すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
03 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< コズモポリス / Cosmopolis | main | 無料配信ミックステープ10月号(2013) >>
黒木渚『黒キ渚』

2013年3月20日リリースのファーストミニアルバム。
/5点中

2010年12月福岡で結成された、ギターボーカル黒木渚率いる3ピースバンド。ベースがサトシで、ドラムは本川賢治と男女混合グループ。

昨年末に発表された九州限定のシングル『あたしの心臓あげる』が人気を博し今年1月の全国発売に結び付いた、ということのようだけど、根岸孝旨をプロデューサーに迎えていることからおそらく話題作りの戦略だろう。数字的にも、12月24日付オリコンシングルチャートで九州盤は初登場178位363枚。翌週には200位以下に沈むが、翌々週の1月14日付で259枚売り上げて194位に復活。全国盤がリリースされた21日付では308枚で150位、さらに28日付では397枚・121位、2月4日付で292枚・185位と続く。その翌週からは再び200位以下に転落してしまうが、この時点でオリコン加盟店での売上枚数は2,000枚弱だろうか。ちなみに、本作の初動は1,655枚(67位)。


ここ10年ほど日本のヒップホップを中心に聴いていたせいか、価値観がそちらに染まってしまっている傾向がある。つまり、オリジナルのスタイルこそが最も大切だという考え方だ。ラッパーは歌い方(ラップ)を真似をすると即座に批判される。特にそれまでのスタイルを捨て、流行のラップを取り入れた時にはもう大変だ。ただ、"流行の"とあるように、真にオリジナルなスタイルなどよほどの天才でもない限り生み出せないわけで、ある程度は似てしまうのが実情ではある。

ロックやポップスではメロディなどのパクリに目くじらを立てても、スタイルについては比較的寛容だ。ヒップホップよりも歴史があり、オリジナルへの幻想など意味がないと悟っているからかもしれない。好きなアーティストからの影響をはっきりと出すことに躊躇いはないし、それを誰も批判しない。そうした環境の中で成長していったDragon AshのKjが日本語ラップ界の大御所Zeebraからきついお叱りを受けてしまったことは異文化交流の不幸な例なのだろう。


そうしたヒップホップ視点で本作を聴くと、黒木渚は椎名林檎過ぎる。はい、終わり、出直してきなとなるところだが、彼女たちはロックバンドなので微笑ましく受け入れられているようだ。ファーストシングルでもあるM1「あたしの心臓あげる」冒頭の息を吸うイントロからして、椎名の「ここでキスして。」を意識している。高音の出し方にも影響が存分に見られるし、M4「赤紙」の歌詞では「歌舞伎町の女王」がちらほら透けている。

椎名と同じ福岡出身であり(黒木自身は宮崎らしい)、正統な後継者(フォロワーか)がようやく誕生したと喜ぶべきなのかもしれない。ただ、大御所然として目立った動きがない椎名の代わりとしての受け皿になり得るには、今はまだ似ている以上の何かを本作から感じるとることは難しく、今後に期待というところだ。墓石に点数を彫ってしまうM3「骨」を始め、歌詞で不思議なユニークさを発揮してはいるものの、やや独善的な抽象さがあり、まだまだ荒削りでもある。



******************
2013.01.08 1st SG『あたしの心臓あげる』
2013.03.20 1st mini AL『黒キ渚』
2013.10.16 2nd SG『はさみ』
******************
2013.10.31 Thursday 23:58 | 音楽 | comments(2) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.03.28 Tuesday 23:58 | - | - | -
コメント
gogonyanta様
はじめまして
こんばんは
GAOHEWGIIと申します。

個性については
特にjpopではあきらめの境地に達してしまいました。

さて。自分もこのアルバムを最近、聴いたのですが
確かに2曲目などは椎名林檎すぎるなと思いました。

でも実は
ヴォーカルは歌詞を含めて
中島みゆき度の方が高いと感じました。

どうでしょう?

確かにオリジナリティはいま一歩ですが、
いわゆる「売れるロック」の音ですし
活躍しそうです。
どうせならもっととんがってほしいと思いますが。
GAOHEWGII | 2013.12.21 Sat 23:27
GAOHEWGII様

こんばんは。
コメントありがとうございます。

> ヴォーカルは歌詞を含めて中島みゆき度の方が高いと感じました

中島みゆきはファーストからの数作を勉強程度に聴いただけで、しっかりと聴きこんでいないためよく分からないというのが実情ですが、ファンの方がそう指摘されるのであれば、なるほどと思いました。女性の情念を見事に伝える歌詞を書く、とマツコ・デラックスもテレビで力説していました。

> いわゆる「売れるロック」の音ですし活躍しそうです

3人組バンドとしては解散すると発表がありましたし、
http://natalie.mu/music/news/106098
来年は売れるロック、今女性バンドが来てますし、として小回りよく活動しそうですね。
gogonyanta | 2013.12.30 Mon 18:25
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/4542
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中