すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 清須会議 | main | Bud Powell『The Genius Of Bud Powell』 >>
キャプテン・フィリップス / Captain Phillips

72点/100点満点中

ボーン・アルティメイタム』『ユナイテッド93』のポール・グリーングラス監督最新作。主演はトム・ハンクス。実録サスペンス。製作費5500万ドル。2013年公開作品。

************************************
2009年4月。ケニアへの援助物資を運ぶアメリカのコンテナ船アラバマ号はソマリア沖で海賊の襲撃に遭う。リチャード・フィリップス船長は乗っ取られる直前に数名のクルーを残して乗組員を機関室に逃がす。彼らを救うため、結果的に自らは人質となり、海賊と共に救命艇で船を後にする。事件の一報を受けた米国政府は海軍特殊部隊を派遣。救出作戦が開始される。
************************************

実際にソマリア沖で起きた海賊によるハイジャック事件を、『ユナイテッド93』の監督らしく、揺れるカメラで迫真の再現ドラマを作り出していく。16歳の少女が昨年ヨット単独世界一周を成功させたが、その際もソマリア沖やスエズ運河を避けたそうだ。航行する船舶にとって海賊の襲撃は大問題であり、また物流の遅滞は現在の連鎖し合うグローバル化の中では世界経済そのものに影響を及ぼす可能性も否定はできない。インドネシア周辺も危険らしいし、海賊というとどうしても帆船時代の、ある意味ロマンも込みで連想してしまうものだけど、今も有効な収奪行為だというのは、言葉は悪いが、面白い。

わずか2隻の貧弱なボートでやって来た海賊たちは、トム・ハンクス扮するリチャード・フィリップス船長の適切な指示があり一度は撃退されるも、翌日の決死の再攻撃で見事乗船を果たす。船員たちは知恵を絞り、海賊の追い出しにかかるが、フィリップス船長が囚われてしまう。船内での鬼ごっこシーンは緊迫そのものだ。また、欧米でこんなことを書いては炎上必至だが、余裕がなくすぐにライフル銃を取りだして物騒にわめき、言葉は通じるも常識が全く異なるソマリア海賊たちはまるで動物園の檻の中の住人のよう。人質となった船長を救出するべく、米海軍は特殊部隊シールズを投入する。

略奪行為を働こうとするソマリア海賊が全面的に悪いのは当然だが、彼らは訓練されているわけではなく、貧困ゆえに犯罪行為に及ぼうとするわけで、彼らは非常に痩せこけている。ボブ・マーリーから学んだのか、"Everything's gonna be alright."を連発するブロークンな英語を話すソマリア元漁民に、碧眼の金髪、クールカットの屈強な男たちが襲い掛かる図は、アメリカ軍のプロパガンダとしか映らない。実際のところどうだったのかは知らないが、ラストシーンでは巡洋艦だけではなく空母までやって来ていて、米海軍の勇ましさが強調される。

アメリカ最強というメッセージよりは、海賊への警告として意味合いが強い作品に思える。襲ってきてもお前らに待っているのはミナゴロシだ、と。同時に、たいていの米国戦争映画がそうであるように、政府は国民を必ず助けるという国内向けの麗しい物語でもある。

ただ、トム・ハンクスはさすがに巧い。ショック状態で救出され、感情の抑制が利かず、泣き出すしかないという混乱の演技には、冷ややかに鑑賞していながらも思わず目頭を熱くさせられた。また、海賊役、特にリーダーのムセの地獄の餓鬼のような容貌はそれだけで説得力がある。



【追記】2014.02.26
「元特殊部隊の2人が死亡、麻薬か 海賊事件で映画化の貨物船」→CNN記事

【追記】2014.03.03
第86回アカデミー賞で、作品賞・助演男優賞(バーカッド・アブディ)・脚色賞・編集賞で候補になるも無冠に終わる。第71回ゴールデン・グローブ賞でも、作品賞(ドラマ)・監督賞・男優賞(ドラマ)(トム・ハンクス)・助演男優賞(バーカッド・アブディ)でノミネートされていたが同じくひとつも獲得できず。
2013.12.01 Sunday 23:58 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:58 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/4604
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中