すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
11 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< TEAM 44 BLOX『BLOCK BUSTER』 | main | あだち充『冒険少年』 >>
羽海野チカ『ハチミツとクローバー』第10巻

2006年9月発売。
ついに最終巻。

期待していたようなエンディングではなかったけれど、
まあ、"無事物語を着陸させる事ができた"との著者コメント通りの終わり方。

それぞれの関係に結論を付けなければいけなかったんだろけれど、
ラストで竹本くんとはぐちゃんをもってくるのはなかったな。(泣いたけど)

この巻の最初で森田が出てきて、かなり期待して、このまま行けっ!って思ったけれど、残念。
やっぱ森田とが一番よかったと思う。
才人同士の危うい関係というのも読んでみたかった。

なんにせよ、よく終わらしたと思う。
延ばそうと思えば、いくらでも延ばせた作品だと思うが、
見事なぐらいに潔くラストに持って行ったのは英断だと感じた。

同時に収録された短篇は、漫画エッセイ以外には、
「空の小鳥」(YOUNG YOU2001年8月号)
「バレンタインの思い出 プチ番外編」(YOUNG YOU2003年7月号)
「ハチミツとクローバー 番外編」(YOUNG YOU2005年8月号)
「星のオペラ」(2003年COMIC CUE VOL.300!)

特にドラえもんネタというお題で描いた、「星のオペラ」が良かった。
のび太が姑息な使い方しかしなかった"暗記パン"が、こんな感動的な話になるとは!
いい物語だ。
2006.09.08 Friday 00:00 | 漫画 | comments(0) | trackbacks(2)
スポンサーサイト
2018.11.21 Wednesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/555
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006.09.11 Mon 18:16
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006.10.20 Fri 22:48
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中