すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
09 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
<< げんこつ屋 阿佐ヶ谷南口店 / ラーメン(阿佐ヶ谷) | main | Da.Me.Records『月刊ラップ 第2号』 >>
うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー

75点/100点満点中

1984年の押井守監督作品。

**********************************
諸星あたるの通う友引高校は、本番を明日にひかえて文化祭の準備に大わらわだった。
だが……翌日になってもやはりあたるたちは文化祭の準備をしていた。
実は友引高校のみんなは同じ日を延々と繰り返していたのだ。
**********************************

「本作品の特異な世界観やストーリーは、現在の押井守の世界の原形とも言われている。」
らしい。
けれど、私にとってこの作品を見るに至った経緯は、飲み屋の隣に座った男が、
文化祭前日のワクワク感が非常に素晴らしく描かれていて、
極めて良くできた青春映画だと言い放っていたからだ。
夏に見なければいけない作品だとも言っていたなぁ。

が、蓋を開けてみたら、とても良くできたSF映画で、悪くはないけれど、
別のジャンルを期待していたから、ちょっと残念な点になった。
出会い方が悪かった。

押井作品なら、この後のパトレイバーの方が好きだね。


すべての元凶、夢邪気(声・藤岡琢也)のもっともらしいセリフは、
サンプリングに使えそう。
2006.09.18 Monday 23:58 | 映画 | comments(0) | trackbacks(3)
スポンサーサイト
2019.09.18 Wednesday 23:58 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/586
トラックバック
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006.10.21 Sat 12:37
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006.10.21 Sat 22:18
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | 2006.10.24 Tue 08:40
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中