すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
02 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
<< Eric Dolphy - Booker Little Quintet『At The Five Spot Vol.2』 | main | Stan Getz & Charlie Byrd『Jazz Samba』 >>
彼女はパートタイムトラベラー / Safety Not Guaranteed

64点/100点満点中

リトル・ミス・サンシャイン』『サンシャイン・クリーニング』のプロデューサーふたりが製作に加わった2012年の恋愛ドラマ。サンダンス映画祭脚本賞受賞。TVドラマ『ヴェロニカ・マーズ』の主演や『ゴシップガール』では声のみの謎の女性"ゴシップガール"、現在も大ヒット中の映画『アナと雪の女王』のアナ役を担当したクリステン・ベルがチョイ役で出演。DVDスルー作。製作費75万ドル。

************************************
学校生活に馴染めなかったダリアスはシアトルマガジンのインターンとなり、"タイムトラベルの同行者募集。安全は保証されません(原題)"との奇妙な広告の真相を突き止める取材を、同僚アーナウと共に先輩記者ジェフを手伝う。3人は私書箱の住所を手がかりに調査を始め、広告主がスーパー店員の中年男ケネス・キャロウェイだと突き止め、ダリアスは接触を試みるが・・・。
************************************

多感な時期に母を亡くし、それ以降周囲と打ち解けることができなくなった、いつでも不満顔のヒロイン・ダリアス、取材と装い十代のひと夏の思い出の女性リズと連絡を取ろうと画策しているいかにも"ブンヤ"然としたジェフ、インド系のイメージそのままにゲーム好きで内気キャラのアーナウ。それぞれに一応内面ドラマが付与され、その上で謎の男ケネスが本当にタイムマシーンを制作できたのか確かめるべく取材を続ける。

ジェフはケネスとの初対面で悪印象を持たれたために、次にダリアスが乗り込み、懐に飛び込むことに成功。互いの偏屈具合が共鳴したのだろう。先日米ローリングストーン誌が発表した"歴代最高のタイムトラベル映画トップ20"で13位にランクインされている作品であり、普通なら早々に別の時代にタイムワープし、しっちゃかめっちゃかあって大混乱みたいなのがその醍醐味だとは思うのだけど、本作は人間ドラマや会話、格闘訓練(飛んだ先の時代で何があるか分からない)に重きを置いてじっくり進められていく。わずか86分しかないのに。

最初に恋愛ドラマとは書いたが、タイムトラベルが事実ならSFだろうし、ゆるいテンポのコメディでもあり、それとひょっとしたら叙述トリックなのかもしれない。いつまで経っても他の時代に飛ばないタイムトラベルものにずっといつづける"マイケル・ナイト"のような髪型の男。彼が事実として話したことと他人が彼に持つ記憶は違う。終盤の"The mission's been updated"との台詞もその以前があることになる。ミッションがどこからどこまでを指すのかは不明だけど。

退屈はしないし、良質なインディーズ映画でございといった雰囲気を前に批判するのもはばかられるわけで、過度な期待を抱かなければまあまあ悪くない作品。


ジェフの想い人リズの自家製パイの種類で気になったのがルバーブ味。ルバーブとはなんだと思って調べたら、タデ科の多年草で明治初期には日本に"ショクヨウダイオウ(食用大黄)"として入ってきたものの、一般化はしなかったそうだ。"りんごに似たような酸味とアンズのような香りが特徴"で、長野で普通に売られているというも。一度味わってみたい。
2014.05.26 Monday 23:58 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2020.02.18 Tuesday 23:58 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中