すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< かわぐちかいじ 『空母いぶき』第1〜2巻 | main | 無料配信ミックステープ11月号(2015) >>
小池ノクト 『6000 (ロクセン)』全4巻

2011年3月発売。      2011年9月発売。      2012年3月発売。

2012年8月発売。

現在は新作『マッシュルーム』を掲載している幻冬舎の月刊誌「月刊コミック バーズ」で2010年11月から2012年9月まで連載していた深海を舞台にしたホラー漫画。私は古本で揃えたのだけど、新刊にはハリウッドで映画化という帯が巻かれていた。そのニュースを伝えるナタリーの記事を読んで、小池ノクトが兄妹によるユニットだと知る。映像化権が買われたからといって必ずしも作品化されるわけではないけれど、もしそれなりの製作費をかけて作られるなら楽しみ。

6千メートルの深海にある施設を3年ぶりに再稼働することになり、手伝いで降りた主人公が直面する恐怖を描く。逃げ場のない閉鎖空間で、3年前の閉鎖の原因となった謎の事件が徐々に明らかとなっていき、精神的にまいるだけではなく、しっかりバケモノも登場させ、出し惜しみをしないホラーになってはいるが、深海で仕事をしようという技術者・科学者がどうして古代文明について絵が描けるほど詳しいのか?、他にも減圧の問題は?とか気になるところはある(粗探しでしかないが)。とはいえ、よくまとまっているし、読みやすい。
2015.11.10 Tuesday 23:57 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.11.22 Wednesday 23:57 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/5441
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中