すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
03 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 私の少女 / 도희야 | main | 無料配信ミックステープ3月号(2016) >>
国際市場で逢いましょう / 국제시장

62点/100点満点中

2014年の韓国映画。1425万人もの観客動員を果たし歴代2位(1位は同年の『バトル・オーシャン 海上決戦』)を記録している大河ドラマ。監督脚本は2009年の1位を獲得した『TSUNAMI -ツナミ-』(歴代でも現在11位)のユン・ジェギュン。主演は『黒い家』『生き残るための3つの取引』『ベテラン』(ちなみに歴代3位)のファン・ジョンミン。主人公を支える親友ダルグは『ベテラン』では上司役だったオ・ダルス。兵役時代のナム・ジン役は東方神起のユンホ。

***********************
1950年12月朝鮮戦争・興南撤収の混乱の中で、父ジンギュと幼い妹マクスンと生き別れた少年ユン・ドクスは、母と残された幼い弟妹と共に釜山・国際市場にある親戚の家に身を寄せる。1963年12月、ドクスは家計を支えるため西ドイツの炭坑に出稼ぎへ。どんなに辛く困難な時でも父から最後に教わった家長としての責任を果たすべく家族を一番に考え頑張り続ける。
***********************

人口5000万人の韓国で1425万人の観客動員を記録し大ヒットした作品であり、一応は見ておこうと思うのが韓国映画ファンとしての務めかと鑑賞してみたが、これは同国の人しか見られない類の作品だろう。その歴史を幼い頃から肌身で共有していないとかなり厳しい。外国の人間がここから歴史を学ぼうとするのは良いだろうが(韓国人が西ドイツに出稼ぎに行っていたという事実は知らなかった)、130分と長丁場とはいえ1950年から現代までとそれなりに長い時間を描くとなると、朝鮮戦争休戦直後編、西ドイツ炭鉱編、ベトナム戦争編、1983年のテレビ番組「離散家族を探します」編と掻い摘みながらの駆け足になってしまうのだ。

政治に口を挟むこともない。主人公たちは一般市民であり、政治よりも明日の糧がまず問題になる。唯一あるのがベトナム行き直前の70年代中盤(朴正煕大統領・第四共和国の頃)で、夫婦喧嘩中であっても国旗掲揚させられるシーンか。行わないと非難の目で見られるという演出がある。気づけたのはそれぐらい。

離散家族の再会シーンはさすがに胸が熱くなるし、主人公ドクスが"本当に辛かった"と写真の父に語りかけるシーンには韓国人の万感の思いが込められているのもよく分かる。人の一生分の長さの時間が戦後から流れようとしている中で、繁栄と同時にそうした時代の記憶が薄れていくのを、個室でひとり泣くドクスと彼の一族がリビングで楽しそうにしている姿を対比させるクライマックスの演出が如実なように、ドクスが韓国現代史をどう生き抜いたかを描くことで先人の苦労のおかげで現在の成功があると理解させるが、その姿勢はかなり教育的であり、万人に向けて作られているがために難しい表現は排される。子供から年配まで誰が見てもここは笑うところで、ここが泣くシーン、怒る場面とセリフからも音楽からも容易に共感できるよう考えられている。そうした直球の分かりやすさを追求し過ぎた結果のわざとらしい演出や音楽、主要俳優はともかく脇の子役や外国人俳優たちの大根ぶり、邦画以上に製作費は注ぎ込んではいるのだろうけれど、扱う題材が大き過ぎて、どうしてもしょぼくならざるを得ないCGやミニチュア撮影、あるいはグロテスクな老けメイク等々のおかげで、この130分間は相当の我慢を強いられる。

5人にひとりが見た計算になるわけで韓国人にとっては熱狂できる素晴らしい作品なのだろうが、その国民だけが納得すればいい映画もあるのだろう。それと、先日の『私の少女』に続き、今回も東アジア系の出稼ぎ外国人が西ドイツ編の導入部に登場する。日本には伝わってきていないが、韓国国内では外国人との軋轢が高まっているのだろうか。それともたまたまなのか。少し気になった。
2016.03.11 Friday 23:59 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.03.28 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/5610
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中