すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
06 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< 無料配信ミックステープ3月号(2015) | main | バードマン あるいは (無知がもたらす予期せぬ奇跡) / Birdman or The Unexpected Virtue of Ignorance >>
アウトレイジ・ワールド / Rites of Spring

67点/100点満点中

2011年のホラー映画。DVDスルー作。

************************************
ミシシッピ州の小さな町。仕事帰りにレイチェルとアリッサは1984年の春から24年間続く儀式のいけにえとなるべく(原題は"春の儀式"の意)、連続殺人鬼に拉致される。一方、同僚女性のミスをひっかぶりクビとなったベンは、ポールと手を組み、彼女のエイミーや実弟トミーと共に社長宅に押し入り、ひとり娘ケリーの誘拐を画策するが・・・。
************************************

以前参考にしていたハーコン博士のブログで紹介されていて気になっていた映画。"おつまみ感覚で観るホラーとしてはオススメ"というのはまさに的を射たコメントで、決して傑作ではないものの、73分と短いこともあるのだろうが、飽きることなくしっかり最後まで見られる。

町で春になると毎年起きていた行方不明事件の犠牲者になりかける女性ふたりのホラー話と、自分をクビにした社長の娘を身代金目的で誘拐するサスペンス話が並行して描かれる。ホラーパートは首チョンパなどの残虐描写がありつつも、その瞬間は映さないというインディーズホラーにしては意外に上品だったり、強盗話にしても被害者の前なのに実名で呼び合う、あるいは素顔をさらすなどの演出の甘さ(素人だからといういい訳は聞きたくない)が気になりはするのだけど、それでももう一方の物語に飛ぶタイミングの良さや全体としてどういう話に持って行きたいのだろうという興味が湧いてくるため、ダレることなく見られる。説明不足は多々あるけれど(ガソリンスタンドの一件とか)、だからこそ想像の余地が生まれるのだろうし、何よりこれまで嫌となるほど見てきたホラーの定番演出なんだからそれぐらい分かれよ!、という作り手の声が聞こえないでもない。
2015.04.09 Thursday 23:58 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.06.27 Tuesday 23:58 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/5232
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中