すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
10 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー | main | ALOHA『CITYMOVIE』 >>
Da.Me.Records『月刊ラップ 第2号』

2006年9月16日リリースのダメレコ刊行「月刊ラップ」第2号。

全12曲:39分16秒
M1.KEN THE 390「READY,STEADY,GO」
M2.ガスケン「大空」
M3.EIONE & はなび feat.ISSAC & 107n「ケツに火つけるMC」
M4.DARTHREIDER feat.KEN THE 390「FUNKYBOSS」
M5.東京風「東京風」
M6.TARO SOUL「BRAND NEW FLAVA」
M7.ポチョムキン「CMタイム!!!」
M8.呂布カルマ「BIOLLANTE」
M9.チャカパーン「DO THE チャンプル」
M10.ORIGINAL SOUL CREW「カキオロシ」
M11.波風(環ROY+八号目TRAX)「たまに緑覚」
M12.大和民族「HARD WORKERZ」

良かったのは、3曲目、8曲目、9曲目だけ。

3曲目の声が面白いラッパー誰だろう。
ISSACっていう人? 107nっていう人?
声もいいけど、リリックもフロウも良かった。

今回の新人はなかなかいい。
呂布カルマ。
ネットでアップされていた「禁じられた喜び」を聴いてみたが、こっちはイマイチ。
社会を糾弾するタイプの曲を作るときは、その人の知性が試されるけど、
そこがちょっと難。
『月刊ラップ』に収録された「BIOLLANTE」も確かにちょっと・・・な所はあったけれど、
それが気にならないほどのフロウやライムがあった。
うまいよ。

9曲目のチャカパーンは、前号では何も思わなかったが、この曲のくねくねしたフロウはいい。

ガスケンの曲は、お前らが才能のなさに「気づけ!」って感じだし、
ダースレイダーは、時間がなかったようなトラックだし、
TARO SOULは、向こうの黒っぽい音をパクっているだけだし、
ポチョムキンのフリースタイルに至っては、新宿駅前でメガネ屋の店員がラップで
呼び込みをしているが、それよりもひどい。
2006.09.19 Tuesday 00:00 | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2017.10.17 Tuesday 00:00 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/587
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中