すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 無料配信ミックステープ1月号(2014) | main | オンリー・ゴッド / Only God Forgives >>
ウルフ・オブ・ウォールストリート / The Wolf of Wall Street

85点/100点満点中

マーティン・スコセッシ監督、レオナルド・ディカプリオ主演コンビによる5作目。1980年代から90年代にかけて活躍した実在の株式ブローカーの伝記を基にした人間ドラマ。共演はジョナ・ヒル、カイル・チャンドラー、マシュー・マコノヒー、『アーティスト』でオスカー、ゴールデングローブ賞、カンヌと主演男優賞を総なめにしたジャン・デュジャルダンが腹黒いスイスの銀行家として出演。『スタンド・バイ・ミー』『ミザリー』の監督としても知られる子役上がりのロブ・ライナーが父親役で、同じく映画監督でもあるジョン・ファヴローが弁護士役、またチョイ役でスパイク・ジョーンズもペニー株について説明する役で登場している。製作費1億ドル。2014年公開作品。

************************************
1987年10月19日。ジョーダン・ベルフォートは伝統ある投資銀行に入社し、ブローカーとして輝かしい第一歩を踏み出したその日、株価が大暴落した"ブラックマンデー"が起きる。失意の中、町の小規模取引から再出発した彼は生来の押しの強さを発揮し、26歳で仲間とストラットン・オークモント社を設立。富裕層をカモにし瞬く間に大企業へと成長させ、自らも年収49億円の億万長者となる。大量のドラッグとアルコール、セックス、パーティに興じる彼らは注目され、"ウォール街の狼"と呼ばれる。そんな彼をFBIが放ってはおくはずはなく・・・。
************************************

レオナルド・ディカプリオ演じる主人公ジョーダン・ベルフォートは1962年にニューヨークはブロンクスで生を受ける。両親が会計士だったこともあり、学生の頃から株式取引でかなりの額を稼いでいたと冒頭で説明がある。ポスターの"貯金ゼロから年収49億円"は偽りではないのだろうが、ただあくどいだけではなくもともと商才はあったのだろう。それはともかく、1899年に設立された投資銀行LFロスチャイルド社に彼は入社する。マシュー・マコノヒーがお得意のキレ演技でマーク・ハンナ社長(社長だったとはね)に扮し、ベルフォートにブローカーとしての心得を伝授。資格も取り、いざ栄光の第一歩を刻もうとした矢先、悪名高きブラックマンデーに見舞われ、会社そのものが1ヶ月後に倒産となる。

奥さんにはっぱをかけられ、小さい取引から始めた彼はある程度の財を成したところで、兼業で麻薬の売人をしている素人を仲間に加え、1988年にストラットン・オークモント社を立ち上げる。そこから1998年にお縄となるまでの享楽の日々やマネーロンダリング等の違法行為をいとわない金儲け主義の業務実態をディカプリオがハイテンションな演技でみっちり3時間描ききる。

コカインと"クエイルード"という催眠剤でぶっ飛び、ところかまわずハメ倒し、ハチャメチャにダンスし、高級車をぶっ壊し、当局からは疑われ、逮捕され、裏切りをそそのかされ、収監されるまでの栄光と挫折のジョーダン・ベルフォート物語は、原作を読んでいないのに、まるで読んだ気になるほど濃厚だ。ひとつひとつのエピソードが印象深いこともあるが、ディカプリオが一代で巨万の富を得て実際にすごい迫力があっただろうベルフォートを全編にわたって俺を見ろ俺だけを見ろという演技でもって再現しているのが大きい。最高に狂ってて最高にクズで身内には最高に優しかった彼の人柄が嫌というほど伝わる。ただ、内容的にはドラッグに溺れ、違法行為で大金をせしめる話であり、それ以上でもそれ以下でもない。

アメリカ経済が政府主導で再び持ち直し、日本もまたバブルを忘れたかのように一部が浮かれ始めている。好調な経済活動自体は決して悪いことではないが、そうした背景への鋭い一刺が本作にないわけでもない。冒頭で高級レストランでランチするマシュー・マコノヒーが優雅にコカインをたしなみながら、ディカプリオに自分のためだけに金を稼ぎ、騙す側になれと教えを授ける。ラストシーンで映し出されるのはそうした騙される側の列に並ぼうとしている人の群れだ。誰だって美しくない貧乏は望むところではなく、楽して稼げるならそれにこしたことはない。そして搾取される側に気づくと立っているのだ。


【追記】2014.03.02
レオナルド・ディカプリオ泥酔演技のネタ元 →記事

【追記】2014.03.03
第86回アカデミー賞で、作品賞・監督賞・主演男優賞(レオナルド・ディカプリオ)・助演男優賞(ジョナ・ヒル)・脚色賞の5部門で候補となっていたが無冠に終わる。期待されていたディカプリオのオスカー獲得は今回もお預け。一方、第71回ゴールデン・グローブ賞では、コメディ/ミュージカル部門の作品賞と男優賞でノミネートされ、ディカプリオが男優賞に輝く。
2014.02.01 Saturday 23:57 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.11.22 Wednesday 23:57 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/4709
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中