではないのに、妙に笑いが止まらなくなっていく。しかもそのままアーロンとアルダスが一対一の関わりを深めていき、ありがちといえばありがちだけど、ロックスターというキャラを演じなければならない孤独やその魔力に強く取りつかれた男の性(さが)、そうした人種になれない自分を知るアーロンといった人間性がしっかり描かれていき、終盤に向かってどんどん良くなっていく。

標識を見失い家に帰れないというバラードが歌われる中を、恋人が待つ家庭に帰るアーロンなど、ベタではあるけれど、前半のドタバタがあるからこそのギャップによる魅力も生まれ、後半はかなり楽しんで見られる。
2012.11.26 Monday 23:58 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.12.16 Saturday 23:58 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/4018
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中