すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< Oliver Nelson『More Blues And The Abstract Truth』 | main | 無料配信ミックステープ5月号(2014) >>
幸せへのキセキ / We Bought a Zoo

70点/100点満点中

2011年のマット・デイモン主演作。実話ベースの人間ドラマ。監督・脚本(共同)は『あの頃ペニー・レインと』『エリザベス・タウン』のキャメロン・クロウ。共演にスカーレット・ヨハンソン、サム・ライミ版『スパイダーマン3』でサンドマンを演じたトーマス・ヘイデン・チャーチ、同じ年に『SUPER8/スーパーエイト』にも出ていたエル・ファニング。音楽を担当しているのはアイスランドのバンドSigur RósのリーダーJónsi。製作費5000万ドル。

************************************
ロサンゼルスの新聞社に勤めるコラムニスト、ベンジャミン・ミーは、最愛の妻の死から半年経つがいまだ悲しみは癒えず、一方で14歳の息子ディランはたびたび問題を起こし、7歳の娘ロージーも元気がない。父親として新天地での再スタートを決意したベンジャミンは、郊外で理想の物件を見つける。ところが2年間閉園状態の動物園が付属し、その管理が条件だった。ロージーの喜ぶ姿を見たベンジャミンは、兄ダンカンの反対を押し切り、動物園付き邸宅を購入。7月7日開園に向けて資金を次々に投入していくが・・・。
************************************

英国人コラムニスト、ベンジャミン・ミーが2008年に上梓した回顧録(原題と同名)が原作だという。邦題は"キセキ"を片仮名にしダブルミーニングにしているのが実にしゃらくさい。

物語自体は極めて真っ当な家族再生の話で、そこに動物園復活の逸話が付属することで、実話といわれないと信じられないような奇跡が描かれる。47種類の動物がいて、そのうちの8種が絶滅危惧種だという。ライオン、ベンガルトラ、グリズリー、カンガルーなどなど。家の中に侵入してきたトラと女子高生がひと晩戦う『バーニング・ブライト』ではサファリ・バークを家の敷地内に設けようとしたが、あのレベルではない。飼育されている目玉動物の豊富さでいえば、よく行く井の頭公園内にある動物園よりも上だ。ゾウがいないぐらい。しかし、近々キリンが仲間入りするそうだからゾウもきっと予定のうちだろう。

当然維持費やリニューアルにはお金がかかるわけで、マット・デイモン演じるベンジャミンは貯金を切り崩しながら、閉園後も残って動物の世話を続けていた飼育員たち(何度見ても世間の評価は過大ではと思ってしまうカワハギ顔のスカーレット・ヨハンソンら)と共に奮闘する。ちょうど反抗期もあって心が絶賛病み病み中の長男ディランは、アルバイトをしている同年代のリリー(エル・ファニング)とうまくやりながら、その妹のロージーはちょっと演技力が足りないのが玉に傷だが、それでも持ち前の愛らしさとおしゃまなセリフで物語に気の利いたひと味を加えている。

出費が大変で一時は大ピンチにもなるし、意地悪な政府の役人が登場し難癖付けられ、予告編で一大事になりそうだった開園直前の大雨は思ったほどではなかったにしろ、それでも様々な逆境をくぐり抜け、ミー一家は互いに手を取り合い、愛する妻/母を失った悲しみから立ち直っていく。再生の感動物語で王道といえばそれまでなのだけど、でもまあ、見終えた時に頬を塩辛い液体が伝っていて、なんだこれはともなったわけで、変に斜に構えるよりも素直ないい物語だと認めるのはやぶさかでない。"Why not?"の使い方も良かった。

ラストシーンのカフェもそうなのだけど、中盤で諦めそうになったベンジャミンがパソコンに残していた当時の家族でのピクニック動画を見入っていた時の演出──過去と現実が交錯する──がかなり素敵だ。そのやり過ぎないバランスも巧みだった。


ベンジャミンの兄ダンカンがクマ用の鮮魚を車で持ってきた時、"イグアナや妖精が次々と見えた"と『アルタード・ステーツ/未知への挑戦』という映画を引き合いに出して冗談交じりに車中の悪臭について話すシーンがある。検索してみたらなかなか面白そうだ。1980年のSF映画で、ドリュー・バリモアのデビュー作でもあるよう(当時4〜5歳か)。
2014.05.31 Saturday 23:58 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.11.22 Wednesday 23:58 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/4918
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中