すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< ブルーノート・ベスト50 | main | 最強のふたり / Intouchables >>
Lee Morgan『Candy』

Lee Morgan / Candy
Label: Blue Note
Release: 1958

Personnel:
Lee Morgan - trumpet
Sonny Clark - piano
Doug Watkins - bass
Art Taylor - drums

Recording Date:
1957.11.18: Tr.2, 6-7
1958.02.02: Tr.1, 3-5

Song List:
01. Candy
02. Since I Fell For You
03. C.T.A.
04. All The Way
05. Who Do You Love, I Hope
06. Personality
Bonus Track
07. All At Once You Love Her


『ブルーノート100名盤』(2009)掲載のランキングで8位になった"クリフォード・ブラウンの再来"リー・モーガンのブルーノートで6枚目、通算7枚目のアルバム。わずか18歳の1956年11月にファーストアルバムのレコーディングをし、そのちょうど1年後に録音したのが本作となるわけで、その快進撃ぶりが推し量れるというものだ。

ブルーノート2枚目の『Lee Morgan Sextet』や続く『Lee Morgan Vol.3』(「I Remember Clifford」は素晴らしすぎるが)では指導者Benny Golsonを始めとした先輩ミュージシャンにともすれば食われかけてる印象だったが、ワンホーンだということもあるが、本作ではすでに自信みなぎる吹き込みを発揮していて、その溌剌とした音に思わずニヤけてくる。

ジミー・ヴァン・ハウセンとサミー・カーンのコンビによるバラード曲M4での哀愁帯びたモーガンの注意深いプレイとソニー・クラークの洒脱な旋律が本作の聴きどころ。
2014.06.02 Monday 00:01 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.10.16 Wednesday 00:01 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/4923
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中