すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
05 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 都留泰作 『ムシヌユン』第1〜2巻 | main | 小池ノクト 『6000 (ロクセン)』全4巻 >>
かわぐちかいじ 『空母いぶき』第1〜2巻

2015年9月同時発売。

"『沈黙の艦隊』『ジパング』に続く、かわぐちかいじの新軍事エンターテインメント"。『沈黙の艦隊』は設定の面白さに加えて強いメッセージ性にも惹かれて読んでいたが、『ジパング』はその設定でハマれず、『太陽の黙示録』も立ち読み程度で、それほど興味を持てなかった。そこに来て、再び現実的な物語を描き始めたというのでこの新シリーズは手に取った。

日本の防衛問題と軍事拡張を強く推し進める中国の問題を真正面から描いている。この2冊ではまだ世界観の説明で、海江田四郎を彷彿させるかわぐちかいじらしい主人公が、今回もなにやら腹に一物あるようで、その彼が最新鋭空母いぶきの艦長に就任し、日本が現在抱える問題・矛盾を露わにしていくのだろう。面白くなりそう。
2015.11.07 Saturday 23:56 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2018.05.15 Tuesday 23:56 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/5436
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中