すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< Herbie Hancock『Speak Like A Child』 | main | Phil Woods『Alive And Well In Paris』 >>
口口口『JAPANESE COUPLE』

2013年3月22日リリースの9枚目のアルバム。
/5点中

2008年に南波一海が抜けてからもう5年が経ち、アルバムをほぼ1年おきに発表しているものだからすでに5枚を数える。前作の『マンパワー』は放射能に怯える東京人の心境が全面に出て、今では聴けたものではないが、今回はそうした恐怖からのリハビリを兼ねているのかポップソングが並ぶ。

1曲目「ゆっくりと」から毒気を抜かれた当たり障りないポップスぶりにどうしたと訝るも、M3「デート」で全面的にブレイクビーツをまぶした彼ららしい独特のロマンティシズムに彩られ、コーラスの基本に忠実に従いながら歌詞がアレというひねくれが炸裂するM4「付き合わないか」、ベースミュージックを意識したと思しきM6「never again」とまずまず覇気があるところを見せる。が、M7「ex-girlfriend」では既発曲の続編ということでサビを再利用し、残り2曲はM1と同じ真っ当なポップソングとなり、なんだかなで終わってしまう。

前作までの三浦康嗣はそれなりに同僚の村田シゲに見せ場を用意してあげていたが、本作ではワンマンぶりを発揮し、全曲で彼が作曲し編曲している。だからかメロディにもアレンジにももうひとひねりが足りない。
2013.11.02 Saturday 23:59 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.09.09 Wednesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中