すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 君と歩く世界 / De rouille et d'os | main | 幸せへのキセキ / We Bought a Zoo >>
Oliver Nelson『More Blues And The Abstract Truth』

Oliver Nelson / More Blues And The Abstract Truth
邦題: 続ブルースの真実 +2
Label: Impulse!
Release: 1965

Personnel:
Oliver Nelson - arranger, conductor
Thad Jones - trumpet
Daniel Moore - trumpet (Tr.1, 5)
Phil Woods - alto sax
Phil Bodner - tenor sax, english horn
Ben Webster - tenor sax (Tr.4, 7)
Pepper Adams - baritone sax
Roger Kellaway - piano
Richard Davis - bass
Grady Tate - drums

Recording Date:
Tr.1-3, 5, 10: 1964.11.11
Tr.4, 6-9: 1964.11.10

Song List:
01. Blues And The Abstract Truth / ブルースの真実
02. Blues O'Mighty
03. Theme From Mr. Broadway / ミスター・ブロードウェイのテーマ
04. Midnight Blue
05. The Critic's Choice
06. One For Bob
07. Blues For Mr. Broadway / ミスター・ブロードウェイのブルース
08. Goin' To Chicago Blues
Bonus Track
09. Night Lights
10. One For Phil


前作『The Blues And The Abstract Truth』の高評価を受けて、その約4年後に制作された続編。映画にしても2作目は駄作だというのが相場だ。音楽で続編というのはあまり聴かないが、メンバーを一新させ、オリバー・ネルソン自身は楽器での参加をしなかった本作は、悪くはないけれど、前作にあったスルメ感はなく、ブルーズを演奏しているアルバムそれだけに留まる。正直いえば期待していなかったので、がっかり感はないにしろ、それでもアンサンブルの妙を聴かせて欲しかった。フレディ・ハバードは偉大だったということか。
2014.05.31 Saturday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.10.16 Wednesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/4917
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中