すばらしくてNICE CHOICE

暇な時に、
本・音楽・漫画・映画の
勝手な感想を書いていきます。
08 / 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
<< 呂布カルマ×Id-五月雨 | main | SUIKA『RIPE STRIPES』 >>
O(オー) / O

85点/100点満点中

2001年のジョシュ・ハートネット主演作品。

**********************************
シェークスピアの『オセロ』を現代に置き換え、高校のバスケットボール部を舞台に、
黒人青年に対する一人の白人青年の嫉妬心から生まれた陰謀によって引き起こされる
悲劇を描く。
**********************************

ここでのジョシュ・ハートネットは悪役に徹して、非常にいい。
無口で、ぼそぼそした役どころということもあり、
彼のもごもごした滑舌の悪さがうまく消えている。

『パラサイト』『ヴァージン・スーサイズ』で見られた彼のかっこよさは、
悪い奴を演じると見られるのだとようやく分かる。
髪型も『パラサイト』を彷彿させるし、なかなかえげつない役だが、はまり役だ。

『地獄の黙示録』のウィラード大尉・マーティン・シーンは熱血コーチ役。
こちらもはまり役で、良い。

リバー・フェニックスの妹、レイン・フェニックスがジョシュに憧れる女の子役で出演している。
調べたら本名はレインボー・フェニックス。
その妹はサマー・フェニックス。
なんちゅうセンス!
リバー、ホワキン、レインボー、サマーって、豪快な親だな。
2006.09.26 Tuesday 23:59 | 映画 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
2019.08.20 Tuesday 23:59 | - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://gogonyanta.jugem.jp/trackback/609
トラックバック
Profile
Search This Site
Category
New Entries
Comment


Archives

今日も愚痴り中