すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 機動戦士ガンダムUC episode 6: 宇宙(そら)と地球(ほし)と | main | Lee Morgan『Candy』 >>
ブルーノート・ベスト50

2009年1月に平凡社新書の1冊として出版された『ブルーノート100名盤』の中に、ブルーノートクラブ(そういうのがあるらしい)が中心となって集計した、ブルーノート・レーベルからリリースされたアルバムだけのランキングが載っている。投票者に好きなアルバムを3枚選び、順位をつけてもらい、1位に3点、2位2点、3位に1点という具合に点数をつけ、それを集計したものが以下となる。順位に続く括弧内は点数。本当は100枚選ばれているのだけど、打ち込むのが手間なので、51枚以下はおいおいで。

油井正一のジャズ本を参考に1985年までの彼が選ぶ重要盤を駆け足で聴いてきたが、次はこのランキングを参考に聴いてみようと思う。上位のアルバムは油井セレクトとかぶっているので、それ以外のアルバムとなるわけだけど。


1位 (90) John Coltrane 『Blue Train』 →記事
2位 (90) Cannonball Adderley 『Somethin' Else』 →記事
3位 (70) Sonny Clark 『Cool Struttin'』 →記事
4位 (57) Art Blakey And The Jazz Messengers 『Moanin'』 →記事
5位 (51) Herbie Hancock 『Maiden Voyage / 処女航海』 →記事
6位 (47) Sonny Rollins 『A Night At The Village Vanguard』
7位 (41) Eric Dolphy 『Out To Lunch』 →記事 / ヴィレッジ・ヴァンガードの夜』 →記事
8位 (36) Lee Morgan 『Candy』 →記事
9位 (35) Hank Mobley 『Soul Station』 →記事
10位 (31) Art Blakey Quintet 『A Night At Birdland Vol.1 / バードランドの夜Vol.1』
                                                 →記事
11位 (25) Lee Morgan 『The Sidewinder』 →記事
12位 (23) Bud Powell 『The Scene Changes』 →記事
13位 (22.5) Bud Powell 『The Amazing Bud Powell』 →記事
14位 (22) Art Blakey & The Jazz Messengers 『A Night In Tunisia / チュニジアの夜』
15位 (22) Kenny Burrell 『Midnight Blue』 →記事                 →記事
16位 (21) Wayne Shorter 『Speak No Evil』 →記事
17位 (21) Herbie Hancock 『Empyrean Isles』 →記事
18位 (21) Bobby Hutcherson 『Happenings』 →記事
19位 (20) Herbie Hancock 『Speak Like A Child』 →記事
20位 (19) Dexter Gordon 『Gettin' Around』 →記事

21位 (19) Art Blakey & the Jazz Messengers 『Mosaic』 →記事
22位 (18) Donald Byrd 『Fuego』 →記事
23位 (18) Horace Parlan 『Us Three』 →記事
24位 (17.5) The Ornette Coleman Trio 『At The Golden Circle Stockholm Volume 1
                  / ゴールデン・サークルのオーネット・コールマンVol.1』 →記事
25位 (17) Horace Silver 『Blowin' The Blues Away』 →記事
26位 (17) Hank Mobley 『Dippin'』 →記事
27位 (17) The Horace Silver Quintet 『Song For My Father』 →記事
28位 (16) Jackie McLean 『Demon's Dance』
29位 (16) Sonny Rollins 『Newk's Time』
30位 (16) Sonny Rollins 『Sonny Rollins, Vol. 2』 →記事

31位 (14) Stanley Turrentine & The Three Sounds 『Blue Hour』
32位 (14) Tina Brooks 『True Blue』 →記事
33位 (14) Lee Morgan 『Lee Morgan Vol.3』 →記事
34位 (14) Hank Mobley 『Roll Call』
35位 (13) Jackie McLean 『Swing, Swang, Swingin'』 →記事
36位 (13) Duke Jordan 『Flight To Jordan』 →記事
37位 (12) Kenny Dorham 『'Round About Midnight At The Cafe Bohemia Volume 1
38位 (12) Dexter Gordon 『Go!』 →記事  / カフェ・ボヘミアのケニー・ドーハム』 →記事
39位 (12) Art Blakey Quintet 『A Night At Birdland Vol.2 / バードランドの夜Vol.2』
                                                 →記事
40位 (11) Clifford Brown 『Memorial Album』 →記事
41位 (11) Paul Chambers 『Bass On Top』 →記事
42位 (10) Kenny Dorham 『Afro-Cuban』 →記事
43位 (10) Jackie McLean 『Let Freedom Ring』 →記事
44位 (10) Johnny Griffin 『Introducing Johnny Griffin』 →記事
45位 (10) Herbie Hancock 『Takin' Off』
46位 (10) Jutta Hipp 『At The Hickory House Volume 1
47位 (10) Jimmy Smith 『Midnight Special』    / ヒッコリー・ハウスのユタ・ヒップVol.1』
48位 (10) Duke Pearson 『Sweet Honey Bee』
49位 (10) Horace Silver 『Horace-Scope』
50位 (09) Dexter Gordon 『Dexter Calling』
2014.06.02 Monday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.10.16 Wednesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/4925
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中