すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 最強のふたり / Intouchables | main | Kenny Burrell『Midnight Blue』 >>
Hank Mobley『Soul Station』

Hank Mobley / Soul Station
Label: Blue Note
Release: 1960

Personnel:
Hank Mobley - tenor sax
Wynton Kelly - piano
Paul Chambers - bass
Art Blakey - drums

Recording Date: 1960.02.07

Song List:
01. Remember
02. This I Dig of You
03. Dig Dis
04. Split Feelin's
05. Soul Station
06. If I Should Lose You


M1の出だしから歌心ありまくりなテナーのブロウがもう最高で、B級B級いわれながらもジャズファンから愛されているハンク・モブレーの良さを実感できるワンホーン・アルバム。ブルーノートファンが選んだ100作の中で9位につけたのも納得。1票差でLee Morganの『Candy』に負けたわけだけど、私には断然こちらの方が楽しめた。

ウィントン・ケリーの洒脱なブルーズタッチのピアノも素晴らしくて、彼の場合はどうしてリーダー作で奮わないのか不思議になる。ブルーズであるのに、泥臭さとは無縁で都会的でネオンライトがきらめくイメージを持たせる彼の音は聴けばすぐに分かる実に粋な音だ。ベースのポール・チェンバースは不調なのかサイドでリズムキープする分には悪くないが、ソロだと精彩に欠けるのは残念。アート・ブレイキーは悪目立ちすることなく脇に徹していて、モブレーとケリーに花を持たせる。どこまでもスィングし続け、気軽に楽しめる良盤。
2014.06.03 Tuesday 00:00 | ジャズ | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.10.16 Wednesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/4929
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中